通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
逃がれの街 (集英社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。d9050a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

逃がれの街 (集英社文庫) 文庫 – 1985/1

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 702
¥ 702 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 逃がれの街 (集英社文庫)
  • +
  • 檻 (集英社文庫)
  • +
  • 眠りなき夜 (集英社文庫)
総額: ¥2,030
ポイントの合計: 41pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 370ページ
  • 出版社: 集英社 (1985/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 408750848X
  • ISBN-13: 978-4087508482
  • 発売日: 1985/01
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 116,405位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
とにかく北片謙三の昔のハードボイルド小説が懐かしく、もう1度読みたいと思って購入しました。以前に読んだはずだと思っていましたが、読んでいませんでした。ごく普通の労働者だった主人公があるきっかけで道を踏み外していく。自分も真面目な優等生だったのに、あるきっかけで道を踏み外しました。主人公に感情移入しながら読み進め、どんなラストを迎えるのかと思いながら読みました。ラストも感情移入できました。主人公と行動を共にする幼子の存在もこの小説の面白さをさらに引き立てていて、いい演出だなぁと思いました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
北方謙三は、純文学作家としてデビューした。これは長篇ハードボイルド二作目で、当時話題になったものだが、何が凄いといって、これは解説の北上次郎も書いているのだが、ストーリーの力で読ませるのではないことである。筋の展開にはムリがある。いくら何でもそうなる前に歯止めがかかるだろうと思わせる。一介の市井の男が犯罪を犯して警察に追われるというような小説はいくらもある。その際、ふと知り合った子供を一緒に連れていくというような物語も、さして珍しくはない。なのに凡作になっていないのは、純文学で培った文章の力かもしれない。文章には、一点の疑問も見出せない。格闘シーンなど、まったくムダもなければ不足もない。そして何より、このストーリーで書けると思うところが凄い。北方を学生として教えたという磯田光一に妬みさえ覚える。感服した。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
北方謙三といえば、「弔鐘はるかなり」のようなハードボイルド・アクションをイメージする。しかし、本書は違うのである。繰り広げられるドラマに泣ける、「物語」なのである。名作なのである。

近年のクライム・ノヴェルだと、一人の犯罪者が追っ手(警察、殺し屋、ヤクザなど)からやはり一人(もしくは女とかと一緒)で逃げるものが多い(かな?)。だが、「逃れの街」はそうではない。なんと「相棒」は、公園で知り合った見ず知らずの少年だ。
そのほかに、脇役たちが輝いている。内藤陳氏の叫び(「眠りなき夜」解説参照)に納得する次第。
主人公・幸二をジリジリと追いつめてゆく刑事、恋人・牧子、そして前述の少年・ヒロシ。
脇役が輝いているといっても、出しゃばっているわけではない。それぞれがすべきことのみをし、やがてそれはひとつの場所に集結する。
「弔鐘はるかなり」ではあまり見られなかった主人公を刑事たちが追う過程のサスペンスもうまく取り込まれている。
少年と殺しという名の汚れた荷物を背負った若者。ラストでは思わず感動・・・・。いい結末とはいえないのに、読み終えたとき、なぜか心はスッキリしている。まるでいい映画を観終わったあとのように―。

歴史に残る名作だ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す