中古品
¥ 949
中古品: 良い | 詳細
発売元 take book
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし、カバーに多少のスレキズありますが状態は概ね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

転生―古代エジプトから甦った女考古学者 単行本 – 2007/11/21

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 533

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

私はファラオの愛人だった! 3000年前の記憶を持った女性の驚くべき人生。



20世紀前半、英国に生まれたドロシー・エディーは、自分の前世が古代エジプトの巫女であったことを知り、昼は厳正なエジプト学者としての評判を高めてゆく一方、夜になると幻視を通じて過去の記憶に入っていった。ついにナイル渓谷にあるアビドス神殿に住みつき生を終えた女性の特異な転生体験を辿る異色ノンフィクション。

内容(「BOOK」データベースより)

20世紀前半、自分の前世が古代エジプトの巫女であると知ったドロシー・イーディーは、昼は謹厳なエジプト学者として評判を高めてゆく一方、夜になると幻視の世界に入っていった。ついにナイル渓谷にあるアビドスの神殿に住みつき、生涯を終えたイギリス人女性の軌跡を辿る異色ノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: 新潮社 (2007/11/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4105057316
  • ISBN-13: 978-4105057312
  • 発売日: 2007/11/21
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 14.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 144,159位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
イギリス人の少女ドロシーは小さな頃からエジプトに引き寄せられてゆく。学校よりも大英博物館が好きで、ロンドン爆撃の中何よりも心配だったのは大英博物館・・・と書くと考古学者誕生物語のようですが、全然ちがうのです。後にヒエログリフを読み、確かな知識を身につけ、セリム・ハサンやアハメド・ファクリーなどエジプトの伝説的考古学者のアシスタントをしていた女性は古代エジプト19王朝のファラオ、セティ1世の愛人の生まれ変わりだった、という・・・と書くとただのオカルトもの?と思われてしまいますが、それも全然違うのです。
1989年に英語版が出版され各国語でベストセラーになっていた本が、やっと日本語で読めるようになりました。正直言えば、英語の本が出たときに少し読んでみました(途中でギブアップ)なにせ英語版表紙がきわめてブキミなので、トンデモ本と思いしまいこんでいました。日本語版読後、そんなふうに勝手に切り捨てていたことをオンム・セティに謝りたいと思いました。セティ1世への献身的な愛に生きたオンム・セティの物語ですが、豊かな古代エジプトの知識を懐に、まさに古代エジプトの世界に暮らした最後の女性のものがたりとも言えるのでしょう。エジプトの歴史をこよなく愛する方々におすすめします。

 私の体験で恐縮ですが、30年近く前のある夏、アビュドスの神殿壁画のあまりの美しさに見とれて、思
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 「本当の自分」は「生きるために世間と折り合っている自分」とはちょっと別モノだ――という気持ちを抱いている人は、べつだん珍しくはないだろう。でも、自分にとって「本当の自分」だと感じられるのが「古代エジプトの巫女」だとしたら、世間と折り合うのはとても難しいことになるのが普通だ。頭がおかしいと思われてしまうだろうし、そう思われたことで実際に心を病んでしまうだろう。
 オンム・セティという人が、自分は現代に転生した古代エジプトの巫女であると確固として信じたまま、健康な心と明晰な知性を保って生き抜くことができたのは、なぜだろう。彼女と出会った人たちにとって、オンム・セティがエジプトの巫女であることが、彼女の思いこみであろうと真実であろうとかまわない、と感じられるようであったのは、なぜだろう?
 答えは、この本の中にある。エジプトの巫女ほど極端な存在でなくとも、ちょっと違う「本当の自分」を心に抱えこまずにはいられない現代人にとって、生きるために必要な知恵が、この本の中に隠されている。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
考古調査で分かることは限られている。現在まで残った遺構が伝える古代の姿は、かつてあったその世界の僅か一部にしか過ぎない。

ケンブリッジのバリー・ケンプという考古学者は、自分たちが行っていることは科学的なフィクションであると語っているが、たぶんほとんどの考古学者は超えることのできない時間の壁を痛感しながら、その前で模索し、想像を働かせている。

しかし、オンモ・セテイはまさに古代エジプト人が信じていたようにその壁を超えてかつての世界をいまに伝えた。

彼女の話が真実かどうかは分からない。しかし、特筆すべきことは、彼女のエキセントリックな行為にもかかわらず、当時のエジプト学の第一人者達がよき友人として彼女に敬意を示し、ともに古代について語っている点である。

エジプト学には超古代文明といったニューエージ的な解釈に対する嫌悪感が存在するが、その一方でなぜウォーリス・バッジ、セリム・ハッサン、ケント・ウィークスなど、現在エジプト学にかかわる人であれば、誰もが知っているような学者達が、オンモ・セティを認めていたのだろう。

たぶんこの本の中に書いてある彼女の語る話しから、彼らが呻吟しながら探索している向こうの世界を感じたからだろう。

ここでは「古代」は夢やロマンに包まれ
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mionori 投稿日 2008/6/5
形式: 単行本
これ、邦題が変なんだよ〜。何でこんな邦題にしたのかしら。原題のままでいいのに。。。転生とか言われたら、とっつきにくい人もいるかもしれないけど、内容は全然そんなんじゃないよ。まあ、確かにオム・セティは古代エジプトで生きていた前世の記憶を思い出してしまったけどね。前世の記憶とかスピリットとかそーいうことが苦手な人でも普通に読めるのではないかな。そこの部分をこうだから!と押し付けるようなことは全然ないし。もちろん興味がある人には一層楽しめると思いますけどね!スイートなラブストーリーだと思います。

古代エジプトの不思議な情報がちょろちょろと見えて、それが私は面白かった。オム・セティとセティ1世の会話をもっといっぱいのせてほしかった。彼女にセティ1世に古代エジプトのことをもっと聞いて欲しかった。スフィンクスのことをちらっと書いていたけど、結局はっきりしなかったし。。。
本人に生きている間、会ってみたかった〜。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック