Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 600

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[田辺 屋敷]の追伸 ソラゴトに微笑んだ君へ (富士見ファンタジア文庫)
Kindle App Ad

追伸 ソラゴトに微笑んだ君へ (富士見ファンタジア文庫) Kindle版

5つ星のうち 3.6 7件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 追伸 ソラゴトに微笑んだ君へ(富士見ファンタジア文庫)の2の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 600
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 312
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ



商品の説明

内容紹介

二学期初日。篠山マサキは“彼だけが記憶を持たない”美少女優等生・風間ハルカと出会った。正体を掴むべく彼女を探り始めるが、なぜかハルカの行動は、マサキが何気なく綴った葉書の内容と深く関わっていて――。

内容(「BOOK」データベースより)

二学期初日。空虚な日々を送っていた俺、篠山マサキは混乱した。慣れた様子で教室へ突然現れたのは、俺の記憶にだけ存在しない少女。しかも、優等生と評判のお前ときたら、猫被ってるわ、仮面恋人を演じるハメになるわで、もう散々だった。だけどお前は、俺にお手製の弁当を作ってくれた。一緒に登下校をしてくれた。誰にも言えない妙な関係だけど、そんな毎日を何よりも楽しんでる俺がいた。でも、気づいたんだ。出会うはずのないお前との時間は、結局絵空事に過ぎない、と。だから俺は―風間ハルカを消すことにした。第29回ファンタジア大賞“金賞+審査員特別賞”受賞作。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 8533 KB
  • 紙の本の長さ: 180 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 富士見書房 (2017/1/20)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01NATRF7P
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 15,868位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
内容としては、ありがちなSF恋愛青春小説
祖母に送ったはずの葉書が、なぜか別人に届いており、しかし住所は間違っていないことから、相手が誰なのか気になり、文通を通して探ろうとする
一方で、葉書を送ってから、「自分だけが記憶にない」クラスメイトが増えていて、そのクラスメイトの本性を知ったことで、ニセの恋人を演じることになる
これら一連の出来事には、昔の伝承が絡んでいるのがわかってきて、というストーリー
「内容紹介」(あらすじ)に書かれている内容では、本文と微妙に異なる「出会うはずのない~消すことにした」と書かれているが、これは販促目的の煽り文句で、本筋とは違っているように感じたので、あまり参考にしない方が良いかもしれない
ストーリーはありがちながらよくまとまっていて、意外性や、あと一捻りが欲しい気がするものの、単巻として見れば申し分ない
主要人物が主人公とヒロインに絞られていて、幼なじみの女子や部活の人物があまり絡まず、絡む時は話を転がす「舞台装置」にさせられている感が強く、ほとんど自己完結してしまうのは、善し悪しか
そのせいもあり、20ページ辺りで起こる「ヒロインが突然現れる」現象に対して、120ページ辺りまでそれに対してアクションが無いのは、読んでいてもどかしさを感じた
主人公とヒロインの交流を先に描い
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ライトノベルのご先祖様とでも言うべき「SF系ジュブナイル」、
そう聞いて「おお、懐かしいな」と思われる方は結構なお歳だと思うが、
例えば筒井康隆の「時をかける少女」だったり、
それじゃ古過ぎると仰る世代の方であれば高畑共一郎の「タイム・リープ―あしたはきのう」辺りが
代表的だと思うけど、何故か名作と言われるSF系ジュブナイルは時間ネタが多い。
本作はその系譜に連なるであろう時間ネタのSF要素を盛り込んだ青春劇。

物語は主人公の篠山マサキが夏休みに暫く顔を見せてない祖母から近況を尋ねる手紙を貰う場面から始まる。
野球部を辞めて、暇な毎日を過ごしていたマサキは唐突な手紙に戸惑いながらも返事を書くことに。
生憎封筒を切らしていた為に、母親がどこからか持ち出してきた七年も前の年賀状に近況を認めるマサキ。
手紙は書き終わったものの郵便ポストが遠い事を思い出し、げんなりするが、
幼馴染のユミが比較的近所にある廃神社の近くに古いポストがあったと教えてくれた事でそちらに投函。

夏休みを終えて投稿したマサキは教室の賑わいの中心に見知らぬ美少女がいる事に気付き、
転校生なのかと友人に尋ねるが、友人はけげんな顔をして彼女が入学当初からいる生徒で
成績も
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
※ネタバレはありません。

今回のファンタジア大賞受賞作の中では、自分の中で後回しにしていた作品でしたが、例の大賞作よりはずっと面白かったです。

ジャンルが違うものを比べるなと言われれば確かにそうなのですが、どちらのジャンルにもさほど興味が無い人が両方読んだらどちらを評価するかという観点になりますと、やはりこちらの『追伸 ソラゴトに微笑んだ君へ』に軍配が上がるかと…。

中身としてはSF×青春×恋愛という感じですが、恋愛要素はあまり期待しないほうがいいと思います。恋愛シーンを楽しむというより、伏線や謎が解き明かされていく過程を楽しむものだと思います。(話はとっても読みやすいのですんなり理解できます)

このような作品は「ありきたり」や「ありがち」などと言われるでしょうが、そもそもSF×青春×恋愛のジャンルの作品自体がラノベだけに限らずあらゆる所で描かれているので、ありきたりになりやすいんですよね…。

というわけですので、SF系が苦手でない方には十分おすすめできる作品です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
裏表紙の【だから俺はー風間ハルカを消すことにした】これはどういうことなのか、読み落としがないとは思うがこの一文に惹かれて買ったのにそんなシーンがない気がするのだが…
あとそもそも裏表紙のあらすじと本作の内容のズレが酷すぎる。
裏表紙のあらすじで買った私にとってそれに疑問感を抱いていたのに全く解決できてない
あとがきを読んだらどうやら作者は適当に書いたのが当たったらしいのであらすじと内容が違っていても適当だったからということで良いんだと思います。
内容はまあ、前半部分は謎に包まれて面白いと思ったのですが最後がなあ、よくあるやつですね、まあ伏線(内容の)回収はしっかりとできてたのでそこは目を瞑りましょう。
只あらすじの最後の一文がどうしても気になる、私の見落としなのですかね?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover