ポイント: 33pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 6月15日 火曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 本日
10 時間 54 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
逃亡派 (EXLIBRIS) がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥290 ): 6月16日 - 18日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯付き。ご注意:この商品は併売(EK)のため品切れの際はご容赦ください。商品の状態も展示疲労している場合があります。包装後、都内より発送いたします。海外文学t
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


逃亡派 (EXLIBRIS) 単行本 – 2014/2/25

5つ星のうち3.9 17個の評価

価格
新品 中古品
単行本
¥3,300
¥3,300 ¥2,500
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 逃亡派 (EXLIBRIS)
  • +
  • 昼の家、夜の家 (エクス・リブリス)
  • +
  • プラヴィエクとそのほかの時代 (東欧の想像力)
総額: ¥9,350
ポイントの合計: 94pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「ブラウ博士の旅1・2」:人体の神秘に魅せられ、解剖標本の保存を研究するブラウ博士は、学会へ向かう途中、著名な解剖学者の未亡人から招待を受ける。亡き教授の仕事部屋には、驚くべき標本が残されていた。「切断された脚への手紙」:若き日に出会ったスピノザを師と仰ぐフィリップ・フェルヘイエンは、ふとした怪我がもとで左脚を失っていた。優れた解剖学者となった彼は、あるとき、ないはずの脚に痛みを覚えるようになる。「逃亡派」:アンヌシュカは、難病の息子を抱えてモスクワに暮らしている。週に一度の外出で教会から帰る途中、地下鉄の出口で、たえず足ぶみしながら何かをつぶやく、奇妙ないでたちの女に出会う。「ショパンの心臓」:パリで没した作曲家ショパンは、自分の心臓を愛する祖国に埋葬してほしいと遺言を残した。姉ルドヴィカは、独立の気運が高まるポーランドへ向けて、弟の心臓を携え、冬の平原を馬車で渡っていく。ポーランドで最も権威ある文学賞“ニケ賞”受賞作。

著者について

オルガ・トカルチュク
1962年、ポーランド西部、ドイツ国境に程近いルブシュ県スレフフに生まれる。ワルシャワ大学で心理学を専攻、卒業後はセラピストとして研鑽を積む。93年、Podróż ludzi Księgi(『本の人々の旅』)でデビュー、ポーランド出版協会新人賞受賞。96年、第三作Prawiek i inne czasy(『プラヴィエク村とそのほかの時代』)がポーランドで最も権威ある文学賞ニケ賞の最終候補作となる。文学を専門とする自身の出版社Ruta(ルタ)をヴァウブジフに設立(2003年まで)、以降執筆に専念する。98年、第四作『昼の家、夜の家』(白水社)でニケ賞にふたたびノミネートされ、英訳版(House of Day, House of Night)は2003年度国際IMPACダブリン文学賞の最終候補となった。2007年に本書『逃亡派』を刊行。四度目のノミネートで2008年度ニケ賞を受賞した。最新作は、Księgi Jakubowe(『ヤクプの書物』、2014年)。エッセイストとしても高い評価を得ている。ヴロツワフ在住。

訳者:小椋 彩(おぐら ひかる)
北海道大学文学部卒業。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。2001〜02年ワルシャワ大学東洋学研究所日本学科講師。東京大学大学院研究員等を経て、現在、東洋大学文学部日本文学文化学科助教。
専門はロシア文学、ポーランド文学。訳書に、O・トカルチュク『昼の家、夜の家』(白水社)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 白水社 (2014/2/25)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2014/2/25
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 416ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4560090327
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4560090329
  • 寸法 ‏ : ‎ 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.9 17個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
17 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年8月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年8月22日に日本でレビュー済み
60人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年12月4日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年1月16日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2020年2月4日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
殿堂入りベスト10レビュアー
2019年12月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告