通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
近代日本一五〇年――科学技術総力戦体制の破綻 (岩... がカートに入りました
+ ¥340 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 【ご注文確定から原則24時間以内に出荷】中古品のため使用感がございますが、中古品として問題ない商品です(やや気になるキズやスレ、ヤケ等その他の中古品としてやや気になる使用感はある場合がございます、ご了承ください)。美品をお求めの場合は「非常に良い」以上の商品ご購入を強くおすすめいたします。コンディションについてはトラブル防止の為、Amazon中古品ガイドラインを必ずお読みください。特段記載のない場合は帯や付録、シリアルコード、初回特典等はございません。【その他ご案内】稀に併売品につき時間差で在庫切れが起こり、やむを得ずキャンセルとさせていただきます。【商品案内】出荷ミス防止の為、キレイに剥がせる3cm程の管理シールが貼っております。【発送案内】ご注文確定次から原則24時間以内に「ゆうメール」にて出荷の為、日曜祝日は翌日配送です。【管理番号】210116btse0230350
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


近代日本一五〇年――科学技術総力戦体制の破綻 (岩波新書) (日本語) 新書 – 2018/1/20

5つ星のうち4.4 44個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥1,034
¥1,034 ¥300
お届け日: 1月23日 - 24日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
8 時間 33 分 以内に注文した場合.
詳細を見る

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 近代日本一五〇年――科学技術総力戦体制の破綻 (岩波新書)
  • +
  • 私の1960年代
  • +
  • 福島の原発事故をめぐって―― いくつか学び考えたこと
総額: ¥4,444
ポイントの合計: 44pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

国策大学との協働

石牟礼道子さんが亡くなった。ノーベル文学賞には彼女こそふさわしいと考えていたので残念だ。そんな思いを抱えて、『近代日本一五〇年』を読む。石牟礼さんが『苦海浄土』で描いた水俣病は、近代日本を象徴する事件なのだと痛感する。

著者の山本義隆は元東大全共闘の代表。大学アカデミズムとは距離を置き、予備校講師をしながら『磁力と重力の発見』など科学史に関する重要な本を書いてきた。

副題は「科学技術総力戦体制の破綻」。山本は序文で次のように述べる。

〈明治以降の日本の近代化は、中央官庁と産業界と軍そして国策大学としての帝国大学の協働により、生産力の増強による経済成長とそのための科学技術の振興を至上の価値として進められてきた〉

その体制は敗戦によっても基本的に変わらなかった。「殖産興業・富国強兵」が「経済成長・国際競争」へ引き継がれただけ。だから熊本で水俣病が発生したときも、産業界と官庁だけでなく旧帝大の学者までぐるになって事件を隠蔽・矮小化しようとしたのだ。

近代日本の柱は軍事だった、と本書を読んで気づく。そもそも幕末の日本を驚愕させたのは欧米の軍事技術であり、まっ先に習得しようとしたのも軍事技術だった。明治新政府の中心となった薩長の藩士は、日本で唯一、欧米の軍隊と戦った経験があった。

戦後も軍需産業は引き継がれた。いまや日本の防衛予算は世界屈指だ。自民党や産業界、官庁が原発に固執するのもそれが軍事隣接だから。

だが、その欺瞞に満ちた近代も、急激な人口減少によって終わろうとしている。

評者:永江朗

(週刊朝日 掲載)

内容(「BOOK」データベースより)

黒船がもたらしたエネルギー革命で始まる近代日本は、国主導の科学技術振興による「殖産興業・富国強兵」「高度国防国家建設」「経済成長・国際競争」と国民一丸となった総力戦体制として一五〇年続いた。近代科学史の名著と、全共闘運動、福島の事故を考える著作の間をつなぐ初の新書。日本近代化の歩みに再考を迫る。

登録情報

  • 出版社 : 岩波書店 (2018/1/20)
  • 発売日 : 2018/1/20
  • 言語 : 日本語
  • 新書 : 320ページ
  • ISBN-10 : 4004316952
  • ISBN-13 : 978-4004316954
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 44個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
44 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年11月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年8月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年2月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
87人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年3月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年6月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年3月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年3月4日に日本でレビュー済み
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年4月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告