中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 東京 ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことが御座います。中古品の為、使用感がある場合もありますがご了承くださいませ。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

身近なもので生き延びろ―知恵と工夫で大災害に勝つ (新潮文庫) 文庫 – 2008/8/28

5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 2,464 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

グラッときた→家族の名前を呼ぶ→幸い皆無事→落ち着いて避難…しようと思って愕然→防災グッズは瓦礫の下だ! さあ、頭を使いましょう。今手に入るものを使って、生きる工夫をしなければ! 究極のサバイバル技術を身につけた現役海上保安庁職員であり、厳しい環境の南極の冬を2回も乗り切った著者が、その知恵と経験を生かして、誰もが近々遭遇するかもしれない大災害への対処法を伝授。

内容(「BOOK」データベースより)

グラッときた→家族の名前を呼ぶ→幸い皆無事→落ち着いて避難…しようと思って愕然→防災グッズは瓦礫の下だ!さあ、頭を使いましょう。今手に入るものを使って、生きる工夫をしなければ!究極のサバイバル技術を身につけた現役海上保安庁職員であり、厳しい環境の南極の冬を2回も乗り切った著者が、その知恵と経験を生かして、誰もが近々遭遇するかもしれない大災害への対処法を伝授。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 211ページ
  • 出版社: 新潮社 (2008/8/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410115354X
  • ISBN-13: 978-4101153544
  • 発売日: 2008/8/28
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 190,530位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 mfhty トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/9/13
形式: 文庫 Amazonで購入
 サバイバルのために、身近なものを利用していかに生き延びるかの様々なアイデアを書いた本。たとえば、週刊誌のヘルメット、紙おむつのトイレ、乾電池と金属たわしでの火のおこし方などなどである。

 この本に書かれているサバイバルのアイデアは、かなりシビアな状況で長期戦を覚悟してのサバイバル術のような気がする。しかも、災害時に本当に有効か首をかしげるものもある。たとえば、「ブルーシートで雨水を集めて水を確保する」というようなことは、現代日本で一般的に想定される災害で必要だろうか。
 一般に「救助がくるまでの3日間を独力で生き抜いて」と言われていることからすると、実践的な対処法の参考にするためには、もっと別の本のほうがふさわしい気がする。

 むしろ、著者は、多くのページを費やして、南極観測隊での2回の越冬経験のエピソードを独特の奔放な文体で書いており、私にとっては南極でのエピソードの方が興味深かった。その意味では、「実践的な災害対策本」というようよりは、「著者の奔放な南極体験談」と考えた方がふさわしいかもしれない。
1 コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
2011年の東日本大震災を受けて災害対策にしようと
この本を手に取ると、ちょっとショックを受けると思う。
この本はあの「面白南極料理人」シリーズの流れを汲んだもので
著者の軽妙な(?)怒涛の面白トークのファンか、
「ああ、こういう文体なのね」と理解できる
心に余裕のある状況でないと「ナンだこの脱線ぶりは!」とか
「おちゃらけすぎてんじゃないのかこの非常時に!」とか
なりかねない著者独特の語り口だからだ。
たしかに、牛乳パックやバターでろうそくを作る方法とか
簡易トイレの作り方、新聞紙やゴミ袋で暖をとる方法など
細かいハウツーやtipsなども紹介しており、参考になるとは思うが
半分は南極や海上保安時の極限状態でのエピソードであり
マニュアル本ではなく面白読み物であると思ったほうがよい。
むしろサバイバル時に必要なのは、パニックにならず一服してから
立ち上がる胆力と創意工夫、そして勇気と「笑顔」であるという
たくましくも力強い「心構え」を感じ取る本であると言える。
Don't think. Feel.
また、不肖・宮嶋氏があとがきで述べた「災害の準備は悲観的に準備し
おこってしまったら楽観的に対処する」という
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
著者の南極越冬経験に裏打ちされた様々なサバイバル術が面白可笑しく解説されています。文章が脱線ばっかりで読みにくいという処もなくはないですが、要点がまとめられたイラストを眺めるだけでも十分に参考になります。防災グッズが手元になくて、途方に暮れそうな時に、本書の内容(技&心意気)が頭にあれば、「なんくるないさ。♪ケセラセラ〜」と対処できそうですョ。(^-^)v

個人的に面白いと思ったモノは、
・簡易トイレの作り方(ダンボール&紙おむつ)、・生活用水の確保(簡易浄水器の作り方)、・確実な火のおこし方(電池+スチールたわし)、・ロウソクの作り方(牛乳パック、バター)、・防寒対策(サランラップ)、・タバコの使い方(殺虫剤、虫除け、血止め)

そして「小さな楽しみを心の中に作る」ことでストレス解消しましょう、という提言で本書の最後の章(震災ストレスを吹っ飛ばせ)が締められます。なんとかなるさ、と思うところから始めるという話は、南極越冬隊隊長の西堀栄三郎氏の著作(「
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
大きなお金をかけて、出来合いのセットを買うより、こうした身近なもので、何回も読んで覚えておけば、大丈夫です。もちろん、その材料は、身近に置くなり、買ってきて置きますが。登山で縦走する人や四国33か所を野宿しながら回る人は、こうした物を見ると、おもわず、ほほえんでしまうのではないでしょうか?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す