¥682
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
迷走する教員の働き方改革――変形労働時間制を考える... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


迷走する教員の働き方改革――変形労働時間制を考える (岩波ブックレット) (日本語) 単行本 – 2020/3/6

5つ星のうち4.8 9個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥682
¥682 ¥400
この商品の特別キャンペーン プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。
    プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。今なら本をお得にご購入いただけます。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。今なら本をお得にご購入いただけます。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 迷走する教員の働き方改革――変形労働時間制を考える (岩波ブックレット)
  • +
  • 先生も大変なんです いまどきの学校と教師のホンネ
  • +
  • 教育は何を評価してきたのか (岩波新書 新赤版 1829)
総額: ¥3,586
ポイントの合計: 43pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


アウトレット本から掘り出しものを見つけよう!
「社会・政治」カテゴリーの商品をお手頃価格で販売中! 詳しくはこちら

商品の説明

内容紹介

2021年度より公立学校教員への導入が可能になった「1年単位の変形労働時間制」。この制度は教員の多忙化解消につながらないどころか、さらに多忙化を進展させる可能性すら含んでいる。本書では、学校がおかれている実情や法制度を踏まえつつ、この制度の持つ問題点について、現場教員を含む様々な視点から論じる。

長時間労働の改善どころか、多忙化が進みかねない――
エビデンスなき「迷走」のゆくえは?
「一年単位の変形労働時間制」を徹底的に解剖する

近年話題となっている、教員の過重労働の実態。OECDの調査でも日本の教師の労働時間が世界的にもっとも長いことがわかっている。また、国内調査でも、過労死ラインと言われる月80時間の残業を中学校教師の58%、小学校教師の34%が超過している現状にあり、その改善は喫緊の課題である。
そうした議論を受け、2019年秋の臨時国会、教員の待遇を定める「給特法」が改正され、それによって自治体単位の導入が可能になるのが、公立学校教員の「1年単位の変形労働時間制」である(2021年度以降)。
だが、この制度は大きな問題を含んでいる。
この「1年単位の変形労働時間制」は、本当に教師の長時間労働の改善につながるのか? 実際に導入されたとき何が起こるのか? 現場の教員はどのように考えているのか?
本書では、長時間労働の実態が覆い隠され、さらに多忙化が進む可能性すらある、この「1年単位の変形労働時間制」の仕組み、問題点、起こりうる可能性について、社会学や法学、現場教員の目線から論じる。


■目次

第1章 学校の現状を見える化する――「一年単位の変形労働時間制」の導入は可能なのか? 内田良
1 財源なき働き方改革
2 一年をとおした働き方の現状――学校に「閑散期」はあるのか?  
3 これから学校で何が起きるのか

第2章 なぜ、このような働き方になってしまったのか――給特法の起源と改革の迷走 広田照幸
1 給特法の成立過程――ボタンの掛けちがい
2 三十年以上にわたる教育改革疲れ――業務の水膨れ
3 広がる教員の業務範囲
4 上に弱く、下に強い文科省の構造
5 学び続ける教員であるために

第3章 給特法という法制度とその矛盾 髙橋哲
はじめに
1 勤務時間管理の基本ルール
2 給特法の法的特徴
3 文科省の示す労働時間概念の問題
4 給特法下での三六協定の可能性
おわりに:給特法問題のあるべき「出口」

第4章 一年単位の変形労働時間制がもたらす危険性 嶋﨑量
1 変形労働時間制とは
2 変形労働時間制の要件
3 「休日のまとめ取り」という不合理な政府の導入目的
4 民間企業等での先行導入事例
5 公立学校教員と一年単位の変形労働時間制の要件
6 おわりに:政府が一年単位の変形労働時間制を導入する本当の狙い

第5章 変形労働時間制は教育現場に何をもたらすか? 斉藤ひでみ
1 変形労働時間制に反対する声
2 今後議論すべきこと

内容(「BOOK」データベースより)

2021年度より公立学校教員への導入が可能になる「1年単位の変形労働時間制」。この制度は教員の多忙化解消につながらないどころか、さらに多忙化を進展させる可能性すら含んでいる。本書では学校がおかれている実情や法制度を踏まえつつ、この制度の持つ問題点について、多様な観点から5人が論じる。

続きを見る

登録情報

  • 単行本: 80ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2020/3/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4002710203
  • ISBN-13: 978-4002710204
  • 発売日: 2020/3/6
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 0.4 cm
  • カスタマーレビュー:
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,896位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
評価の数 9
星5つ
85%
星4つ
15%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2020年3月11日に日本でレビュー済み
形式: 単行本Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2020年3月14日に日本でレビュー済み
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年3月14日に日本でレビュー済み
形式: 単行本Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年3月14日に日本でレビュー済み
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年3月14日に日本でレビュー済み
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年3月18日に日本でレビュー済み
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年3月12日に日本でレビュー済み
形式: 単行本
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年3月15日に日本でレビュー済み
形式: 単行本
review image
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告