中古品
¥ 573
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯なし。全体的に使用感少なく、中身は折れ・書き込みなどなく綺麗な状態です。☆商品の状態が記載のコメントと異なる場合は、ご連絡いただければ誠意ある対応をさせて頂きますので、ご安心してお取り寄せください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

連合艦隊・戦艦12隻を探偵する 単行本 – 2011/11/29

5つ星のうち 3.5 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 265

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

金剛、比叡、榛名、霧島、山城、扶桑、伊勢、日向、長門、陸奥、大和、武蔵……言うまでもなく、太平洋戦争期に日本海軍が誇った、戦艦12隻である。これらの艦は、日本人であれば誰でも知っているほどの、海軍のシンボルであった。しかし、戦史をひもといてみると、これら戦艦は、意外なほどその顔をのぞかせていない。では、何をしていたのか。本書では、3人のおなじみの戦史研究家が、12隻各艦について詳しく検証した、珍しい「戦艦鼎談」である。各艦について、それぞれ、意外な事実が浮かび上がり、読者を愉しませることは請け合いである。戦史ファン、艦船ファン必読の一冊である。

内容(「BOOK」データベースより)

太平洋戦争中、日本の戦艦は何をしていたのか?3人の歴史研究家が、各艦について詳しく検証。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2011/11/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569800459
  • ISBN-13: 978-4569800455
  • 発売日: 2011/11/29
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 13.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 374,612位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本書で鼎談に参加されている御三方の何れもが文系大学出身のせいか、本書では一つの欠陥が看取できます。それは、テクノリテラシーつまり軍艦のハードウェアとしての基礎知識がないため、極めて好ましくない情報が多々存在します。

例えば、60Pに金剛が36cm砲を採用したことに対して半藤氏が「イギリスは、よくこんな巨砲を載せるなと思わなかったんですかね…。」と発言していますが、36cm砲はイギリス海軍の推奨で搭載された経緯があり、これは誤った認識といえます。

また、75P「練習戦艦から蘇った比叡」で戸高氏が「(比叡が)アーマーをはずしても、そのうち復活する機会もあると考え倉庫にそのまましまっておきました。」と発言されていますが、「
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
  戸高、 あれはライン・オブ・バトルシップといって、「戦列艦」という分類です。
  半藤、 ネルソンが乗っていた「ビクトリー」号。
  って、いきなりチョンボだもんなぁ。
  だれが発明したんだろうか? この「ライン・オブ・バトルシップ」って和製英語。そもそも英語になっていないじゃないか、この言葉。
  「戦列艦」は、正しくは「シップ・オブ・ザ・ライン」だね。英国のポーツマスまで行って、ちゃんと「ビクトリー」を見学(ただし艦内撮影禁止だった)して言ってんだから間違いない話。
  旧日本海軍の造船官で、もう存命な方ってのは居ないだろうけれど、でも、海上自衛隊出身者なら幾らも居るだろうに、この企画、どうして1人くらい軍艦専門家を加えなかったのか、まるで理解不能。マニアックな軍艦オタクたちだったら、とてもではないが、納得できるレベルの議論というにはほど遠く、この企画を立てた編集部のチャラな姿勢ばかりが目立つ出来損ないの書籍というほかはない。
  しかしながら、旧帝国海軍の戦争観や戦略戦術思想、海軍士官たちのメンタリティーや人事政策への批判となると、さすがこのメンバーならではというか、まさしく本質を突いた議論が展開されている。
  戸高、 私はあの「(戦艦大和の)沖縄特攻」の命令書には怒りを感じています。命令書には真
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sirou55 トップ1000レビュアー 投稿日 2014/9/25
形式: 単行本 Amazonで購入
秦「私は日本の、当時としてはかなり自慢できる戦艦が、いよいよ実戦に臨んだときに、ほとんど活躍の場を得ることができなかったのは、やはり悲劇的なことだと思います。」
半藤「学ぶところが多いものの、話せば話すほど、論ずれば論ずるほどだんだん嫌になってくる(笑)。」 
戸高「たしかに文句を言いたいところがあまりにも多すぎる(笑)。」

子供のときから軍艦少年だった半藤氏と秦氏に戦後生まれの戸高氏が加わった鼎談。「金剛」「榛名」のガダルカナル島砲撃が、戦艦で陸上の砲撃をやった最初だと初めて知った。これをアメリカは名案と採用し、その後上陸作戦で常用することになる。日本はやられることを恐れてここ一番で使わず、使いようがなくなってから使ってすぐやられてしまうと戸高氏。
半藤「いずれにしても日本の戦艦を語るとき、この金剛、榛名のガ島砲撃を語らずして語るときなしです(笑)。」
戸高「これがいちばんピークみたいなもので、あとは何もないように言われますが。」

それほど活躍していない日本の戦艦たち。最後のチャンスがレイテ沖海戦だったが
秦「栗田艦隊がレイテ湾に突っ込まない以上は、すべてないものねだりにすぎませんよ。」
戸高「そりゃそうです。でも小沢さんの囮機動部隊のハルゼー艦隊つり上げ成功と同じで、栗田さん
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
半藤氏の談に、「小沢治三郎」に「だから一言だけ!」と詰め寄り一言もらったというくだりがある。
私が「小沢治三郎」と呼び捨てで書けるのは私にとっては歴史上の人物「徳川家康」「織田信長」
などと同義だから。このくだりは鳥肌が立った。

「小沢治三郎」らに直接取材してきた方の人が戦争で死ぬは当たり前の時代・空気を知っている人たちは
言い方は悪いのだろうが、どこかあっけらかんとしたものを感じる。

内容は堅苦しくない。「軍艦少年」たちの楽しくそして含蓄のある雑談を堪能できる。
1 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック