中古品
¥ 101
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

輸入学問の功罪―この翻訳わかりますか? (ちくま新書) 単行本 – 2007/1

5つ星のうち 3.9 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 98
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 哲学| 哲学用語図鑑や倫理学など、幅広いジャンルの本をラインアップ。哲学の本ページへ。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

難解な思想・哲学書の翻訳に手を出して、とても理解できないと感じ、己の無知を恥じ入る。そんな経験はないだろうか。読者をそのように仕向ける力の背後には、じつは日本の近代化における深刻な問題が控えているのである。カント、ヘーゲル、マルクスの翻訳の系譜とそこに反映された制度的拘束をあぶり出し、日本の学問と翻訳の可能性を問う。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

鈴木/直
1949年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程退学。東京医科歯科大学教養部教授。専攻は近代ドイツ思想史・文学。現在は、ジンメル、ハーバーマスの翻訳の他、近代化における文化干渉の問題に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 237ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2007/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480063420
  • ISBN-13: 978-4480063427
  • 発売日: 2007/01
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 202,972位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 私は以前から翻訳に関心をもっているのだが、所謂、ベンヤミン系の逐語訳論というのにどうも違和感がある。原著者が、ベンヤミンと同じ考えならいい。だが、大半の人は、自分のいいたいことを伝えるために本を書いているはずだ。それに、「優れた逐語訳」というのをどうもあまり見たことがない。

 本書の著者は、ドイツ思想・文学の研究者。中心となっている主題は、哲学書・思想書の翻訳が、何故あんなにもわかりにくいのかということ。そして、そこに端を発し、近代性論や社会論へと広がっていく。『資本論』の翻訳史に始まり、ドイツと日本における近代化や教養主義とその問題点。カントやヘーゲルの翻訳における問題点の具体的な指摘などが論じられる。

 結論からいえば、著者の主張の総てに賛同するかどうかはともかく、大変興味深く、重要な本であると思った。非常に鋭い議論が多くある。例えば、ドイツの教養主義に内閉性があり、現実的なフランス近代小説と好対照であること。そのドイツに強い影響を受けた日本の教養主義がもつ問題点。周知の通り、これは、近年の論壇で、最も話題となっている点の一つだ。

 特に、中江兆民などが主に紹介した自然権・社会契約思想が日本に全く根づかず、今にいたるまで禍根を残しているという指摘には同感だ。福沢諭吉的な、実学=非政治性というラインができあがって
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 タオ 投稿日 2007/3/6
形式: 単行本
おもしろかった。哲学の翻訳の現場にいるものがつぶやかざるをえないことだけれども、ほとんどの場合、ひっそりとした孤独なつぶやきで終わってしまう、そうしたことをここまで活字にしてくれたのが、うれしい。こころから応援します。なので一言。ヘーゲル用語でふつう「対自」と訳される fuer sich ですが、辞書を見てもわかるように、自分と向き合う、とか、自覚、という語感はこの言葉にはないようです。むしろ、自分ひとりで、とか、自分のちからで、というニュアンスの日常語です。それは英語の for oneself とかフランス語の pour soi でもいっしょです。確かに直訳すれば「対自」だし、なぜこのことばが、自分のちからで、という意味をもっているのか、ということは考えなければならないことであるわけですが、ほんとに「対自」という訳語でいいのでしょうか。ひょっとすると「誤訳」かも。それにしても忘れてはならないのは、フツーのドイツ人にはヘーゲルは読めないということです。それをニホン語に訳してフツーのニホン人に読めるようにするということに無理があるのかもしれないと思う今日このごろです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
岩波文庫を読みにくいと感じたことはないだろうか?

というか何を言っているのか分からないということはないだろうか?

本書は、そんな疑問に日本近代史を織り交ぜながら応えてくれます。

「哲学書が分からないのは、自分のせいじゃないんだ!」

と、勝手に励まされてしまいました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者はカント、ヘーゲル、マルクスの翻訳だけから輸入学問全般の歪みを引き出してくる。かつて岩波文庫には落合太郎によるデカルトの名訳があった。ツァラトストラの訳はどれも(手塚訳、秋山訳)読みやすいが、岩波の氷上訳が最高でないか。すると象牙の塔の権威主義/教養主義の元凶は哲学書の翻訳一般ではなく、ドイツ哲学の翻訳に現れる異様な文体に求めるべきでないか。(山田盛太郎の日本資本主義分析も同様な文体だが、労農派の猪俣津南男が書いたものは違う)。なぜ、19世紀ドイツ哲学だけがそうなのか、内在的な検討がほしい。

 精神現象学の訳については「即自且対自」の訳をまちがった訳ではない、として消極的に支持しているが、それこそ象牙の塔に安住する姿勢でないか。コンテクストから切り離されたわずか2行の訳しぶりを根拠に長谷川訳、牧野訳全体の性格を論うのはどうかと思う。この箇所について著者自身の模範訳を提示するのが先ではないか?
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぽん 投稿日 2007/1/24
形式: 単行本
 翻訳のあり方について、二つの価値ある意見が述べられていると思う。

 ひとつは、おもに、翻訳をとおして外国語の文献に接する読者に向けられたメッセージ。つまり、もとから難解な本が難解なのは当然としても、翻訳が悪いために読めない代物になってしまっている本が沢山あるということ、だから、そのような本を理解できなかったとしても、それは読者のせいではなくて、翻訳者のせいかもしれないということ。よく分からない本を有りがたがるのは悪しき権威主義の温床かもしれないのだ。

 もうひとつは、翻訳をする側の人に対する、あるべき翻訳のあり方についての提言。原文の構造を再現することにこだわる必要はない、読者の視点から訳文を再解釈することで練り直す必要性など、詳しくは本書を読んでいただきたい。

 翻訳に関して批判的意見をいうのは憚られるから(つまり、そういうお前の翻訳はどうなんだ、と言われるのが怖いから)、著者のように翻訳に熟達した人が意見を公表することは貴重だ。著者が提案する翻訳方針が、翻訳に携わるこれからの世代の研究者のなかに根付くことで、輸入学問の功罪の「功」の側面が、もっともっと出てくるようになって欲しい。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー