通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
追想 -「艦これ」艦娘と振り返る- (角川文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

追想 -「艦これ」艦娘と振り返る- (角川文庫) 文庫 – 2016/6/18

5つ星のうち 3.0 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 1

AmazonStudent

★★『君の名は。』ほか、「K A D O K A W A」全 品 1 0 % ポイント還元中!★★

※4/1(土)以降に発売される書籍、Amazonマーケットプレイス、Kindle本は対象外となります。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 追想 -「艦これ」艦娘と振り返る- (角川文庫)
  • +
  • 艦隊これくしょん -艦これ- 艦娘型録 弐
総額: ¥3,780
ポイントの合計: 377pt (10%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

KADOKAWA「艦これ」編集部が制作する書籍。実在した艦艇の写真をまじえ、かつてあったある戦いを艦娘とともに振り返ります。

内容(「BOOK」データベースより)

370万人を超える提督(=プレイヤー)たちが楽しむブラウザゲーム「艦隊これくしょん‐艦これ‐」。本作を語る上で欠かせないのは、旧海軍の艦艇の名前を持つ「艦娘」たちの存在。彼女たちが、作中のさまざまな状況で語る言葉には、記憶、そして想いが込められている。おぼろげに抱いている、かつてあった戦いの記憶。その最中に抱いたであろう想い。断片的に語られる言葉を、実在した艦艇の姿とともに振り返る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 253ページ
  • 出版社: KADOKAWA/エンターブレイン (2016/6/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041026199
  • ISBN-13: 978-4041026199
  • 発売日: 2016/6/18
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 202,045位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 purchases トップ1000レビュアー 投稿日 2016/6/18
形式: 文庫 Amazonで購入
250ページほどの文庫本です。
表紙や本編に挿絵として入る藤川さんの大淀の絵が何だか切ない気持ちにさせます。
構成としては
1.かつてあったある戦い
2.栗田艦隊
3.西村艦隊
4.志摩艦隊
5.小沢艦隊
と分かれています。
1は写真メインで写真の隅に短い説明文が記載。
2~5は基本的に『艦娘型録』のレイアウトに似た形で各艦娘の説明が記載+1と同じように写真で構成。
(右ページにゲーム内Noと立ち絵・起工・進水・竣工・絵師・CV、
 左ページにゲーム内セリフ、そのセリフに対する説明、戦いの軌跡、と言った構成です)
内容についてはやはり推して知るべし・・・ですね。
『振り返る戦いの航跡』と謳ってる割に、本文の各艦の『戦いの軌跡』はたった4行です。
目新しい何かを期待して購入するのは絶対やめた方がいいです。
期待に応えられるのは新規絵の大淀だけ。
ゲームに実装されている艦娘が全て網羅されている訳ではありません。
コメント 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この本は、
・艦娘の立ち絵
・ゲーム内でのセリフ(の一部)、参戦した主な海戦等の簡単な解説(数行程度)、4行程度の略歴
・写真ちょっと
といった構成を複数セット用意したものになっています。

うん、別に艦これの本として出す必要無いよね、という代物です。
紹介されている艦も一部の艦娘だけであり、期待していた艦娘が出てこないという事は要注意でしょうか。
艦娘ごとの目次も無いし、資料的な見方をするにもダメ出しする点が多い。

評価できる点は、文庫本サイズで色々な写真を見れること位かと。
内容に対して値段も高めです。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 おにへい 投稿日 2016/6/20
形式: 文庫 Amazonで購入
カラーページと写真多用で250P超なら、800円の値付けは安い、と思いたいところであるが・・・。

刊行前に界隈で危惧された「艦これ史観」どころか、わざわざ「艦これ」の名を冠したにしては艦これ要素が薄すぎる。さりとて太平洋戦争の各作戦を振り返るには情報が乏しすぎる。

写真の点数は確かに多いのだが、キャプションが軽すぎる。というか孫引きなので恐らくどっかで見たことある内容。本書ならではの「艦これ」らしさを加味して、あと2歩ほど踏み込んで欲しかった。(たとえば、艦影と艦娘との共通点であるとか)

各作戦についても、海域図や時系列に沿った艦隊航跡、沈没位置と日時時刻などが全く記されていない。これでは作戦を振り返りようが無い。本書の内容でそれができるのは、そもそも知識を持っている諸兄であろうし、そのような方々には本書の内容は薄きに過ぎる。

それではこれは入門書なのか? といえばあまりに内容が薄過ぎて、なにか有用な知見を得ることは無いのではないか? むしろwikipediaや艦これ攻略wikiなどの当該項目を流し読みしたほうが、はるかに得るものが多いのではないだろうか。

実のところ、どのようなトンデモ「艦これ史観」をぶっこんでくるのかが楽しみで購入したが、肩透かしを喰らいかなりがっかりし
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
単に艦これが好きならイラストも実際の軍艦の写真もあるからまだいいかもしれないが、
振り返れているかといえば、まったくそうではない。

いまだに司馬・半藤史観から抜け切れてないのか、あの戦争を真面目に研究して編集するならば、
非難されても仕方ないような海軍の作戦・行動を一切書かずに「奮戦したがあえなく散った」という
ニュアンスですべてを丸く収めている。

艦これから歴史に興味を持つのはいいことだが、いまだに海軍善玉・陸軍悪玉論なんぞ信じていたら恥ずかしい。
振り返るのなら、いいとこ悪いところすべてを振り返ってほしい。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
巻頭目次を見る限り「太平洋戦争に参加した艦(艦娘)の航跡」というより「レイテ沖海戦に参加した艦(艦娘)の航跡」といったところの内容の書籍です。
ですので、例えばMI作戦に参加した艦(赤城、加賀、蒼龍、飛龍)などは記載されていません。例外としたら、MI参加艦でこの本に記載されている娘は<野分>や<最上>、<利根><筑摩>ほか<金剛><榛名>あたりでしょうか。MI作戦はあまり触れられていませんが。
太平洋戦争全般の作戦や艦の行動記録のような内容の書籍が読みたいのなら、以前艦これ関連書籍として発売された「公式作戦記録」をお勧めします。
最後に、「追想以下略」内で初めて見た写真資料があったのがうれしい誤算でした(星1+)。ほか、軽巡艦娘<大淀>さんの各章はじめの書き下ろしがかわいいです(星2+)。
以上で星3つです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー