中古品の出品:6¥ 8,449より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

輝ける青春 プレミアム・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:6¥ 8,449より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ルイジ・ロ・カーショ, アレッシオ・ボーニ, アドリアーナ・アスティ, マヤ・サンサ
  • 監督: マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: イタリア語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2006/04/21
  • 時間: 374 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000EGCWCO
  • JAN: 4988102241230
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 54,685位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

2003年カンヌ国際映画祭ある視点部門グランプリ受賞
上映6時間、1日1回上映ながら、本国イタリアはもとより、日本でも興収8千万円の大ヒットとなった壮大な感動作、待望のDVD発売決定!!

イタリアのある家族の涙と喜びに満ちた40年!カンヌ映画祭・ある視点部門グランプリを皮切りに、各国の映画賞を受賞。イタリア・ヨーロッパでも大ロングランとなり、日本でも1日1回上映でありながら、なんと興収8,000万を記録!6時間の贅沢なイタリアへの心の旅をお楽しみください!

◆2003年 カンヌ国際映画祭ある視点部門 グランプリ
◆2003年 ヨーロピアン・フィルム・アワード 監督賞ノミネート
◆2004年 ダヴィッド・デイ・ドナテッロ賞(イタリア・アカデミー賞)最優秀作品賞ほか6部門受賞
◆2004年 ロッテルダム国際映画祭 観客賞
◆2004年 シアトル国際映画祭 監督賞

〈商品内容〉
●DVD3枚組(本編ディスク×2+特典ディスク×1) ●アウターBOX収納

〈映像特典〉
〈特典DISC=DISC3に収録〉
●ニコラとマッテオの語らい(ルイジ・ロ・カーショ×アレッシオ・ボーニ対談)
●ジョルダーナ監督来日時インタビュー
●マヤ・サンサ(ミレッラ役)来日時インタビュー
●予告篇集(計約48分)

〈スタッフ〉
監督:マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ/脚本:サンドロ・ペトラリア、ステファノ・ルッリ/撮影:ロベルト・フォルツァ

〈キャスト〉
ルイジ・ロ・カーショ(「ペッピーノの百歩」)/アレッシオ・ボーニ/アドリアーナ・アスティ(「ルードヴィヒ」)/マヤ・サンサ

内容(「Oricon」データベースより)

6時間を超える驚きの収録時間で、カンヌ国際映画祭・ある視点部門グランプリを獲得するなど、各国の映画賞を受賞した感動長編作品。イタリアの一つ違いの兄弟を中心に、人生での彼ら家族の喜びや悲しみをゆっくりと時間をかけて描く。特典映像を収録したディスク付きの3枚組BOX。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
昨年、知人が劇場で観て、薦められたものです。DVD発売と聞いて、早速購入しました。

誰もが抱く青春の苦悩と欲望と。40年にわたる兄弟を中心としたある家族の物語。人物描写が丁寧なので、それぞれの役柄に感情移入できるし、身近な問題である「出会いと別れ」「幸せと不幸」が織り交ぜられ、時間の長さは気にならない。

最後には他人の家族とは思えなくなってくるよう。

心揺さぶる。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
イタリアの医学生の兄弟が主人公。半世紀に渡っていろいろな土地を移り住み、
女性に出会い愛し愛され、それぞれの人生を歩んでいきます。
愛が芽生える時は幸福で、壊れる理由も見つからない。
しかし何かひび割るようなものを弟と兄の嫁は性格的に持っていて、
いつも自分からつながりを切る方に向かっていきます。

一方の兄は人とつながりを求める役割をします。
弟が捨てたガール・フレンド達と後に心を通じさせるのは兄。
弟は兄のために彼女達を差し向けているかのようにさえ感じられます。

兄と弟は「ニコラ」という一人の人物のようです。
最初のGFはほぼ二人の共有。弟は兄の名前をかたり、
兄がかつての自分のGFと結ばれるのを、弟は祝福するのです。

長い年月違う土地で別々に暮らし、再会した時には無邪気に喜んで抱き合う兄弟。
どんなに愛していても、血縁のある家族と離れていこうとする弟と
そんな弟に似た、性格の難しい女性を選ぶ兄。
つこうとする、離れようとする「家族の血」
弟は他の体に自分の分身を作って、思いを遂げたかのような結論。

淡々とすすむドラマですが、含蓄のある映画です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 marco tulio giordana(マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ)監督による作品、「輝ける青春」は元々ドラマとして撮影されたものであるらしい。そのためか、前編、後編を合わせて六時間もの大作になっている。六時間・・・普通の二時間映画を三回見るのと同じ分量だ。飽きることなく見れるかと心配していた私の不安は、最初の十五分で掻き消されてしまった。この映画は素晴らしかった。

 物語はイタリアの各都市で展開される。ローマに住む若き兄弟は(兄をルイジ・ロ・カーショが、そして弟はアレッシオ・ボーニが演じている)、ある少女と出会った。彼女は精神を病んでいて、人に触れられることを恐れている。三人は旅に出た。パレルモ、トリノ、ノルウェーと、様々な土地が彼らを受け止めてくれるのだ。
 イタリアには有名なフランシス・コッポラ監督がいる。彼は「ゴッドファーザー」シリーズによってシチリアマフィアの年代記を描いたが、今作もどこか似た部分がある。一つの家族を基盤に物語は進み、ある時は離れ離れになり、また、ある時は再会の喜びを分かち合う。数十年という時間軸に寄り添って観客はあるイタリアの家族の歴史を目撃することになるのだ。
 また、もう一つの特徴を挙げるとすれば、俳優陣の豪華さだ。話の中心となる兄弟二人はどちらもこれから世界的に有名になりそうな気品が
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Dukas 投稿日 2010/9/28
舞台は1960年代から2000年に入ったところまでのイタリア。
中流階級出身の二人の兄弟を主軸に据え、その家族や友人の連帯を背景に、6時間にわたって描かれたドラマ。

家族の連帯というと、ややもするといろいろなものを押し殺したうえで成り立つもののように思えてしまうけれど、この映画の舞台となる家族は、互いにいたわりあうことがあっても、お互いの意志や感情を大切にしている姿が印象的だった。 相手が自分の思い通りにならない、と言う点では「寂しさ」と裏表なのだけれど、それを超えて初めて手に入るものがあると自然に思えるような、気持ちのいい映画。

けれど、そのいたわりも、人間の営みである以上、時には過ちもあり、また時に無力さをさらけ出す。「純粋な」社会を求めて、家族を捨ててテロリズムによる社会変革に身を投じてしまう、主人公の妻ジュリア。 寂しさと愛情とを純粋な形で求め続け、そのために周りの人々を傷つけていることに自覚的な主人公の弟マッテオ。不条理と、それに向かい合う二つの人間の型を丁寧に描き続ける、古典的で現代的な佳作だった。

そうしたことに不満はないけれど、同じ俳優が、20代前半から60代までを演じ続けるのは苦しいかな。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す