通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
身近にある毒植物たち “知らなかった"ではすまされ... がカートに入りました
+ ¥ 498 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 BOOK BEAR
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 使用感は少なく概ね良好な状態です。■全品簡易クリーニング済み。 ■ビニール包装のうえ迅速発送しています。 ■通常はポスト投函なので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)。 ■付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ■シンプル梱包なのでゴミが少なく済みます。 ■Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ■不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
8点すべてのイメージを見る

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


身近にある毒植物たち “知らなかった"ではすまされない雑草、野菜、草花の恐るべき仕組み (サイエンス・アイ新書) 新書 – 2016/6/16

5つ星のうち 3.8 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 229

booksPMP

【期間限定】ポイントアップキャンペーン開催中

1冊でも最大8% さらに3冊以上を購入する際クーポンコード「2222」を入力すると最大15%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 身近にある毒植物たち “知らなかった"ではすまされない雑草、野菜、草花の恐るべき仕組み (サイエンス・アイ新書)
  • +
  • 大人のための図鑑 毒と薬
  • +
  • 史上最強カラー図解 毒の科学 毒と人間のかかわり
総額: ¥4,428
ポイントの合計: 267pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

安易に食べると危険!
ときには、迂闊に触っても危険!



道の傍ら、庭の隅、身近な畑や野山でひっそりと、あるいはあでやかに伸び咲き誇る植物。
いずれも美々しく、そしてときどき、なんだかおいしそう。
けれどなかには、お馴染みの野菜や山菜に似ているのに一口で昏倒するもの、
迂闊に触れると悲惨な事態を招くものもあるのです。
恐ろしくも、知っておきたいその世界をご案内。

■CONTENTS
序章 忘れられがちな“植物の自然毒"
・恐怖に震えるフランス兵 ~ジャガイモ~
・苦いほどに危険増大 ~ズッキーニ~
・有毒物質でがん治療 ~トマト~
・高い薬効、意外な仕打ち ~ドクダミ~
・花の色にご用心 ~ナタマメ~ ほか

第1章 致死性の身近な植物
・難解、厄介、そして後悔 ~トリカブト~
・“嫁殺し"は蜜の味 ~ドクウツギ~
・息の根止める“裸の貴婦人" ~イヌサフラン~
・乱獲される自殺薬 ~グロリオサ~
・忘れられた猛毒草 ~ドクゼリ~
・香味豊かな絶命スパイス ~シキミ~ ほか

第2章 重大事故を起こす園芸植物
・甘美な香りで意識喪失 ~キダチチョウセンアサガオほか~
・世界の名薬、路傍の毒草 ~タマスダレ~
・シアンのいどころ ~アジサイ~
・吸い寄せられる子どもたち ~カラー~
・息の根止める魅惑の薬効 ~カロライナジャスミン~
・小悪魔的な惚れ薬 ~スズラン(ドイツスズラン)~ ほか

第3章 取り扱いに注意すべき“普通の"草花
・恩知らずの失恋草 ~オダマキ~
・不安だらけの抗不安薬 ~ハナビシソウ~
・鼻に詰めれば毛が生えますか ~シクラメン~
・すてきにおいしい神経毒 ~スイートピー~
・あなどれぬ不可解な迷信 ~ノウゼンカズラ~
・入り口と出口に効くプリマ ~ラナンキュラス~ ほか

出版社からのコメント

全国学校図書館協議会選定図書

「はじめに」より

早春のタンポポの葉は、体内に蓄積された老廃物を取り除く“浄化のハーブ"として愛されることがあります。
ところがです。柔らかい葉を摘んでサラダにして食べたら、重篤な中毒を起こし、救急搬送された……。
そんな事故が13年の間に31件も発生しています。

実のところ、当事者がタンポポと思っておいしく食べたのは、すべてトリカブトの若葉。
これはイタリアの事例ですが、日本でもびっくりするような誤食事故が絶えません。
“植物を見分ける"こと、そして“植物の自然毒について正しく知る"ことは、
非常に大事で、とても興味深く、知るほどに自然の不思議が輝きを増す科学の領域であります。
本書では、国内外の貴重な研究と実際に起きた症例とともに、
身近な毒草を中心にご紹介し、自然科学界での遊び方をご案内したく思います。

いまの日本で“もっとも危険な植物"がなんであるか、ご存じでしょうか。
これに比べたら、ほかのどんな植物も可愛らしく感じられるほど。
毒性がたびたび報じられていても、毎年、大勢が中毒しています。

それは“野菜"であります(序章)。
ウリやマメの仲間にしても、「野菜だから、まあ大丈夫だろう」と迂闊に食したならば、
あまりの腹痛にもんどり打つことになりかねません。

トリカブト、ドクウツギ、ドクゼリは、さまざまな書物に顔を出す“名物"。しかしながら、
意外に記憶されていないのが、そのゾッとする“実力"です(第1章)。
猛毒草の被害者数、発症までの時間、中毒症状をたまには確認し、
自然毒の恐ろしさについて、ちょっと驚いてみるのも有意義なひとときとなるでしょう。

そして近年、先進国では奇妙な問題が顕在化しています。
「自然のものは身体に優しい」というお題目のもと、旬と呼べる時期に、
自分で採取し、料理し、食べるということが流行を続け、その結果、
各国の中毒治療センターはフル稼働を強いられています。
日本を含め、各国の公的機関があの手この手で「気をつけて! 」と声を枯らしてきましたが、
なかなか効を奏していません。

「ならばこの手はどうだろう」。知恵を絞りに絞って、どうにか本書の企画を固めた次第です。<<中略>>
本書を手にしてくださったみなさんとどこかでご一緒できる日を楽しみにしています。

2016年5月末日 森 昭彦

商品の説明をすべて表示する

出版社より


登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2016/6/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797353457
  • ISBN-13: 978-4797353457
  • 発売日: 2016/6/16
  • 梱包サイズ: 17.5 x 11.2 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 141,685位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

16件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.8

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

16件中1 - 8件目のレビューを表示

2018年3月20日
形式: 新書Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年11月30日
形式: 新書Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年2月14日
形式: Kindle版Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年9月17日
形式: 新書Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年2月12日
形式: Kindle版Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年11月1日
形式: Kindle版Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年7月6日
形式: 新書
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年9月21日
形式: 新書
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告