中古品
¥ 93
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

追跡!「佐世保小六女児同級生殺害事件」 単行本 – 2005/11

5つ星のうち 3.5 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 93
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

いったい、なぜだ?
11歳の少女が同級生にカッターナイフを振り上げた。
少年法の鉄のカーテンに包まれた真実に、激しく迫る!
私が本書を書くきっかけとなったのは、少女が"普通の子"という言い方で世間に伝えられたことへの強い違和感だった。その違和感を出発点にして、この事件の3つの「なぜ」を追究する取材が始まった。1つ目は私が感じた違和感の理由を探ること。2つ目はどうしてこのような不幸な事件が起きたのか、その要因を探ること。そして3つ目が、このような事件を防ぐにはどうしたらいいかを知ることだった。??<「エピローグ」より>

内容(「BOOK」データベースより)

11歳の少女が同級生にカッターナイフを振り上げた。いったい、なぜだ?少年院の鉄のカーテンに包まれた真実に、激しく迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 231ページ
  • 出版社: 講談社 (2005/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062130416
  • ISBN-13: 978-4062130417
  • 発売日: 2005/11
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 419,454位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
読んでいて、著者の取材方針、そして、著者の取材態度そのものには、ただただ辟易とさせられる。

本書はその冒頭で、「普通の子の犯罪」と報道されたことに違和感を覚えた著者が、「そんなことはない」と取材を開始したことから始まる。その時点で偏りは明らかである。

しかも、その取材も、ネットの影響、だとか、断片的なものを続け、その挙句にアスペルガー障害だったから、と結論付ける。著者は「障害を持った子供全てがそうなるわけではない」などというが、これを読んでそう思えるだろうか?

それ以上に、著者の取材態度に辟易とさせられる。「子供の犯罪の責任は親が取るべき」と、加害女児の家に押しかけて大声で騒ぐなどの行為をしたことを自慢し、自分の取材に徹底的に罵倒する。学校の対応が良いとは思わないが、著者の自己正当化には嫌悪しか覚えない。

悪い意味でも、「ジャーナリストらしさ」ばかりしか感じない。
コメント 157人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ささいで断片的な事実を強引に結び付けたうえに、「アスペルガー障害」だから「普通の子」じゃなかった

という馬鹿げた結論で終わり。もともと最終審判要旨みれば広汎性発達障害に近いと書いてあり、そんなこと

がそれほど重要なのか。障害に早く気づけばというが「ゲーム脳」理論のような妄想信奉者の著者がそんなこと

を言うのがばかばかしい。気づいていじめるのか、病棟にでも隔離するのか。

A子の「内面に近づく」と言っておいて、「刺しても死ぬと思っていなかった」とか「映画の影響」でおきたとか

さんざんメディアの振りまいた妄想ばかりが適当に繰り返され、何ら事件のことも、加害者の事も見ていない

結局「障害」ということで、切断操作をすることが目的となり、いかなる理解もはじめからしようとしていない、

人間扱いしていないということだ。

特に加害者の父親に対する偉そうな糾弾の態度には吐き気がした。

明らかに加害者の父親もそういう(娘に似た社会性の遅れ)資質を持っているのに、

彼の対応が自分の感性から見て気に食わないからと、ことあるごとにケチをつけ、くだらない正義感でリンチして喜ぶ。

発達障害への理解もクソもない。

子供をダシに商売するのもいい加減にしていただきたい。
1 コメント 193人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
発達障害のケースは、厄介だ。よほどの問題行動が目立つケースでないかぎり、本人も、周囲も早くから、はっきりとした何らかの発達障害であるとは、認識することは少ないかもしれない。いささか変わった子供とだけと感じても。自分が、人と、違う、人の和の中にいたとしても、違和感を感じ、自分を、異物と感じることはあっても、実際にどう対処していけばいいか、それは、子供でも大人でも、行動に移すことは上手く出来ない。今回のケースは、父親も、社会不適合者と言えるかもしれないが、そうでない親であろうとも、子供の精神発達環境や、精神衛生について、気づこうとすることは少ないだろう。昔よりも、父母子ともに、家族で買物をする姿は、よく見受けられるが、一見仲良し親子(風)であるだけで、どこか、バラバラで、お互いの存在には、無関心で、家族と言うより、同居人であろう。家族と言う体をなしても、精神深部に触れることなく、気づくこともなく。
未成年犯罪者の更生に期待するのは甘い。
殺人事件の犯罪者に税金と時間をかけて、更生プログラムをするのは、最早、未来への投資ではなく、浪費。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
多くの事件関係者に取材して書かれており、さすがはジャーナリストと思いました。少年事件は、少年法に阻まれ、事件の表面しか見えてこないものですが、著者は加害女児のいわゆる「心の闇」に迫る取材をしており、この事件のことがよくわかりました。しかし、著者は発達障害ということに捕らわれすぎているように思います。著者は発達障害だから事件を起こしたのではないと一方で言いながら、他方で、加害女児の行動をことさら発達障害に結びつけた書き方しています。特にエピローグを読むと、それを強く感じます。加害女児の発達障害を、親をはじめ周りの大人が見逃したから事件を起こした、と言っているように思いました。この本のスタートが、「普通の子」が事件を起こしたことに対する疑問だから、結論は、やっぱり普通じゃない「発達障害の子だ」になるのでしょうか。それは違うと思います。加害女児の問題は、「発達障害」というより、親が施設に面会にに来ても、「とりとめのない世間話をして」「面会が終わると、さっさと別れてしまう」、家族が帰った後も、「しみじみと泣くわけでもなく」「ケロリとして過ごしている」という、とても血のつながりのある親子とは思えない親子関係に薄さにあるのではないか。このような希薄な親子、家族関係の中で、この子は深く傷ついたのではないか。「たった一人、家族の誰でもいいから彼女の支えになってやれる人がいたら」これは、著者が取材し...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー