通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
追及力 権力の暴走を食い止める (光文社新書) がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


追及力 権力の暴走を食い止める (光文社新書) 新書 – 2018/1/17

5つ星のうち2.7 16個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥836
¥836 ¥1

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 追及力 権力の暴走を食い止める (光文社新書)
  • +
  • THE 独裁者 国難を呼ぶ男! 安倍晋三
  • +
  • 新聞記者 (角川新書)
総額: ¥3,366
ポイントの合計: 53pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

森友・加計問題、詩織さん事件…「民主主義が歪められている」と直感したら絶対にあきらめない
新聞記者と野党議員が示す「問うこと」の意味

問題の本質を見抜けたのはなぜか? 信念はどこから生まれるのか?
・原点は「パッション」、最後は「感性」
・行政の歪みへの〝素直な怒り〟
・注意を惹きつけるプレゼン力
・「問題ない」は弱みの証

国家レベルの不正が疑われる森友・加計問題で、政府への厳しい質疑が注目を集める新聞記者と野党議員による緊急対談。一連の問題の焦点は首相が便宜を図ったか否か。まさに民主主義の根幹を揺るがす大疑獄だ。ところが当初、政府・与党側の否認のみならず、仲間内からも「そんな小さな問題に」という反発の声が上がった。それでも二人が問題の本質を見抜き、自らの信念を貫けたのはなぜか? 一強多弱で権力の暴走を許してしまっている今、ジャーナリズムと野党の存在意義を問い直す。

【目次】
はじめに 「追及力」は記者や政治家だけのスキルではない 望月衣塑子
序章 私たちの原点
第一章 森友・加計問題の真実を求めて
第二章 権力の暴走を食い止めるために
第三章 問う技術
第四章 「国難」の本質を衝く
終章 出る杭として打たれても
おわりに カッコつけずにストレートに聞く 森ゆうこ

【プロフィール】
望月衣塑子(Isoko Mochizuki)
1975年、東京都生まれ。東京新聞社会部記者。慶応義塾大学法学部卒業。千葉、埼玉などの各県警、東京地検特捜部、東京地高裁を担当後、整理部、経済部を経て社会部へ。2017年4月以降、森友・加計問題を取材し、官邸会見で菅官房長官の追及を続ける。主な著書は『武器輸出大国ニッポンでいいのか』(共著、あけび書房)、『武器輸出と日本企業』『新聞記者』(以上、角川新書)。

森ゆうこ(Yuko Mori)
1956年、新潟県生まれ。新潟大学法文(現・人文)学部英文科卒業。現在、3期目の参議院議員(自由党)。元横越町議。元文部科学副大臣。小沢一郎氏が巻き込まれた西松建設・陸山会を巡る一連の事件で真相解明に奔走。17年の衆議院選挙では野党結集を呼びかけ、地元新潟県は野党側が圧勝を収めた。主な著書は『検察の罠』『日本を破壊する5つの罠』(以上、日本文芸社)。

内容(「BOOK」データベースより)

国家レベルの不正が疑われる森友・加計問題で、政府への厳しい質疑が注目を集める新聞記者と野党議員による緊急対談。一連の問題の焦点は首相が便宜を図ったか否か。まさに民主主義の根幹を揺るがす大疑獄だ。ところが当初、政府・与党側の否認のみならず、仲間内からも「そんな小さな問題に」という反発の声が上がった。それでも二人が問題の本質を見抜き、自らの信念を貫けたのはなぜか?一強多弱で権力の暴走を許してしまっている今、ジャーナリズムと野党の存在意義を問い直す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 216ページ
  • 出版社: 光文社 (2018/1/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334043305
  • ISBN-13: 978-4334043308
  • 発売日: 2018/1/17
  • 梱包サイズ: 17.6 x 10.8 x 0.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 142,638位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.7
評価の数 16

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

16件のカスタマーレビュー

ベスト500レビュアーVINEメンバー
2018年3月8日
形式: 新書
186人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年7月16日
形式: 新書
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年7月22日
形式: Kindle版
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年8月19日
形式: 新書
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年3月14日
形式: 新書
108人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年4月10日
形式: 新書
88人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告