中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ♪『土日祝日も営業中!!』 ○こちらの商品はクリーニング済みですが若干の汚れ、傷み、日焼けはご了承下さい。 ※当店では24時間以内に佐川飛脚メール便で発送し、その際にAmazon上より出荷通知をお送り致します。 【注意】この商品は店頭でも販売している為、タイミングによっては稀に売切れの場合がございます。その場合はお取引をキャンセルとさせていただきます。予めご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

車掌さんの恋 (講談社文庫) 文庫 – 2008/4/15

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

電車いっぱいに詰まった一期一会の物語。 乗務員室に飛び込んできた少女に心ざわめく車掌、中吊り広告が取り持つ友情、優等生が「きせる」してしまう瞬間……。それぞれの物語を乗せて今日も電車は走る。

内容(「BOOK」データベースより)

いつの間にか乗務員室に入り込んできた女子高生に惹かれる車掌さん、思わず破いた中吊り広告でほほ笑むアイドルが取り持つ少年たちの友情、ボックス・シートでは居心地が悪い秘めた恋の二人、両親の不仲に心を痛めた優等生は改札で呼び止められて…みんながいつも乗っている電車に詰まった5篇の物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 272ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/4/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062760177
  • ISBN-13: 978-4062760171
  • 発売日: 2008/4/15
  • 梱包サイズ: 15 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 745,212位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 淡いピンクの表紙が、はんなりと優しい装丁。5篇からなる短編集です。
 どこかとぼけたような印象のタイトルが示すように、電車にまつわる話が、それぞれ趣を違えながらいい味わいを出しています。
 主人公たちは各編で異なっていて、同じ時、同じ車両内の人々について描いたのではないのですが、全体を通してみると、まるで同車両に乗り合わせたかのように、各主人公の想いや日常のひとこま、人生模様がうまく収まっていると感じられます。
 表題作の「車掌さんの恋」は、忘れがたい過去の恋人への想いと毎日の生真面目な勤務の様子が綴られていくなかに、突如出現するイレギュラーな小事件が、小気味いいアクセントになっています。寸分の狂いもなく行われる車掌さんの業務動作と、過去の恋を逡巡する気持ちが、アンバランスな対比で面白い効果をあげていると思いました。
 中学1年生の太一が、青春時代に突入していく諸々を描いた「中吊り泥棒」は、特徴的な登場人物が脇をかためて、わくわくする展開でしたし、「きせる姫」は、湊(みなと)と尚子、2人の女子高生の友情が現代っ子らしく描かれ、この年代特有の心の揺れが、ある意味爽やかさを誘う話でした。
 
「あみだなの上」が、何と言っても掉尾を飾るにふさわしい好篇でした。
 人生を線路に喩えて語ることはよくあることかもしれません
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
同じ人が乗り合わすことは二度とない、
電車という空間の一期一会の物語。
5編からなる短編小説ですが、
車掌さんから始まり、通学する者、旅行する者、通勤する者と
人はそれぞれ電車との関わり方が違って
それぞれの物語を読者は通りすぎていくという構成。

一つ一つのお話しは、なんてことはない
よくある世間の一こまみたいなお話なんですが、
電車という限定された空間(しかも移動する)にくくると
人生をレールに例える話じゃないけど、
人の生きざまとリンクするってところはちょっとおもしろい。

個人的には、少女二人の友情物語が一番良かった。
青春で泣けるのは、大人になると羨ましい。
社会人になった私は通学列車にはもう乗れないというのも
少し淋しい。

ところで、鉄オタブームは今も続いているのか知らないが
乗り鉄、撮り鉄など細分化していくオタ活動の中で、
読み鉄というジャンルを生み出しても良いのではないだろうか。
時刻表トリックのあるミステリーとか、
有川浩の『阪急電車』とか、意外に電車が舞台の小説は多そう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
日頃から論述書ばかり読んでいたのでたまには文学書でも読もうと思い手にとった本。
なんとなく図書館から見つけたこの一冊
本のカバーは薄ピンク、タイトルも『車掌さんの恋』というなんだか淡い感じ。なのでほのぼの系小説
なのかと思っていたら中身はわりと人間の細かな心情を複雑(?)に描くという手法。いい意味で裏切られました。
ページ数は一般的ですが、文字が大きく読みやすいため、さらっと読めます。
読んでよかったと思える本でした。著者である、有吉玉青氏の作品はこれが初めてでしたので、他の作品も見てみたいと
思える内容でした。

5編からなる短編集です。本のタイトルである『車掌さんの恋』は短編集の中の一つのタイトルです。

'1 車掌さんの恋
'2 中吊り泥棒
'3 ボックス・シート
'4 きせる姫
'5 あみだなの上

5編とも共通することとして、話の舞台に電車が関与しています。
また、'2以外は話の内容として様々な葛藤が描かれています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告