通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
透光の樹 (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 微やけ 本文、カバー、表紙は非常に良質   包装にチラシなどを再利用してお送りする場合があります ご了解のうえご注文をお願いします
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

透光の樹 (文春文庫) 文庫 – 2002/5

5つ星のうち 4.1 15件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 518
¥ 518 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 透光の樹 (文春文庫)
  • +
  • 風の盆恋歌 (新潮文庫)
  • +
  • 時雨の記 (文春文庫)
総額: ¥1,598
ポイントの合計: 50pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

受賞歴

第35回(1999年) 谷崎潤一郎賞受賞

内容紹介

汲めども尽きぬ恋心。透明な恋が中年男女に訪れるとき……
25年ぶりに再会した中年の男女の激しく一途に燃える愛。すべての現実感が消えるほどの〈結晶のような〉物語。谷崎潤一郎受賞作

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 251ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2002/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167373130
  • ISBN-13: 978-4167373139
  • 発売日: 2002/05
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 265,644位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 人は性愛に何を求めるか?最初は単純に性的な欲望、次いで若かりし頃の純真や情熱を取り戻したいという欲望、そして自分の存在を相手に埋め込みたいという欲望... この性愛に対する欲望の深化は、人の持つ性(さが)そのものである。そして、この小説は、そうした人の性(さが)を克明に描いている。

 もうひとつ、この小説が丹念に描いているのは、男女関係の妙である。こんなことを言えば(すれば)相手はこう思うだろうな、と思いつつ、違うこと、正反対のことを言って(やって)しまう。ところが、そうして言った(やった)ことを、相手はまた別の形に誤解して受け止めてしまう... そんな男女関係の機微を、メタレベルの小説視点で描写していて秀逸。

 こうした男女の関係論をクリアに描き切るために、著者は前半では「金銭契約」、後半では「死」という道具立てを用いるのだが、これがまたうまく機能している。で、著者が男女関係の真髄、恋愛の究極として掲げるのが“欠落感”ってワード。「その人がいない状態、いなくなった状態の、どうしようもない欠落感。僕の考える恋愛には、それが在る。恋愛でないものには、それが無い」。やっぱ、自分が気持ち良くなりたいってのより、相手を気持ちよくさせたい、相手の記憶に己を刻み込みたいって欲望に性愛が至るのって、結局はそういうことなんだな、と納得できる。つまりは
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
石川県の古くからある,武家の町,鶴来を主な舞台とした中年男女の恋愛小説。本当の愛,本当の恋を知らずに四十代半ばまで生きてきた男女。しかし,ふとした偶然から二十五年振りに再会し,激しい恋に落ちる。

最後の刀鍛冶の娘として生まれた千桐。父は病で寝込んでしまっているが,随所に出てくる刀の鈍い輝きと鍛造する際の火焔の熱さが,二人の恋の強い情念を暗示する。また作品名にもなっている,真っ直ぐ伸びるのが普通の杉が,ねじ曲がって腰掛けられるほどになってしまっている六郎杉。これらが北陸の山あいの町の厳しくも美しい自然を描き出し,また古い歴史を持つ町の伝統産業や家屋などが長い人間の営みを描き出し,二人の恋の意味に重み付けをしている。

ただ,なにか千桐の,おそらくは名刀のようにキリッとした,明るく澄んだ人間的な魅力がもう一つはっきりと浮かび上がってこないのだ。同じように,東京でテレビの仕事をしている男(郷)に対し,事務所での泊まり込みが多く,家には週一度しか帰らないという生活的な面などを含め,何かリアリティが感じられない。

むしろ彼らの人間的な全体像をはっきりとさせなかった事が作意なのかも知れない。これまで人生に求めていたものが結局はっきりしなかった二人が北陸の古い武家町で出会い,奇跡のように生まれた恋。中高年の他愛もない願望のようでもあるが,死ぬ前に幻のように美しく恋し,美しく死んでゆきたいという願いもまた真実であろう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ringmoo トップ1000レビュアー 投稿日 2006/2/23
形式: 文庫
女性の情念を見事に表現している作品で、大人のある意味「純愛」小説と言えるかも知れません。

物語の中で「「恋愛」とはなにか?」を二人が議論する場面が出てきますが、最後に登場する娘眉の結婚生活と対比すると作者の考えている答が見えるような気がします。

物語の舞台になっているのは鶴来(剣)という北陸の町で、終盤に出てくる富来(研ぎ)の町と合わせて、刀鍛冶の500年の歴史と主人公たちの2年2ヶ月の恋物語が重ねあわされているように思います。小道具として登場する刀子に象徴されるように、二人が「愛」を研ぎ澄ましてゆく過程が見事に表現されていると思います。

この小説も素晴らしいのですが、映画のほうもかなりなものでした。原作に忠実なだけでなく、見事に行間を表現している素晴らしい脚本だったと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
(雑感) 偶然に、映画のほうを先に観た。後で知ったが、主演男優がショウケンから永島敏行に交代するなどひと悶着あって、小説はともかく映画のほうが何かと話題にのぼったらしい。ヒロインの千桐は加賀・白山のふもとの町に住み、元刀鍛冶師の老父の面倒を見ている。連れ子もあり、生活は当然窮迫している。男は赤坂に小さな事務所を持つ映像プロダクションの経営者。二人は二十何年かぶりに再会し恋におちる。女が平泉寺という古刹に群生するカタクリの花を見に来ないかと誘い、その夜二人は肉体関係を持つ・・・

何がきっかけであれ、未知の作家を読むのはいいことだから、原作を取り寄せてみた。
中年男女の愛と性を描いているのだが、男のほうはともかく、ヒロイン・千桐の正体がもひとつ判然とせず、もどかしい思いで読了した。
作者は女性である。男の性と心理を解剖することにより情熱を感じるらしく、筆には力が入っている。が、同性についてはそれほどでもなく、ヒロインの人間像・存在感がうすい。
千桐は、いったいどんな女性なのだろう、あれこれ思いをめぐらしたが、映画の秋吉久美子のイメージが邪魔をしてそれを遮ってしまう。映像は読む人のイメージを膨らませる場合もあるが、限定してしまうことも多い。

この小説の白眉は二人の性と心理を微細に描いたことにある。男の性器や渓流の奥
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック