この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

近代の復権―マルクスの近代観から見た現代資本主義とアソシエーション 単行本 – 2001/2

5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 3,239
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

マルクスの全体系が「疎外論」はじめ極少数の図式から構成されていることを明らかにし、そこから、近年の世界的市場化がマルクスの展望の百年ぶりの復活を意味するという、左翼的常識をくつがえす世界像を導く。そして現代における協同的代案の道を根拠づける。 --このテキストは、オンデマンド (ペーパーバック)版に関連付けられています。

著者からのコメント

過去一世紀の封印を解いて今マルクスが蘇る  のっけから「新自由主義は歴史の進歩」などと書いてケンカを売っていますが、もちろん筆者は新自由主義者でもブレア主義者でもありません。本書ではマルクスの全体系を疎外論の統一的図式から読み解いています。つまり、権力や市場や因習のように、全体的なことが個々人の外に遊離して逆に個々人を支配・抑圧すること、これが「疎外」で、マルクスはこれを無くし、全体的なことが個々人の合意に服す自由社会を目指したわけです。このためには個々人が合意可能なよう普遍化せねばならず、これをもたらしたのが近代資本主義の発展である…このようにマルクスを解釈すると、重工業化後の20世紀は個々人が特殊化された、近代からの逆行の時代であって、彼の展望は成り立たなくなっていた、しかしグローバル化・IT化を進める現代資本主義は再び世界の普遍化をもたらしマルクスの展望を復活させる、とこのように見ることができます。しかも19世紀の単純労働者化という「喪失による普遍化」ではなく、我々の主体的取り組みによっては、もっと高次元の「獲得による普遍化」が可能である、それが労働運動の世界的連帯や各種協同組合、NPO、NGO等のネットワークで創られていくものだ、と論じています。最終章では、これらのネットワークで活動する人々が組織や運動の変質を避けて新しい社会を創っていくために必要なエートスが、唯物史観を進化論的に再解釈することで与えられるのではないかということを論じています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 264ページ
  • 出版社: 晃洋書房 (2001/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 477101227X
  • ISBN-13: 978-4771012271
  • 発売日: 2001/02
  • 梱包サイズ: 21.3 x 15.7 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 952,443位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2011年6月26日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2001年6月13日
形式: 単行本
0コメント| 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2012年3月9日
形式: 単行本
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。sony eマウント レンズsony lens