軽蔑 ディレクターズ・カット [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【国内正規品】レンタル中古品でしたが、 新品のケースに交換済です。 内容は、新品ケース1枚、DVD1枚(本編136分)です。特典類・ブックレットなどの付属品はありません。 (内容物は写真でも確認できます) 【ディスクについて】 再生に問題はありません。 レンタル中古品の為、 多少のキズや、ディスク、ジャケットに管理シールが貼って有ります。 【発送について】 AMAZON配送センター管理の為 品切れがなく、防水包装などをしてすぐに発送します! (注文完了後、通常24時間以内) コンビニ受け取りも対応しています。 【支払いについて】 代金引換、お急ぎ便、コンビニ、ATM、ネットバンキング、電子マネー払いも可能です。 【プレゼント対応】 ギフト包装、ギフトメッセージにも対応しています。 【お問合せ】 万が一、違う商品が届いたり、商品の不具合や、 シーン途中でフリーズ等ございましたら、 取引完了の評価をされる前に、注文履歴→出品者に連絡する、から、 当店に状態などをご連絡ください。 迅速にメールにて折り返しのご連絡をさせていただきます。 内容を確認次第、商品の交換、返品、返金などの対応をさせていただきます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,910
通常配送無料 詳細
発売元: ドレミセレクション
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

軽蔑 ディレクターズ・カット [DVD]

5つ星のうち 2.6 29件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,914 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,162 (23%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 3,910より 中古品の出品:8¥ 1,180より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ軽蔑¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 軽蔑 ディレクターズ・カット [DVD]
  • +
  • 愛の渦 [DVD]
総額: ¥6,787
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 高良健吾, 鈴木杏, 大森南朋, 小林薫, 蒼井そら
  • 監督: 廣木隆一
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 角川書店
  • 発売日 2011/11/04
  • 時間: 145 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 29件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004U4QVNW
  • JAN: 4988111241047
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 92,270位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

世界は二人を、愛さなかった。
この世に軽蔑されても、愛さずにはいられない
破滅的で、命がけの純愛




◆子役出身の正統派イメージを払拭!一皮むけた演技派女優・鈴木杏が魅せる体当たりの演技が話題に!!

◆劇場公開時にやむなく削られたシーン約10分を再編集し、復活させたディレクターズ・カット版!

◆映画・ドラマに引っ張りだこ!若手演技派、高良健吾 主演!!

◆純粋で不器用な若い二人が、愛し合うほどに引き裂かれていく-破滅的だけど命がけのピュアな恋愛!

◆『余命1ヶ月の花嫁』『雷桜』…、恋愛映画の名手・廣木隆一監督の集大成!

◆芥川賞作家中上健次原作による異色のラブストーリーが遂に初映像化!

【ストーリー】
夜の街で欲望のままに生きる男・カズと、歌舞伎町でダンサーとして生きる真知子。孤独な二人は一瞬で恋に落ちた-。
衝動的なカズの情熱に流されるまま、二人はカズの故郷で新しい生活を始める。まじめに働くことを知らず、好き勝手に生きてきたカズは地方の資産家の一人息子だった。
「ここじゃ、五分と五分でいられない」愛すれば愛するほど、運命が二人を隔てていく…。

【キャスト】
高良健吾
鈴木杏
大森南朋 / 忍成修吾 村上淳  根岸季衣 田口トモロヲ / 緑魔子 / 小林薫
小林ユウキチ 日向寺雅人 蕨野友也 山田キヌヲ 蒼井そら

【スタッフ】

原作:中上健次
監督:廣木隆一
脚本:奥寺佐渡子



*2011年6月4日公開の「劇場版(本編136分)の販売予定はございません。ディレクターズ・カット本編のみの販売です。
*仕様などは変更する可能性もございます。ご了承ください。

(C)2011「軽蔑」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

中上健次の遺作を廣木隆一監督が映画化。夜の街で欲望のままに生きるカズと歌舞伎町でダンサーとして生きる真知子の破滅的でピュアな恋愛を描く。衝動的なカズの情熱に流されるままに、ふたりはカズの故郷へ向かう。ディレクターズ・カット版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ストーリーが異なるだけならまだしも、原作の世界観までも変わっており、厳しいですが同じタイトルの別の話かと思いました。たしかにこの物語を2時間に収めるのは難しいとは思いますが、不要な場面はけっこうあると思う。それならせめて、熊野の地をもっと色々みせてほしかった。役者は良かったです!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
新宿のバーでポールダンスを踊る女と、そこを縄張りにしているヤクザの子分の男。
そんなふたりが恋に落ちて逃避行する・・・・のだが、着いたところは男の新宮市の実家。
小林薫演じる父親はまずまずの成功者らしく、当然ふたりの恋愛には反対する。

この時点で「逃亡劇」ではないことがわかる。
鑑賞前はヤクザに追われてダイナミックに逃げ回る「ニューシネマ」のようなふたりを
予想していたのだが、現実はもっと生活感があるものだった(笑)。

高良健吾は「蛇とピアス」とか本作のような眼光鋭い「ワル」から、引き籠りの「お兄ちゃんのハナビ」
「白夜行」まで幅広く演じられる俳優だ。どちらに振れてもしっかりと溶け込めるのが強みだろう。
今回も行き場のない感情を上手く表現していた。

鈴木杏も「花とアリス」から比べるとビックリするくらいの挑戦だったが、頑張っていたとは思う。
ただし、ポールダンスはソロで演じさせた方が良かったかもしれない。両端の外国人ダンサ−のほうが
背も高くてキマっていたからね(笑)。
一糸纏わず、というシーンもメイキングで「全く気にならなかった」と語る通り、十分に色っぽかった。

大森南朋も凄みのある「ワル」を演じ、緑摩子も
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
なぜこの話を映画化そたのだろう。Vシネマならともかく...
人物に感情移入できず、見ていられなくなった。
特に鈴木杏は、演技力はある女優だと思っているが、
ビジュアルがゴツくてポールダンサーという役には合わないと思った。
ヌードのシーンも、体に対して頭の大きさばかり気になってしまった。
高良健吾が痩せすぎているから余計に強調されてしまった。
鈴木杏は脱がない方がミステリアスでよかったのにと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ
血だらけになるシーンは
なかなかリアリティありますが、
演技に頼りすぎて細かい配慮が
足りていない気がしました。

全体的には
良かったと思います。

最後の最後で
もったいなかったですが!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 皆さん書いてらっしゃるのですが・・・、これは駄目です。何より脚本が駄目で、演出もだめ。どのシーンも、少しずつ散漫で、編集で切り詰めたら生み出せそうな緊迫感が、どこにも全然無い。
 真昼間の商店街に人っ子一人いなくて、全ての店にシャッターが下りている、とか、明らかな晴天に人口雨を降らせてるから、土砂降りの雨に降り込められているのに、雨の向こうの人物は、見事に明るい日差しが照らしているとか、・・・二人のセックスシーンも、あのねぇ、それじゃ挿入出来てないでしょという位置関係で腰だけ動かして声を出されてもねぇ・・・。また、舞い戻った歌舞伎町、袋叩きにあったはずのカズが、何で踊り子一人の楽屋に、それほど傷まない状態で入って来てるの?それに、それ、許すのなら、フクロにしなくていいでしょ・・・とか。
 この映画には、ぎとぎとしたリアリティが必要なのに、そんな風に、随所に興ざめな偽物が見える。

「何でお前だけみんなに愛されるんだ・」なんてセリフを吐かせたかったら、そのセリフにリアリティを持たせることだけを目指してこの作品を組み立てなくちゃいけないでしょ。そういう積み重ねが全然無くて、そこだけそんなこと言っても・・・。安物のテレビドラマの、その中でも駄作みたいなシーンだった。
 シナリオが、そのシーンに象徴されるように、見事にお粗末なんだ。
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
_
高良健吾はカッコイイし、 鈴木杏も体当たり演技で最高だ。
日本の田舎の風景も素敵だし、封建的なところの見せ方も上手いと思う。

ただ最悪だったのがラブシーン。
映画に浸っているのに
突然三流ピンク映画のようなラブシーンが始まりドン引き、しかも結構な時間続く。

監督はリアリズムをとりたかったみたいだが
演出なきリアリズムは素人ビデオ未満で興ざめだ。

ちなみに「ラスト、コーション」という映画の中には演出されたラブシーンがあったが
映画の脚本にマッチしていたため違和感が無く効果的に使われていた。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー