通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
逝く人・送る人 葬送を考える (いのちを見つめる) がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: *お買い上げ後に本体価格501円以上の物は30円、未満は10円返金致します*帯付。カバーに若干のスレ、傷、痛み、よれあります。天地小口に微かな汚れあります。しかし、新品同様ではありませんが、外観的には結構綺麗です。尚、ご購入は如上と、これは古本であるという事を納得の上、ノークレーム、ノーリターン(但し到着後一週間以内に於いてはこの限りではない)でお願いします。完璧な美品を希望する方、状態に神経質な方は遠慮下さい。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


逝く人・送る人 葬送を考える (いのちを見つめる) (日本語) 単行本 – 2008/3/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,090
¥2,090 ¥1,375
お届け日: 8月12日 水曜日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者からのコメント

昨今の葬儀をめぐるかまびすしい報道の興味は、
葬儀の形式や金銭に関する表面的なものばかり。
だが、大切なのは「弔う気持ち」ではないだろうか。

弔いがあれば癒しがあり、癒しがあれば安心がある。
第三者の弔いを受け入れ、社会とつながることで、
死に社会性が生まれ、グリーフを抱える遺族を危険な孤立から救う。

人はなぜ葬儀を行うのか。
現在家族葬、直葬、手許供養、ペット葬、
そして「千の風になって」の流行が意味するものは...?

葬送の現場から"死と生"を考える迫真のドキュメント。

内容(「BOOK」データベースより)

人は、なぜ葬儀を行うのか。家族葬、直葬、手許供養、ペット葬…そして、「千の風になって」の流行が意味するものは?葬送の現場から“死と生”を考える迫真のドキュメント。

登録情報

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません