¥ 1,620
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
軍事を知らずして平和を語るな がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

軍事を知らずして平和を語るな 単行本 – 2006/10/1

5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 107
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 軍事を知らずして平和を語るな
  • +
  • 日本人のための「集団的自衛権」入門 (新潮新書 558)
  • +
  • 日本列島創生論 地方は国家の希望なり (新潮新書)
総額: ¥3,175
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

石破/茂
昭和32年(1957)、鳥取県八頭郡八頭町出身。慶應義塾大学卒業後、三井銀行(現三井住友銀行)に入行。昭和61年、29歳で鳥取県全県区から衆議院議員初当選、以来7選。衆議院規制緩和特別委員長、運輸常任委員長、農林水産総括政務次官、防衛庁総括政務次官などを歴任し、平成14年(2002)3月、「北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟」会長に就任。同年9月から2年間にわたって国務大臣防衛庁長官を務め、自衛隊のイラク派遣などを指揮。「媚びず、おもねらず、妥協せず。常に国民に誠実であり、国民への説明責任を果たしたい」をモットーに国政で活躍中

清谷/信一
昭和37年(1962)、千葉県出身。東海大学工学部卒。軍事ジャーナリスト、作家。英国の防衛専門誌『Jane’s Defence Weekly』日本特派員。日本ペンクラブ会員。他に小説、PCゲームのシナリオなども手がける。サブカルチャーにも造詣が深い。現在、『月刊サイゾー』誌上で、「キヨタニ暴露ジャーナル」を連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 237ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2006/10/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4584189676
  • ISBN-13: 978-4584189672
  • 発売日: 2006/10/1
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 85,457位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 隣国から物が飛んでくると騒いでいる時に何の準備もせずに他国にお任せのような政治家達、物が飛んで来たら何を持って防ぐのか、竹やりか、役に立たないものが数があれば良いということではないと思います。
 平和ボケした政治家と日本国民、危機感を感じて欲しい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
軍事について語ることをタブー視せず、国の将来を考えるなら真剣に考える必要がある。 今まで争う(戦争)は悪だと教えられ、軍隊を持つことはいけないことみたいに思っていたが、それは全く間違いだ。世界中が日本人なら争いもないかもしれないが、世界はそうではない。
平和ボケした日本人ほど、真剣に国(日本)がこのままだと隣国によって侵されて、国がなくなるかもしれないという危機感を持つべきだ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本音トーク爆裂。軍事に造詣の深い二氏だけに、痛快に面白いだけではなく、ずっしりとした重みもある。日本のいわゆる「平和主義者」は日本人に民主主義は無理と思ってるんじゃないか、とか、「戦争好きと軍事好きは違う」とか、本音トークの中に、わりと根源的な問題提起があって興味深い。細かな軍事ネタ(機種とか)もある。一般の人・防衛関係の人・趣味の軍事好き、皆にとって、さらなる思考のステップ・アップに役立つ書。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
読書が苦手な人、軍事・国防には興味があるけどなかなか専門知識を得られない人、必読です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
おもしろかった。石破さんにもっと興味がでました。
国防にみんなもっと真剣になってほしい
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 まさはる 投稿日 2006/11/18
形式: 単行本
両氏対談の書籍化。

続「国防」といってもいいし、

「国防」と内容はさほど変わらない。

が読む価値はある。

石破氏は左翼(左派野党・左派報道機関)の人達にも危機管理の重要性を訴えているが、

プロ市民(左派の野党議員や左派報道機関)と言うのは平和への信念の主張ではなく、

日本行政の危機管理の機能停止を徹底させるのが目的なので、幾ら説伏せても意味がない。

このことを踏まえて語って欲しかった。

90年代以降の非常事態を目の当たりにしながら、

事故と安全保障を切り離すし都合のいい解釈をする日本人は、

これから、国際社会で生き残れるのかと不安になった。

阪神大震災のように犠牲になってから考えるのはもう御免です。
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告