¥ 710
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
逆説の日本史〈6〉中世神風編 (小学館文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

逆説の日本史〈6〉中世神風編 (小学館文庫) 文庫 – 2002/6

5つ星のうち 4.2 23件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,674 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 710
¥ 710 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 逆説の日本史〈6〉中世神風編 (小学館文庫)
  • +
  • 逆説の日本史〈5〉中世動乱編 (小学館文庫)
  • +
  • 逆説の日本史〈7〉中世王権編―太平記と南北朝の謎 (小学館文庫)
総額: ¥2,006
ポイントの合計: 63pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

危機管理能力欠如という現在日本の病理を掘り起こす
  「神国」ニッポンは元寇勝利の“奇蹟”により何を失ったのか?! 鎌倉幕府滅亡の背景を掘り起こしながら、責任の所在が曖昧で、危機管理能力が欠落しているという現代日本の病巣の淵源を明らかにする。カミカゼという天祐による勝利信仰が後世の危機管理意識の脆弱さを生んだ、という著者の指摘は昨今の有事論争をまつまでもなく現代日本を生きる者にとって非常に示唆的な警世の書である。

出版社からのコメント

「神国」ニッポンは元寇勝利の“奇蹟”により何を失ったのか!? 鎌倉幕府の滅亡の系譜を辿りながら責任の所在が曖昧で、危機管理能力が欠落した現代日本の「虚妄」のシステムを暴き出す。 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 507ページ
  • 出版社: 小学館 (2002/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094020063
  • ISBN-13: 978-4094020069
  • 発売日: 2002/06
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,652位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 この著者に関して、「先行研究のパッチワーク」という悪口も聞こえてくる。ま、そりゃ当然で、でなけりゃ一人の人間がこれだけの通史を書けるわけがない。引用文献も啓蒙的な概説書が多い。著者は明らかに、各種の先行研究から「言霊」論だの「怨霊」論だの「和の思想」論だの「ケガレ」論だのの着想を得て、そこから実証研究を再編集して自分なりのストーリーを構築している(梅原猛の名などが挙がっているが、他にも様々あろう)。その意味で、著者は編集者的な知性の持ち主だと思う。この巻の前半部を占める日本仏教史などは、それを顕著に示している。
 私などは本文中にも度々引用される末木文美士の研究が一番の下敷きになっていると感じるが、他にも参照した文献は多いだろう。で、仕上がった「パッチワーク」の出来栄えだが、やはりこれは平易で目配りの利いた、かつ発見に満ちた優れたまとめだと思う(日本仏教史の解説書を紹介してくれと頼まれたら、末木の『日本仏教史』(新潮文庫)との併読を薦める)。参照文献一覧の無い恨みはあるが、週刊誌連載の一般向け啓蒙書でもあり、ま、ウルサイことは言うまい(…あと、文章が雑)。
 「逆説」を謳い、通説にことごとく異を唱えながらも、よく見直すと扱われる題材がことごとく中高レベルの歴史教育で取り上げられるような名場面ばかりというのも、著者が一次史料から出発したのではないからだろう。それ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 showon VINE メンバー 投稿日 2008/5/9
形式: 文庫
シリーズ6巻目であるが、ここでの見どころは1-3章の仏教に関する解説だろう。現代に於いてここまで簡潔に、しかも深く仏教を初学者に説明出来る歴史家は日本にいないのではないか。特に、現代仏教に直接影響を及ぼした鎌倉時代の新興仏教の成立と、その背後にある歴史については、知的好奇心を揺さぶられ、大いに納得をした。

これ以外にも元寇の行われた背景と、その当時の鎌倉幕府の対応などは、ほとんど初めて知る内容で、とても興味深い。

本書は文庫本で500ページを超える大作で、しかも内容が、「仏教」、「元寇」、「鎌倉幕府の滅亡」と3つの独立したモノがまとめられているため、一気に読み切るのには骨が折れるが、それでも、これらのテーマはこの巻において説明されなければならなかったのだ、と読み終わると気がつくはずである。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ともぱぱ 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/5/30
形式: 文庫
元寇とその影響、鎌倉幕府の滅亡、建武の新政を扱った章も面白いが、本書で特に秀逸なのは、既に多くのレビュアーが指摘されているように、日本の仏教受容から始まって鎌倉仏教の成立・展開(戦前に至るまで)をわかりやすく説明してくれた最初の3章です。特に、最澄対空海というライバルに触れた箇所が、その余韻を持った終わり方とともに心に残る。最澄は文明は書物によって承継できると考え、空海は文明とは本人が体得しなければ意味のないものと考えた。

結果として、宗教者・思想家として最澄は空海にそのスケールでは及ばなかったかもしれないけれども、弟子には恵まれ、その影響は鎌倉仏教の開祖にまで引き継がれる。「研究者」としての才能と「教育者」としての才能は全く別物と喝破する作者の指摘は素晴しい。碁の世界でいえば、最澄は木谷実で空海は呉清源だとする例えもわかりやすい。

一方で、あれが月だよと指差す時、人が指(真理を示すための道具)にとらわれて月(真理)を見ないことを戒めた空海の教えも実に深い。似たような会話が展開された有名な映画の冒頭がすぐに思い出されますね。そう「燃えよドラゴン」。"Don't think. Feel."の世界ですね。文明・文化の継承の2大潮流の対比を試みた章として、第1章は実に奥行きが深く、これだけのためにも本書を一読することをお薦めします。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「逆説シリーズ」第六作。鎌倉新仏教の話から"建武の新政"までを描いたもの。仏教に関しては、井沢氏の「逆説」ではなく、釈迦の原仏教から鎌倉新仏教の各宗派の説明、そして現代への繋がりを丁寧に解説し、本書の半分を費やすと言うシリーズでは異色の作品。

確かに言われて見ると、親鸞、日蓮、道元、法然、源信、明恵など仏教界の偉人達は鎌倉時代に集中している。彼らの業績・思想などを丹念に説明している前半の3章は労作である。特に現在との係りを述べている部分が鋭く、普段我々が何気なく行なっている、「労働を厭わない行為(思想)」が道元から発しているという指摘はナルホドと思った。日蓮宗には「日蓮宗は正しいから正しい」という無限論理があり、これが石原莞爾等に引き継がれたとしたら恐ろしい(勿論、軍部の活動には日蓮の責任はない)。個人的には、「仏教編」を一冊に纏めた方が良かったと思うが、頁数の関係でこの時代の最大のイベント「元寇」に移る。事件の記述自身は平凡。本事件による「日本=神国」論が昭和の軍部に利用されたのは確かだが、それ以前の一般大衆にこの意識があったかどうか怪しい。著者の記述がこの辺、曖昧である。それよりも時宗を中心とする武士の働きをもっと高く評価して欲しかった。日本本土が侵略された経験がない理由を"海"に求めるのはレベルが低すぎるだろう。"建武の新政"は事実を記述しただけだが、そ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー