残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
連句遊戯 がカートに入りました
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


連句遊戯 (日本語) 単行本 – 2010/7/15

5つ星のうち4.3 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,980
¥1,980 ¥1,247
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

《究極の連想ゲームを楽しむ》
 片や新進気鋭、バンドの作詞・作曲・ボーカル担当。NHKラジオDJでも人気の35歳の歌人。
 片や名手、幅広い活躍で知られる74歳のイラストレーター、グラフィックデザイナー。
 父親と息子ほども歳の離れたこの二人がどういうわけか意気投合し、このたび二年間にわたって歌仙を巻いた。
 素人とあなどるなかれ。本書は連句の楽しさ、おもしろさが二人の異才によって築かれていく一冊。まさに専門家顔負けの「究極の連想ゲーム」といえよう。
 遊びは遊びらしく、きちんと形式にのっとり、発句から挙句まで春夏秋冬新年を織り込みながら、「ネッシーの巻」「ラム酒の巻」「座敷わらしの巻」「闇汁の巻」「中華まんの巻」と両吟は続いていく。
 たとえばこんな具合だ。

遠ざかるネッシーの尾や春の窓(笹)
騒ぐ水あり笑う山あり(和田)
春雷に海底のムー浮かび出て(笹)
大停電は地上を覆い(和田)
満月や遠く遠くのそば屋まで(笹)
何故か案山子もついてくる道(和田)

 ネッシーがいつの間にか案山子になり、その後もスター・ウォーズ、プッチーニと発展していく。まさに尽きることないイメージの飛躍合戦が繰り広げられていく。
 連句や歌仙を巻きたいけれど、ちょっと敷居が高いと躊躇している読者には、まさにうってつけの楽しみ方指南書だろう。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

笹/公人
1975年東京生まれ。99年、未来短歌会に入会。岡井隆氏に師事。テクノポップユニット・宇宙ヤングで作詞・作曲・ボーカルを担当。NHKラジオなどに出演中

和田/誠
1936年大阪生まれ。59年、多摩美術大学卒業と同時に、デザイン会社ライトパブリシティ入社。68年同社を退社しフリーのグラフィックデザイナー、イラストレーターとして現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2010/7/15
  • 単行本 : 199ページ
  • ISBN-10 : 4560080798
  • ISBN-13 : 978-4560080795
  • 出版社 : 白水社 (2010/7/15)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
2 件のグローバル評価
星5つ
28%
星4つ
72%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

殿堂入りNo1レビュアーベスト1000レビュアー
2017年10月9日に日本でレビュー済み