輪廻 プレミアム・エディション [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 Rabbit Leap
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ディスク、ケース、ケースカバー、リーフレットの出品になります。盤面に目立つキズなく非常に良い状態です。こちらの商品はアマゾン専用在庫です。amazon配送センターより出荷されます。お急ぎ便、ギフトラッピング対応。コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い・代引き、コンビニ受け取りサービスをご利用できます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,820
通常配送無料 詳細
発売元: ドレミセレクション
カートに入れる
¥ 2,823
通常配送無料 詳細
発売元: BOOK OF FRIEND
カートに入れる
¥ 2,980
通常配送無料 詳細
発売元: オンラインレコード兵庫店 年中無休24時間営業中
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

輪廻 プレミアム・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.6 68件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 2,735 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,341 (46%)
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、激安CD DVDアウトレット専門店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 2,735より 中古品の出品:11¥ 480より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 輪廻 プレミアム・エディション [DVD]
  • +
  • 感染 プレミアム・エディション [DVD]
  • +
  • 予言 プレミアム・エディション [DVD]
総額: ¥6,078
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 優香, 香里奈, 椎名桔平, 杉本哲太, 小栗旬
  • 監督: 清水崇
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2006/07/14
  • 時間: 96 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 68件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000FBFRSE
  • JAN: 4988102253936
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 64,880位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   清水崇監督が、ホラーの才能をいかんなく発揮した1作。35年前にホテルで起きた大量無差別殺人事件が、映画化されることになる。その製作過程がドラマとなって進んでいくのだが、主演女優に抜擢された渚が、撮影が進むにつれ、35年前の事件と奇妙なつながりを感じ始める。タイトルが表すとおり、渚だけでなく、複数の人物が前世の記憶に苛まれる、サスペンスフルな物語だ。
   35年前の事実と製作中の映画のストーリーが交錯するうえに、夢か幻覚のような場面もかぶさる。クライマックスで、この3つの世界が交わるのだが、ここに清水監督の天才ぶりを実感できるだろう。近年のホラーは、結末がどんなに意外でも、新鮮さを感じるのは稀だが、本作は、その点もクリア。ラストは、静かな恐ろしさに加え、驚きも満点だ。もちろん、夜道を走るトラックの運転手が味わう恐怖など、正統派ホラーらしい演出も完璧。中盤までは目立たないが、後半での優香の狂気の表情は、彼女のイメージを変えるほどの凄まじさである。ホラーであると同時に、映画製作の舞台裏が楽しめるのも本作の特徴。(斉藤博昭)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「呪怨」シリーズの清水崇監督が手掛けたJホラーシアター第3弾となる輪廻転生スリラー。昭和45年、群馬県のホテルで無差別惨殺事件が起こる。35年後、事件を映画化しようとする映画監督・松村は、主演女優の渚らを連れて現場のホテルに足を踏み入れる。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

すでに多くの方が仰ってることですが、終盤に入ってからの、ストーリー展開の急加速っぷりが素晴らしい。

一瞬で「恐怖の真相」を悟らされた主人公のように、観ている側も唐突に全てを理解することになる。

淡々とした前半からありきたりな展開を予想していた私のような人は、きっと呆然としてその後を見守るしかなくなるでしょう。

「恐怖」より「驚愕」の映画と言ったほうがいいかもしれません。

後々まで引きずるタイプの怖さではないし、必要以上に脅かされることもないので、「ホラーはちょっと・・・^^;」という方でも観れるんじゃないでしょうか。

私はどっちか言えば苦手な方ですが、なんとかなりましたので。

もちろん保証はしませんけど(笑)

腑に落ちない点がいくつかあったので☆は1つ減らしましたが、それも「強いて言えば」という程度。

良作です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 とりあえず「呪怨」の清水監督ということで、どうしてもそのイメージが頭から離れないまま、そしてまたあの恐怖を期待しながら見てしまいます。

 私もそうでしたので、前半は「これはハズレかな…」と思っていたのですが、どうしてどうして、終わってみればかなり満足してエンドロールを見ることができました。

 もちろん単に「怖い!」という点では、徹底的に無差別な「呪怨」の方が上ですが、サスペンスの要素が混じったホラー(というかホラーの要素を入れたサスペンス?)としては十分楽しめる作品だったと思います。

 「癒しの優香」がホラー?それ、どうかなぁ…と少々眉にツバをつけて見始めたのですが、彼女の絶叫も、怯えた表情も思いのほか良かったと思います。

 ほとんどのレビューでも触れられていますが、彼女の後半の恐怖(発狂?)演技は壮絶です。「バカ姫」と同一人物とは思えません。

 作品としては★4つですが、優香の演技でもう一個あげても良いと思います。グラドルからスタート(ですよね?)ですが、もともと演技の才能があったのでしょうか?それとも努力?とにかく間違いなく女優としての彼女の評価を上げた作品ではないかと思います。

 優香の演技のみならず、まず「呪怨」の先入観を捨てて見てみてください。評価できる作品ではないかと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
35年前に群馬県のホテルで起きた大量無差別殺人事件が、映画化されることになり、

その主演女優で父親に殺される少女役として女優駆け出しの杉浦渚(優香)が抜擢される。

しかし映画の撮影が進むにつれ、渚の周りには、殺された少女が度々現れ、

恐ろしい現象が次々と起こるようになる。

渚は殺された少女の生まれ変わりなのか?

前世の記憶と恐怖が蘇ったのか?

そして渚以外の人間も、

女子大生・木下弥生(香里奈)は度々夢に見るホテルと過去の陰惨な事件を知り事件の現場へと赴く、

そして他の人間は何かに取り憑かれ、一人また一人と姿を消していく。

ラストでは、予想もしていなかった意外な結末が待ち受けている。

いつもTVでは笑顔の優香が、恐怖で壊れ引きつっていく表情、演技は見事としか言いようがない。

輪廻転生。

「生き物は、行為を超越する段階(極楽浄土)に達しないかぎり、

永遠に生まれ変わり、生まれ変わる次の生は、前の生の行為によって決定される。」

この輪廻という死を超越した運命になぞらえて、
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
個人的に映画至上、最高傑作といえる。素晴らしすぎる。

ホラー作品だが怖さはさほどでもない。

奇妙な人形の目玉が壊れたり、歩き出したり、とそれくらいだ。

この作品が魅せた部分は「怖さ」の他に「ストーリー構成」にある。

ストーリーが進むにつれて、内容がだんだんと深まっていき、

視聴者を「まさか」といわせるような、いわゆる起承転結の「転」が完璧に作られている。

このストーリーの構築の仕方は今までに見たことがないくらい魅力的だ。

また、主演の優香の演技力にも驚かずにはいられなかった。

バライティー番組などで笑顔を振りまいて活躍する、あの可愛い優香がここまで、狂乱するような演技を巧みに見せられるとは思ってもいなかった。

彼女の演技力は馬鹿にならないことを思い知った。

単純にホラー(怖さ)を求めている人には、おすすめは出来ないかもしれないが、

作品自体のクオリティーを求めている人なら驚愕するだろう。

「怖さ」ではなく「作品の書き方のうまさ」に絶叫せずにはいられなかった。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す