通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
逆立ち日本論 (新潮選書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

逆立ち日本論 (新潮選書) 単行本 – 2007/5/24

5つ星のうち 3.6 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 逆立ち日本論 (新潮選書)
  • +
  • 日本の文脈
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 91pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

『下流志向』の内田樹と日本の知恵袋、養老孟司が火花を散らす。「ユダヤ人問題」を語るはずが、ついには泊りがけで丁々発止の議論に。それぞれの身体論、アメリカ論、「正しい日本語」、全共闘への執着など、その風狂が炸裂し、日本が浮き彫りになる。なぜこんなに笑えるのか。養老は「“高級”漫才」とこの対談を評した。脳内がでんぐり返る一冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

養老/孟司
1937年、鎌倉市生まれ。東京大学医学部卒業後、解剖学教室に入る。95年、東京大学医学部教授を退官し、同大学名誉教授に。89年、『からだの見方』でサントリー学芸賞を受賞

内田/樹
1950年、東京都生まれ。東京大学文学部卒。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程中退。同大学助手を経て、神戸女学院大学文学部総合文化学科教授。専門はフランス現代思想、映画論、武道論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: 新潮社 (2007/5/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106035782
  • ISBN-13: 978-4106035784
  • 発売日: 2007/5/24
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 302,226位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
著者の知識や考えの妥当性について評価する力はわたしにはありませんが、十分ものの見方考え方を揺さぶってもらいました。
自分がどういう枠組みでものを考えていて、そのことによりどういう問題が生じうるのか。
そんなこと自分ではまず気づけないし、たいていの人は身近にそんな指摘をしてくれる人もいないはず。
この本はそのヒントに満ちてます。

哲学論議とも言えるユダヤ人論はじめ、知的刺激が強烈なのは言うまでもありません。
結婚詐欺師は声が命という卑近な話もおもしろい。
でも、おれはむしろ日々対処すべき問題にどう取り組むべきか、考える枠組みを広げていただいた気がします。

意外にレビューの評価が高くないのにびっくり。おれには捨てページはなかったよ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 内田裕介 トップ500レビュアー 投稿日 2011/7/26
形式: 単行本
僕は、養老氏も内田氏もどちらもファンなので、楽しみに読んだ。
対談のひとつの軸は内田氏の著作、私家版・ユダヤ文化論 (文春新書)である。養老氏の突っ込みと本人の解説とで、わりと難解な「ユダヤ文化論」への理解が進むのがよい。
また基本的に身体性を思想の中心に据えている御両人なので、あまりコンフリクトもなく、話はかなり和気あいあいという感じである。なので、本来のキレの良さは(特に養老氏は)少々減じているかもしれないが、面白かったのは、巻頭巻末のお互いへの評。

「感覚から入って、抽象的思考を立ち上げていくから危なげがない」p5 養老氏の内田評
「養老先生が机の上に置いた手首は南泉が切った猫の首に似ている」p255 内田氏の養老評

特に内田氏の養老評は
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
あくまで対談本です。
そう割り切った上で、読むと良いでしょう。
読み物としては楽しい。
ひとつ興味深い点があって、それは、養老と内田の、「発言に対する責任感」というか、「間合い」というか、「ゲシュタルト領域」というか、そういうのの違いですね。
その点で、この本においては、内田の「現代っ子」っぽさが露見していて面白い。
どういうことかというと、内田の発言には、基本的にある意味で、「批判されそうな適当すぎることは言わない」という「ナイーブな態度」が見え隠れするのです。
それに対し、養老の発言には、その手のナイーブさがほとんど感じられない。
どちらが正しい態度だ、と言うつもりはありませんよ。
しかし、この養老のKYさから、考えさせられることはいくつかある。
それはたとえば、「これぐらい堂々と専門外のことにコミットしても大丈夫なんだ」ということだけではなく、「でも、こういう態度って、使いようによっては(使う人によっては)、知識やルールをぐちゃぐちゃにしてしまうだろうな」ということなどです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 養老孟司と内田樹、いまもっとも“胡散臭さの旬”な2人。で、その対談はと言えば、養老先生の言葉を借りれば“高級漫才”、内田おじさんの言葉を借りれば“「リゾーム状」に脈絡なくだらだら”、まさに禅僧対禅僧による“蒟蒻問答”といったテイストである。内田は優れた文学作品を読む愉悦を「ぬるい風呂」に喩えているけど、この対談にそれはない。読んでいてもあまり楽しくない。2人の会話の間には、隙間っつーかヌケが1ミクロンもなくって、かなり息苦しい。まぁ2人がいっぱいいっぱいにがんばってる訳じゃなくて、読者がついていくのにいっぱいいっぱい(少なくとも俺)ってことなんだけど。「ぬるい風呂」ってより、風呂のくせに緊張を強いる弱電流の「電気風呂」みたい。
 「優柔不断」と「臨機応変」って反対語のようでもあり同義語のようでもあるんだけど、この2人の思考法は「優柔応変」っていうか、ゆるゆるときびきびのどっちかじゃなくて、ケースバイケースで、どういう答えを出すのか常に読めないところがある。「正解はひとつじゃないし、常に変わる」ってことだろう。
 それにしても“意識というのは、「後だしジャンケン」”とか、“「日本人とユダヤ人」というスキームが日本人は好き”とか、“インターナショナルということは辺境”とか、“総長賭博型ソリューション”とか、“成功した人でフェアネスを語る人はほとんどいない”とか、“
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー