通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
辺境・近境 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 折り目あり。★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

辺境・近境 (新潮文庫) 文庫 – 2000/5/30

5つ星のうち 4.5 41件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 800
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 594 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 辺境・近境 (新潮文庫)
  • +
  • 雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行 (新潮文庫)
  • +
  • 遠い太鼓 (講談社文庫)
総額: ¥1,890
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

久しぶりにリュックを肩にかけた。「うん、これだよ、この感じなんだ」めざすはモンゴル草原、北米横断、砂埃舞うメキシコの町……。NY郊外の超豪華コッテージに圧倒され、無人の島・からす島では虫の大群の大襲撃! 旅の最後は震災に見舞われた故郷・神戸。ご存じ、写真のエイゾー君と、讃岐のディープなうどん紀行には、安西水丸画伯も飛び入り、ムラカミの旅は続きます。

内容(「BOOK」データベースより)

久しぶりにリュックを肩にかけた。「うん、これだよ、この感じなんだ」めざすはモンゴル草原、北米横断、砂埃舞うメキシコの町…。NY郊外の超豪華コッテージに圧倒され、無人の島・からす島では虫の大群の大襲撃!旅の最後は震災に見舞われた故郷・神戸。ご存じ、写真のエイゾー君と、讃岐のディープなうどん紀行には、安西水丸画伯も飛び入り、ムラカミの旅は続きます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 301ページ
  • 出版社: 新潮社 (2000/5/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101001480
  • ISBN-13: 978-4101001487
  • 発売日: 2000/5/30
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 52,791位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 loveirvine 投稿日 2016/11/29
形式: 文庫
‪村上春樹の小説はちょっと苦手でエッセイとか紀行文の方が好き。この本では「アメリカ大陸を横断しよう」、もうあのおんなじ風景がずっと続いてホテルやレストランも似たようなチェーン店ばかりで食べ物も同じようなものばかりというのがリアルに分かりすぎてニヤニヤしてしまった。多分海外に暮らした経験とか考え方とか似ている部分がたくさんあるのか(;ω;)著者のエッセイを楽しめるかどうかに大きく影響している気がする。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
村上春樹さんの本はほとんど読んだけど、久しぶりに手にとってみたのがこの本。
やはり不思議な魅力がある。

不思議な魅力、と言ってしまうのは簡単だけれどそれを人に伝えるのはすごく難しい。
比喩を含めた様々な表現の仕方がツボにはまる、というところか。
本書で言えばプラスして所々に挿入されている写真や絵が、実際旅に出ていない私を
刺激し、あたかもその場でうどんを食べているような気分にさせてくれる。そういった
意味では村上春樹アテンドの旅行番組のようだった。
肩を張らず自然な雰囲気で旅を楽しめた。

そういう意味で人を旅に出た気分にさせる村上さんはすごい、と思う。
最後に彼自身も言っていたが、旅に出た事実、見たことをそのまま伝えるだけでは読者は
満足しないし、楽しめない。そこに"村上春樹の視点"が入ることによって読者は楽しめるのだ。

ここ何年かの間に海外旅行に行く人の数は減り続けているようだ。
経済的な問題もあるかもしれないが、村上さんのおっしゃるとおり私たちは、数多の旅番組、
旅雑誌、多くの写真やテレビ番組から"辺境"なんてモノは既にないと悟ってしまったのではないか。
そして"疲れる"旅に買い物をしに行くくらいなら、ど
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 旅行記はむずかしい。
 あまりに私的なことを長々と書かれても辟易するし、かといって、単に見たものを淡々と書き連ねられても退屈なだけだし・・・・。
 多くの場合(特に3流作家に多いのだが)、「何故この程度のことで、ここまで大仰に驚いたり、感動したりするの?」と、あきれる場合が多い。

 その点、この本は、ノモンハンのような「辺境」も、讃岐うどんや神戸のような「近境」も、それぞれに抑制のきいた記述にもかかわらず、その場の臨場感を見事に表現している。
 私は、メキシコの濃密な空気や、讃岐うどんの店のたたずまいやうどんののど越し、ノモンハンの戦争の残骸と草原の空虚感などに浸りながらこの本を読んだ。

 この本は、観光ガイドブックではないので、出版から年数を経ても、古くはならない。むしろ、訪れたその一時点の現実を見事に切り出して文章に定着させていることで貴重な記録になっている。

 不思議な魅力をもつこの本。
(人によって感じ方はさまざまであろうが)、一読に値する、魅力的な本だと思いました。 
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
作家、村上春樹氏の移動と滞在の記録。

アメリカ、メキシコ、ノモンハン、讃岐うどん、無人島、神戸。

こうして並べてみると不思議な気もするのだが、

語っているのは村上氏一人である。

決して同じような語り口でなく、

対象に即して、異なったかたちで、かつ、実感を通して。

この本の中には、確かにその場所の空気があり、日差しがあり、

匂いがあり、うどんがある。

私には「讃岐・超ディープうどん紀行」が一番リアルだった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
村上春樹の紀行は、ものすごい辺境に行っても、まるで近所を訪ねるかのような飄々とした感じが、どこか漂う。内モンゴル、しかもノモンハン周辺なんて、ものすごい辺境ですよ。タフな旅であることは書かれているけれど、どこかとぼけている。そこにはいつものムラカミがいる(ノンフィクションライターの紀行が、たいしてタフでもないのに自分がどれだけ凄まじい冒険をしたかということばかり書き連ねるのと正反対だ)。そして、相変わらずよくものを見ている。たとえば以下の一節「中国人の建築家には、建てたばかりのビルをあたかも廃墟のように見せる特異な才能があるようだ」←中国に行った経験のある人なら誰しもうなずけるでしょう。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー