中古品
¥ 142
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付き。カバーに軽い擦れ、1ヶ所に角折れがありますが、その他目立った汚れや傷みはなく、状態は概ね良好です。ご不明な点などありましたらお気軽にご質問下さい。品切れの際は、速やかに返金・返品などの対応をさせて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

身近に亡くなりそうな人がいたら読む本―葬式、お墓、相続…“とんでもトラブル”解決法 単行本 – 2006/5/1

5つ星のうち 5.0 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 94
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

身近な人の死ゆえに、こんなトラブルが必ず起きます。「縁起でもないわ」なんて言っていると自分が被害者になりますよ。<第1章>葬儀社の営業文句に隠された落とし穴。<第2章>葬儀にまつわるこんな問題こんな疑問。<第3章>葬儀の席に必ずいるバカ親戚の大迷惑。<第4章>戒名、遺影に振り回される俗世の人間。<第5章>お墓、埋葬。永眠するのは故人のはず。<第6章>相続の前から故人の財産が悩みのタネ。<第7章>相続バトル。嗚呼あまりにも人間的な。【項目例】1、葬儀社の「○○料無料」に注意。2、互助会だから安心?でもこんなトラブルが。3、葬儀を仕切りたがるうるさい親戚、でも呼ばないわけには…。4、お手がつけた戒名が使えないですって!?。5、離婚した母と父。お墓は2つ必要か。5、離婚問題が長引くうちに愛人に遺族年金をとられた正妻。6、姑を7年も介護した嫁に相続では一銭ももらえないのか……等々、実際にあったトラブルばかりを集め、解決策をズバリ提示。類書、ありますか?

内容(「BOOK」データベースより)

本書では、私たちがこれまでに出会ったトラブル例を、物語形式で紹介しています。プライバシーに配慮して設定は変え、仮名にしてありますが、すべて実際に起こっていることで、あなた自身にも起こり得ることです。事例と同じ失敗をしないためにも、「縁起でもない」などといわず、本書に書いてある経験やアドバイスを活かして、お葬式やお墓、相続のことをざっくばらんに話し合ってください。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 239ページ
  • 出版社: 主婦の友インフォス情報社 (2006/5/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4072501689
  • ISBN-13: 978-4072501689
  • 発売日: 2006/5/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 652,007位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
9
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(9)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
冠婚葬祭は人生の中の節目として重要な祭事であり誰でも数回は経験します。

中でもお葬式は人の人生にピリオドを打つ重要なセモニーでありながら、従来タブー視される為なのか良書があまりありません。

 想像して下さい。 あなたは身近な大事な方を突然亡くされた時に、適切な対処の方法を思いつきますか? 熟知していてもショックにより誤りを犯しがちなのに‥‥。

本書はそういう時でも、あわてずにセレモニーをこなせる数々の知恵を載せています。

たとえば

 ・病院で亡くなられた時に最初にすべきこと。

 ・遠方で事故に遭い、故人を搬送しなければならなくなった時

等から、

 ・家族だけで見送る方法

 ・お葬式代もない時に

 ・散骨や音楽葬など

 ・多くの方がお見送りする盛大な式を挙げる時

 ・こうるさい親戚の人や田舎の菩提寺がある場合の対処の仕方

 ・本来の戒名の意味や価格                等など

そして遺産相続の手続きや思いやりある遺産や遺言の残し方等について、対処方法から全国平均の価格相場
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 我が家は核家族なので、

もっとも身近な親族としての葬式の経験はありません。

 なので、とにかくこの本の内容には驚いてばかりでした。

 葬儀会社にも良し悪しがあり、

ちゃんと選別をする必要があること。

 お寺との関係のこと。

 そして、まさかと思うような親戚との揉め事。

 一番印象に残っているのは、

「葬儀会社は2社以上比較してみる」

ということです。

 病院が紹介してくれるから、

この辺の葬儀はたいていここでやってもらっているから、

なんて理由で、内容もみずに決めてしまいがちかと思うので、

これにはビックリでした。

 

 最期を飾るべき行事であるお葬式を

(自分で行方を見守ることはできないにしろ)

満足いくものにするために、

生前にしっかり勉強しておかないと…

と思わせてくれる本でした。 
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一読して、大変分かりやすく、実例に沿って、興味深く書かれていると思いました。実際の現場からの報告なので、手に取るように実際の流れ、教訓がわかります。読み物として大変、いい本です。

例えば、第一章の「霊安室で・・…」の項で、遺体の安置が済んだら、そこまでで精算し、取り合えず見積だけ取っていったん帰ってもらう、というくだり。同章の45ページも同じ対応についてです。

第2章の互助会のトラブル例、第5章の散骨についての分骨の案内、同、無宗教葬についての説明も、極めて現代の実状に即した「実践的な情報」として役立つだろうと思いました。

また、第4章の戒名の話では、「つきつめれば宗教観の問題」と、きちんと本質を突き、単なるいて実践的情報に終わっていません。

ただ、敢えて注文をすれば、本を通読するだけでなく、何か特定の事項についての情報を調べたくて検索する場合に対応して、もう少し、辞典的要素もあればと思いました。あるいは、散骨や家族葬、相続、といった項目で、本文を読んで、もっと詳しく知りたい、あるいは、実際の問い合わせ先を知りたいと思う読者向けに、各項の後にコラムや資料がもっと付いておれば便利かなと思うこともありました。

しかし、この本に一杯詰まった、実際に葬儀を経験した人達の情報は、やはり迫力と説得力がありますね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
こういうことは、いざというときが近付きすぎてからでは、

冷静に読むことも難しいでしょうから、

思い立ったらすぐにでも手にしてみて損はないと思います。

身近に亡くなりそうな人…といっても、

人はいつどこでどうなるのかわからないこともありますしね。

旅先で亡くなったらどうなるのかとか、

子どもも親もいないときの相続とか、

普段考えないようなことまで、

人が亡くなると一度に問題になってきます。

死んだ後、あたふたしなくていいように、

自分自身のことも考えておこうと思いました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー