¥ 2,700
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
軍艦島の生活<1952/1970>:住宅学者西山夘... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

軍艦島の生活<1952/1970>:住宅学者西山夘三の端島住宅調査レポート 単行本 – 2015/6/23

5つ星のうち 4.1 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 2,900

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 軍艦島の生活<1952/1970>:住宅学者西山夘三の端島住宅調査レポート
  • +
  • 軍艦島海上産業都市に住む―ビジュアルブック 水辺の生活誌 (ビジュアルブック水辺の生活誌)
  • +
  • 軍艦島 全景
総額: ¥7,668
ポイントの合計: 231pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2018 大賞作品決定!
大賞は 『SHOE DOG(シュードッグ)』 その他の受賞作は>>こちら

商品の説明

内容紹介

カラー写真でよみがえる、超高密度・構想炭鉱住宅での暮らし。

昭和期日本の住宅学を切り拓いた住宅学者、西山夘三(1911-1994)が、
戦後二度にわたり、「軍艦島」こと長崎県・端島を訪問調査し、
カラーを含む住宅と生活の写真を数多く撮影していたことは、ほとんど知られていない。

本書は、それらの未公開写真を中心に、当時の調査レポートや資料を加え編集し、
活気ある軍艦島の生活を誌上で再現した、貴重なビジュアルブックである。
廃墟となった後の写真、当時のモノクロ写真などはすでに多く公開されているが、
これほど多くのカラー写真が公開される例は非常に珍しい。
また、炭鉱関係者や写真家ではなく、
人とすまいを見つめつづけた住宅学者の視点で残る当時の資料はほぼ唯一と言える。
世界にも類を見ない、高密・高層炭鉱住宅群を、
日常のくらしを見据えた視線で捉えた写真とスケッチの数々は、
日本を代表する炭鉱であった軍艦島の栄華と、
特異な環境に生きる人々の生活を生き生きと伝えている。

さらに本書には、西山夘三・扇田信による調査レポート
「軍艦島の生活―長崎港外、三菱端島炭礦の見学記」(初出、『住宅研究』1954年3月号)
に加え、西山ゼミの卒業生で閉山後も端島調査を続けていた片寄俊秀による論文
「軍艦島の生活環境(その1、2、3)」(初出、『住宅』1974年5,6,7月号)
および「付記・厳しかった端島(軍艦島)の調査」(本書のための書き下ろし)を収録。
1952年・1970年の調査時を中心に、明治の近代化から高度経済成長までを支えた
端島における歴史を、人々の生活の視点からつかむことができる。

ビジュアル資料の貴重さ、ほかにない観点での調査報告など、
軍艦島、産業遺産、近代化遺産を語るうえで見逃せない一書である。

***

【端島(軍艦島)】
長崎県長崎市の沖合に浮かぶ、面積約6.3ha、周囲約1.2kmの小さな島。
海底炭鉱として明治20年から開削が開始され、
明治23年からは三菱による本格的な炭鉱経営が開始された。
戦間期と戦後に二度の高出炭期を迎え、国内有数の優良炭鉱であった端島には、
多くの設備と人的投資が行われ、その結果狭い島内には、
大量の鉱山設備と鉱員用の超高層住宅が迷宮のように立ち並ぶこととなった。
その堂々たる威容からついた呼称が「軍艦島」であった。
また端島はその外観のみならず、全島が三菱端島礦の所有地であり、
会社関係者のみが居住しているという点でも特殊であり、
その特異な条件下での人々の暮らしの様子は、
本書収録のレポートが詳細に報告している。

1974年の閉山以来廃墟の島と化していたが、
その独特な景観美、滅びゆく街並みの美しさから、
一部の廃墟マニアにとって聖地とまであがめられる存在となる。
2001年に三菱マテリアルより長崎市に無償譲渡され、
2009年より上陸ツアーが開始。現在も引きも切らぬ人気を呼んでいる。
また、2015年には「明治日本の産業革命遺産」のひとつとして世界遺産登録され、
世界的にもますます多くの注目を集めている。

内容(「BOOK」データベースより)

カラー写真に残されていた、超高密度・高層炭鉱住宅での暮らし。戦後2度にわたる、端島住宅調査を発掘再編。重厚な調査レポートも単行本初収録。未公開写真9割以上!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 144ページ
  • 出版社: 創元社 (2015/6/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4422700995
  • ISBN-13: 978-4422700991
  • 発売日: 2015/6/23
  • 梱包サイズ: 25.6 x 18.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 173,090位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2016年4月22日
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年1月19日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年9月19日
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年12月17日
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
ベスト500レビュアー
2015年9月16日
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年11月6日
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告