通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
退出ゲーム (角川文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

退出ゲーム (角川文庫) 文庫 – 2010/7/24

5つ星のうち 3.8 32件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 113
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 605
¥ 605 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 退出ゲーム (角川文庫)
  • +
  • 初恋ソムリエ (角川文庫)
  • +
  • 空想オルガン (角川文庫)
総額: ¥1,797
ポイントの合計: 49pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

こちらの商品は6/21にカバーデザインが変更となりました。
ご注文いただくタイミングによっては、
お届けする商品のカバーとサイトに表示されている画像が異なる場合がございますが、ご了承くださいませ。

廃部寸前の弱小吹奏楽部で、吹奏楽の甲子園「普門館」を目指す、幼なじみ同志のチカとハルタ。だが、さまざまな謎が持ち上がり……。各界の絶賛を浴びた青春ミステリの決定版、早くも文庫化!

内容(「BOOK」データベースより)

「わたしはこんな三角関係をぜったいに認めない」―穂村チカ、廃部寸前の弱小吹奏楽部のフルート奏者。上条ハルタ、チカの幼なじみのホルン奏者。音楽教師・草壁先生の指導のもと、吹奏楽の“甲子園”普門館を夢見る2人に、難題がふりかかる。化学部から盗まれた劇薬の行方、六面全部が白いルービックキューブの謎、演劇部との即興劇対決…。2人の推理が冴える、青春ミステリの決定版、“ハルチカ”シリーズ第1弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 294ページ
  • 出版社: 角川書店 (2010/7/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4043943717
  • ISBN-13: 978-4043943715
  • 発売日: 2010/7/24
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 95,480位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
チカとハルタの二人が高校で起こる様々な謎を解き明かしていく学園ドラマ。
いちおうミステリーっぽくはなっているが、基本的にはコミカル。テンポよく話はすすみ、読みやすい。ギャグもところどころ笑える。かと思いきや、いきなりシリアスな方に話が流れたりするのも魅力。
四話の連作なのだが、毎回登場する脇役がなかなかいい味を出している。

その反面、主人公の魅力が弱い気がする。
この作品がシリーズの1作目ということなのだが、主人公二人の設定がよくわからず、どうも感情移入できなかった。特にハルタ。事件の探偵役を務めるのがこのハルタなのだが、「なんでこんなことを知っているんだ?」と思ってしまうくらいに博識である。唐突な感じを受けてしまう。

「日常の謎」を描いているだけに、キャラに感情移入できればもっと面白いはず。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「ハルチカ」シリーズ第1弾。
何の気なしに手にとってみたのですが、読んでみると止まらない。

著者の初野さんは、水の時計 (角川文庫)で横溝正史ミステリ大賞を受賞しているそうです。
ちょっと、意外な感じがしました。

学園モノのミステリーのなかでは、トップクラスの作品だと思います。
ハルチカシリーズ全巻制覇にのりだした私。
お勧めです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
廃部寸前の弱小吹奏楽部に所属する恋する高校一年生、穂村チカ。
幼なじみの美男子、ハルタとともに、学園に次々と発生する難事件に巻き込まれ奮闘する。

いやぁ、おじさんになってもこういう学園物ミステリは大好きです。
特に好きなのは表題作の「退出ゲーム」。
演劇部に所属する奏者を部員として獲得するために、「舞台から退出すれば勝ち」の演技ゲームを行うことになる。設定と言葉の使い方が巧くて、この舞台劇を見てみたいと感じました。
日本推理作家協会賞の短編部門候補作とのこと。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
アニメが思いのほか面白かったので取りあえず文庫版までを購入。

感想と言えばキャラの厚みが無い。ミステリーに対しての謎の解決方法が強引過ぎてミステリーとしても
余り際立っていない。

前者で言えばハルタとチカの三角関係ってなんかキャラクタを引き立たせるのに十分にやくだっているのか?
この一言でつきると思う。
ハルタは博識すぎて時にミステリーの謎解きもすっ飛ばして解決に向かう。
時にはプロローグで書かれていた個人的な情報をハルタは前知識なしでその落としどころに持っていく。
キャラが薄いから唯の回答マシンに成り下がっている。
そういう意味ではミステリとしてもフェアであるのかと思うとアンフェアの様な気がする。
まぁ各話のプロローグでは触れてはいるのだがその情報をハルタがいつ知りえたのか
まったくその素振りがない。それは博識とは言わない。

似たようなテーマで米澤穂信の古典部シリーズがある。
だがあれは解決に近づく為に色々な状況等を奉太郎がきちんと順序立て
その推理を導く読んでいる読者に奉太郎目線できちんと謎を解決できるようになっている。

だが、ハルチカはそういうなんて言っていいんだろうか推理の手順を踏んでいな
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
30才会社員(男)です。
この本に出会ったのは、毎年夏休み前あたりに本屋さんに置かれる各出版社の「夏の100選」みたいな冊子でした。紹介文などから想像するに単純な青春ものかと思い、たまにはそういうのも読んでみるかなっていう感じで、大して期待もしないで購入したのです。

そしたらなんとっ!読み始めのストーリーこそ「まあ予想通りかな」ってな感じでしたが、
これが読み進めていくと、次第に「!?」「おおっ!」てな感じが急速にきまして、単純な青春もの→意外にもスパイスの効いてウィットに富んだミステリーものに鮮やかに変貌しておりました。

学園もののテイストと軽〜い感じの登場人物たちとは、良い意味でミスマッチな重厚なミステリーが各ストーリーに織り交ぜてあり、それが自分にはなんともツボだったのです。
この良さは特に読んでいただかないとわかってもらえない(当たり前ですが)と思うので、
未読の方は騙されたと思って是非手にとっていただきたい!そして、私も感じたように「裏切られる」人が続出することを期待しております。

もちろん続編「初恋ソムリエ」「空想オルガン」と文庫で発売しておりますが、こちらは全く裏切られません。すでに著者とハルチカシリーズについて知ってしまっているから・・・オススメです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー