通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
逆説・北朝鮮に学ぼう! [─ヘタレの日本に明日はな... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 KK店舗
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯付】◆保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。【検品担当者より】カバーにキズ・イタミがあります。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

逆説・北朝鮮に学ぼう! [─ヘタレの日本に明日はない─] 単行本(ソフトカバー) – 2008/2/22

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,680 ¥ 649

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 逆説・北朝鮮に学ぼう! [─ヘタレの日本に明日はない─]
  • +
  • 隣の大国をどう斬り伏せるか (PHP文庫)
総額: ¥2,484
ポイントの合計: 23pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

進まぬ6カ国協議、なし崩しの核武装、ウヤムヤの拉致問題……すべて北朝鮮のペースじゃないか!「瀬戸際外交」とバカにしたけど北朝鮮のタフさは本物。ついにアメリカもその実力を認めた「笑えない北朝鮮」の凄さと、置いてきぼりの「日本」をとことん分析した刮目の書。 著者のひと言 北朝鮮が米国からいよいよ〈東アジア限定の軍事的パートナー〉として認められ、日本が対支のカードとしてほとんどスルーされつつあるのも、あたりまえじゃなかろうかと思えてくるわけです。北朝鮮の美点を検討することによって、逆説的に、日本のどこがどうダメなのか、ハッキリと見えてきます。結局は、自前で核武装すると決意できないことが、あらゆるタルミの根本原因だということが……。

内容(「BOOK」データベースより)

北朝鮮が米国からいよいよ「東アジア限定の軍事的パートナー」として認められ、日本が対中国のカードとしてほとんどスルーされつつあるのも、あたりまえじゃなかろうかと思います。北朝鮮の美点を検討することによって、逆説的に、日本のどこがどうダメなのか、ハッキリと見えてきます。結局は、マッカーサーの偽憲法を改正できず、自前で核武装すると決意できないことが、あらゆるタルミの根本原因だということが…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 196ページ
  • 出版社: 並木書房 (2008/2/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4890632255
  • ISBN-13: 978-4890632251
  • 発売日: 2008/2/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 728,705位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 じゃぐぁ トップ1000レビュアー 投稿日 2009/5/11
形式: 単行本(ソフトカバー)
 2006年に「日本有事」を上梓し、日本核武装と憲法廃止を訴えた兵頭二十八氏がついにキレた。北朝鮮の国体維持における美点を検証し、対称的に日本がどうダメなのか突き詰め、我々日本人に独立国たる自覚を促す衝撃の書である。
 この本ではアメリカは北朝鮮をイザと言うときの鉄砲玉に使うオプションを検討し始め、日本を今まで以上に格下に扱うようになると警告する。その証拠の1つは、ヒルと言う冴えない男を交渉役にしてたらたらと米朝協議を長引かせ、北朝鮮を生かしていることだという。
 理由は、北朝鮮は日本と違って、軍事・外交の秘密を守れる、官僚が腐敗しない(腐敗したら殺される)、核武装して“ガッツ”を見せた、外国人参政権を認めず、スパイは銃殺する。
 逆に日本は、これらを1つとしてできない。機密だだ漏れ、腐敗する官僚、ハニトラに簡単に引っ掛かる公務員。さらに朝鮮総連に破防法も適用できず、パチンコ資金の送金を止めることすらできない。
 アメリカが50年前から同盟国に望んでいるのは、武装して一緒に前線で戦ってくれることである。これに対し、いつまでたっても有事法制を整え、軍事費を引き上げない日本政府を米国指導層は見限り始めた
 先の「日本有事」に記載されているが、現憲法を押しつけたマッカーサーには国際条約や政治に関するセンスが無く、ただ単に日本を無力化した実
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
北朝鮮は、2016年1月6日自称水爆実験に成功したと発表した。
ユダヤ人や華僑のように世界的人脈を扶植してきたわけでない北が、日本から平壌へ金を吸い取るルートを開拓し軍備を充実させ、小国と云えども地域の一勢力として中距離核ミサイルを配備しつつある。それは、アメリカの対中牽制の役割をも果たす。

中国の韓国を全面に出した対日情報戦について述べられている。2008年3月発行であるが、この時点で指摘した人を知らない。
それは、中国の人身売買や奴隷的拘束に対する欧米からの非難の矛先を日本に向ける戦略であった。それは、日本と韓国を離間させる意味を持つ一石二鳥の策である。韓国は、この使い走りに乗ったお〇〇な国である。

シナを盟主とする世界は、「人治」の世界であり最も才能のある人材は政治の世界に向かう。その反動として科学系は振るわない、ノーベル賞受賞者の数が示している。
日本は、死にもの狂いで欧米が到達していた「近代」を目指し成功した。日本語で「近代」を理解し記述する事が出来るようになった。
他のアジアの国はこれが出来ない。「人治」(=賄賂)の世界に止まっている。
サバイバルしようとしたら、インド人のやり方つまり、英語を公用語とするしかない。
「人治」社会は、ホメ倒しで外国人をエージェント化する
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
著者は本書で世界から孤立し、明日の食事にも苦労するにも関わらずしぶとく生き残る北朝鮮
と比較することによって、いかに日本の安全保障に対する取り組みがダメかという事を読者に訴える。
日本が採るべき安全保障の基本は、以下のようなものである。

・国連に頼るな。二国間同盟関係が重要。多国間同盟は無責任体制になる。
・二国間同盟維持には具体的な(軍事)行動が必要。基地だけ提供していれば良いとか金だけ出して
 いればよいという考えは捨てるべき。これが理解できないためにアメリカから警戒、侮蔑される。
 いずれにせよ自国は自分たちで守るという気概が必要
・外国の、特に中国の「工作」活動に敏感でなければならない。日本は政治家を始め偉い人の多く
 が中国の工作に嵌まりまくり。
・国家機密は当然もらさない体制が必要。日本はダダ漏れ。

日本の弱点が明確に分かりやすく指摘されていて、読み応え十分。
また捕鯨活動や風俗産業は、敵対国から日本のイメージを落とすためのネタに使われるため、捕鯨は
禁止(鯨なんてまずくて高いだけ)、奴隷的な管理売春の制度は認めないようにすべき(自由契約
の形にすべき)と言う意見にはなるほどと思った。
本書は読んで単純に面白く、また重要な情報を提供してくれます。全ての日本人に読んで欲しい。
おすすめします。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書は北朝鮮の交渉術をいったん先方の立場で評価し、
これを日本が逆利用するというスタンスで論じた書です。
著者は、北朝鮮に学ぶべきは「自国を自分で守る意思」
という見解を示します。まさに正論です。6カ国協議は進
展のみらえないどころか、アメリカは核実験をした北朝鮮
に明らかに擦り寄っているのだと。結局は、国際社会で
は、自国の安全を自国で守る意思の無い国家は、他国
から信頼されないばかりか相手にもされないというのは
真意を突いています。著者のブラックジョーク、北朝鮮が
米国の軍事的パートナーとなるというのも、今後中長期
のスパンを考えた場合、全く有り得ない話と一蹴できな
い怖さを感じました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告