中古品
¥ 38
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

追及・北海道警「裏金」疑惑 (講談社文庫) 文庫 – 2004/8

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 38

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

著者からのコメント

北海道新聞の道警担当記者による取材班は、「支出は適正」と繰り返し、無視と黙殺を繰り返していた北海道警を約七カ月の報道の末、道警を内部調査に追い込み、不正を認めさせた。裏金は警察全体を覆い尽くした「組織犯罪」であり、しかも過去、ここまで赤裸々に事実が明るみに出たことはなかった。現場捜査員には会計書類の偽造を強い、上層部やキャリア組は裏金を自由に使う。しかも、捜査費、旅費など裏金の原資をあらゆる予算に及んでいる。本書は道警を中心にこうした裏金の実態を暴きだしただけでなく、法を遵守すべき警察がこの間、どう対応したかを余すことなく示した。全国の警察不正にも数多くのページを割いている。

一方、本書は「報道機関と権力はどうあるべきか」を問い直す内容でもある。警察という巨大権力と二人三脚になりがちな報道機関。取材班はそうした「警察と報道のいやらしい関係」に終止符を打ち、新聞本来の役割を取り戻そうとした。新聞記者が得た情報は読者・市民のものだからだ。本書は警察裏金の追及の記録であると同時に、「報道はどうあるべきか」の模索の記録でもあり、警察、報道関係者だけでなく、一人でも多くの国民にぜひ目を通してもらいたいと思っている。 なお、本書に収録した一連の報道は、2004年のJCJ(日本ジャーナリスト会議)大賞を受賞した。

内容(「BOOK」データベースより)

架空の捜査協力者、ニセの領収書…。「流出」した旭川中央署の内部資料からすべては始まった。OBたちの捨て身の告発も黙殺しようとし、組織防衛に汲々とする北海道警。疑惑解明に及び腰の議会。その姿は日本の陰画だ。北の地のみならず全国にひろがる警察の宿痾=「裏金」の実状を暴く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 496ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062748339
  • ISBN-13: 978-4062748339
  • 発売日: 2004/08
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 360,253位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
本書について述べようとすれば、この裏金事件そのものに触れないわけにはいかない。
過去にいくつかあったう警察の裏金事件と違い、本件がかくも大々的に糾弾されることになったのは、
本書の北海道新聞をはじめとするマスコミ報道もあるが、
何といっても元道警幹部の原田氏の内部告発によるところが大きいであろう。
これなくして、マスコミだけの力では、警察のシナリオに従って、
その後尻すぼみになっていた可能性が高い。
結局は記者クラブ制の、権力に追従するマスコミが大多数を占めるからだ。
それは、稲葉事件に見る新聞各社の報道姿勢からも伺える。
しかし、テレ朝の報道と原田氏の内部告発を契機として、
北海道新聞が意地を見せたのが、本書の述べる内容である。
こういった疑惑報道はキッカケも大事であるが、その後の継続して報道し、
権力をとことんまで追い詰める姿勢が更に重要であることを、本書は示してくれる。
全国紙が、ここまでの報道をしていないがために、
本件が全国規模のニュースになっていないのが、非常に残念である。
本書は、文庫書下ろしという形で、報道開始から1年もたたないうちに発行された。
こういう形で、事件を全国民に知らしめようという姿勢は、非常に評価できる。
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/8/18
形式: 文庫
裏金などありません、と思わず言ってしまったがために、どんどん追い込まれていく北海道警察。その過程が詳細に書かれていているうえ、推理小説を読んでいるような気持ちになる箇所もあります。新聞社の手によるノンフィクションは、評判倒れの例も多いですが、この本は最近にない快作! 
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 watchdog 投稿日 2004/9/12
形式: 文庫
 テレビに(!)抜かれたネタを頑張ってしつこく追っかけて抜き返しました!それは評価できる。
 今まで道新の本はちょっとさらっとしすぎてて、もうちょっとエグい話が欲しいなあ…というところだったのですが、今回はなかなか頑張って取材してるのが伝わってきます。特に道警幹部のアホさに嫌気がさしてる若手の苦しみなんてよく書けてる。
 でもやっぱり。。ちょっとパンチ不足かなー。全国紙など他メディアにできない地元紙のねばっこい取材力をもっと見せてほしかった。きっとあったろう幹部のしゅん巡とかがもっと見えたら、さらに面白かったのではないだろうか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック