中古品
¥77
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 ayari24
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 希少の古い商品のわりには、良い方です。
この商品は1-Click注文できません。

Kindle版は今すぐお読みいただけます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


軍艦「甲鉄」始末 (新人物文庫) (日本語) 文庫 – 2010/2/5

5つ星のうち3.9 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本 ¥1,980 ¥1,090
文庫
¥77
¥1
お届け日: 8月12日 - 14日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

新政府軍が江戸城をめざして進撃しつつあった慶応四年(一八六八)四月二日、長い太平洋の航海を終えて一隻の軍艦が横浜沖に着いた。フランスで竣工したこの軍艦は、一年前に幕府がアメリカから買い付けた最優秀艦「ストーンウォール」であった。ところが、幕府瓦解後の戊辰戦争のさなかにあって、旧幕府艦隊の旗艦「開陽丸」より強力と見られるこの軍艦に目をつけた新政府は旧幕府との間に水面下で熾烈な争奪戦をくりひろげる…。軍艦「甲鉄」の有為転変の一生を通して、維新史に新しい光を当てた雄渾の大作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中村/彰彦
1949年、栃木県生まれ。東北大学文学部卒業後、文藝春秋に勤務。87年に『明治新撰組』で第10回エンタテインメント小説大賞を受賞。91年より執筆活動に専念し、93年、『五左衛門坂の敵討』で第1回中山義秀文学賞、94年、『二つの山河』で第111回直木賞、2005年に『落花は枝に還らずとも』で第24回新田次郎文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
評価の数 3
星5つ
46%
星4つ
27%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
27%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2019年3月10日に日本でレビュー済み
2011年5月29日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年3月3日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告