Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 56の割引 (9%)

(税込)
ポイント : 113pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[竹良実]の辺獄のシュヴェスタ(1) (ビッグコミックス)
Kindle App Ad

辺獄のシュヴェスタ(1) (ビッグコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.3 15件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 辺獄のシュヴェスタ(ビッグコミックス)の4の第1巻
その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
Kindle版, 2015/7/10
¥ 540
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 1

紙の本の長さ: 218ページ

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ



商品の説明

内容紹介

16世紀、神聖ローマ帝国。
罪なき賢者が「魔女狩り」という名の迫害に遭った時代。
魔女狩りを指揮する修道会の処刑で
家族を失くした「魔女の娘」エラは、
魔女の子供達を集めた女子修道院に収容された。

激流のごとき変革の刻。
聖母を形どった拷問具「鋼鉄の処女」と共に辿るエラの苛烈な運命を描く、サバイバル歴史大作…!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 67074 KB
  • 出版社: 小学館 (2015/6/12)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B010NPJTXU
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
粗筋等からは一見「魔女狩りをネタにした中世暗黒ファンタジー」と見えますが、実態としてはよくある寄宿舎モノに、残酷フレーバー味付けした作品になるかと思います。
また魔女狩り時代の欧州を舞台にしてはいるものの創作要素がかなり強く、実質的には「歴史モノ」というよりは「中世”風”ファンタジー」なので、その点にも注意。
魔物や魔法は出てきませんが、例えばベルセルクのような「史実をモチーフにしたファンタジー世界」と考えた方が良いかと思います。

それらを踏まえたうえで、ストーリー展開には要素としてかなりシビアなものが含まれるものの、描写がネチっこくないので意外とすっきり読めます。
第一巻はプロローグ的な話なので、二巻以降にどうなっていくか。特に、寄宿舎モノが陥りがちなマンネリにならないかどうかが注目するところです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
主人公・エラのキャラ造形がいいですね。
異常とも映るような意思の強さと、たびたびかいま見える 、未成熟な精神性との配分が絶妙です。
それを折らんとする残酷な難関の数々は、目をそむけたくなる位視覚的に「痛い」絵面ですが、それでも読ませてしまうのは、
果敢に立ち向かうエラの姿が、そのまま物語を推し進める力に変換されているからだと思います。

ただ残念なのは話構成に惜しさを感じる部分が多い事ですね。
話の流れが詰まりすぎて読みづらさを感じる冒頭と、大目標が明示されているものの、中、小目標が描かれず宙ぶらんに感じる修道院での話展開は特に目に付きました。
新人離れした描力の割に、続く話を読みたい、とあまり思えなかったのは、こういった部分から来ているのかもしれません。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
魔女狩りの犠牲者の子供たちはどこへ行くのか?ということがフォーカスされたお話。少しだけ救いのあるシーンがあってもすぐに地獄に叩き落される感覚を読者は味わうことになり、それが連続するけれども、主人公が強いので苦にならない。これは理不尽さとの戦いでもあり、作者の巻末コメントの熱の説得力になっている。読んだあとに強くなれる!

個人的には、仇敵のエーデルガルトとその騎士ザシャが魅力的に描かれており、単純な勧善懲悪でないことを予感させているのが好印象!
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
少し恥ずかしいですが、漫画を読んで興奮して寝付けなくなったのは子供のとき以来です
ものの見事に作品に「飲まれ」ました

「お前ただ残酷な場面が描きたいだけじゃね?」と言いたくなるような漫画作品が最近は多いように思います
でも本作品は明らかにそれらとは違う
残酷な場面ではなく、残酷な場面で闘う人間を描きたいという作者の強烈な思いがひしひしと感じられます
お薦めです
できれば私がそうしたように、3巻まで一気読みすることを強くお薦めします
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
時は中世神聖ローマ帝国時代、舞台は女性修道院。
育ての母親を魔女狩りで奪われた、過酷な運命を背負う少女エラ。
そこに立ちはだかる、修道会率いる総長エーデルガルト。
総長を信奉する魔女狩りを行った修道会審問官ヴィルケ。

圧倒されるこの作品で目撃するのは、瞬きのできないストーリー、2人と周辺を色づけるキャラ、それらを表現するデザイン、画力。
どれをとっても帯通りの「超弩級!大型新人」である。今後小学館を、そして漫画界を牽引する作家になって欲しい。そう願わずにはいられない。

打ちのめされる物語の魅力、有する棘と美しさ。想いの強烈さにヤケドするなかれ。
拷問具「鋼鉄の処女」の行方から目が離せない。3年後、運命はどちらに味方するのか。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
表紙の女の子の目に力がこもっていたので、気になったので手に取りました。
中世ヨーロッパが舞台のお話。中世ヨーロッパというと、ベルサイユのばらとかの
華やかなイメージがあるが、「魔女」というキーワードが出てくることで一気に暗黒の香りが漂う。

主人公エラは口減らしで親から捨てられた女の子。
だが、心優しいアンゲーリカという女性に救われたことで、幸せを手に入れる。
その幸せもアンゲーリカが「魔女」として捕まってしまうことで終わってしまう。
魔女の子として特殊な修道院で生活することを強制させられてしまう。

という物語。・・・予想できたとはいえ、アンゲーリカの処刑など目を背けたくなるような
展開でやっぱりこの時代はキツイなぁと思った。
ただ、主人公のエラは体は小さい少女だが、バイタリティ溢れていてとても勇気があるし、
困難に立ち向かってる様は見るものに勇気を与える。

今後の展開も楽しみな作品だ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover