通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
身軽に暮らす ~もの・家・仕事、40代からの整理術... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付き。カバーに多少のイタミがあります。中身は概ね良好な状態です。万が一、不備の見落としがあった際はご容赦ください。dai
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

身軽に暮らす ~もの・家・仕事、40代からの整理術 (COMODOライフブック) 単行本(ソフトカバー) – 2013/7/30

5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2013/7/30
"もう一度試してください。"
¥ 1,598
¥ 1,598 ¥ 228
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで本以外の対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。12/27まで

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 身軽に暮らす ~もの・家・仕事、40代からの整理術 (COMODOライフブック)
  • +
  • 家がおしえてくれること
総額: ¥3,218
ポイントの合計: 97pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『10年着るための衣類ケアブック』の石川理恵さんによる待望の新刊!

「身軽でいれば、いつでも新しいことがはじめられる」

40歳から考える人生後半の生き方、暮らし方。 ――帰郷、子育て、家、仕事、病気、親の介護。

本書は、作家、主婦、料理家、食堂店主などさまざまな生き方をしている方たちに年代ごとの移り変わりを取材し、人生後半のもの付きあい、整理について考えていきます。


持ち方、増やさない暮らし方、子が巣立ったあとの家づくり、年をとる前の身辺整理など「身体的にも精神的にも身軽に生きていく」ためのヒント集です。


* * * * * * * * * * * * * * *

(本文より一部抜粋) 大人になると、さまざまな役割を背負うこともある。自分の力では、どうにもできないことにも出会うし、それにつき合うしかない場合もある。
だからこそ、せめて自分でおろせる荷物は、少しずつ、整理していきたいのだ。(…)目の前にたのしいことが現れた時、パッと動ける自分でいられるよう、荷物を軽くしていこう。

この本では、自分らしく年を重ねている方を取材し、これからの暮らしのヒントをもらうとともに、人生後半のものづき合いについても考えていきたい。

* * * * * * * * * * * * * * *

内容(「BOOK」データベースより)

身軽でいれば、いつでもあたらしいことがはじめられる。大人の転機と身軽の実戦。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 144ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2013/7/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4774158755
  • ISBN-13: 978-4774158754
  • 発売日: 2013/7/30
  • 商品パッケージの寸法: 20.6 x 14.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 58,907位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 tako-cyan VINE メンバー 投稿日 2014/9/24
Amazonで購入
40歳以降の方数人の人生を振り返りながら、今
こんな様式で生活していますよ、という内容の本です。
シンプルライフという言葉が一時期はやりました。断捨離もそうです。
でもそれってダイエットと同じで継続しなければ、元の木阿弥なんですね。

40歳を超えると、今まで考えなかったことを考えるようになります。別に30代でも
20代では考えなかったことを考えるようにはなりますけど。
でも私の中で決定的に違ったのは、人生は有限であるということです。
頭でわかったわけではなく、実感としてわかってしまったということです。
文字で理解なんて小学生でもできますからね。
嫌ですよね。そんなこと考えたくもなかったですが、残りの時間って限られているだな・・・って。

そうすると、こんなの使わないな、着ないな。置いておけば何かの役に・・・立たないんですよね。
逆に頭に残ってはいるので厄になるくらいです。
記憶ってバカにできなくて、あるモノを持っていると必ずそのことが頭にあります。
そこを捨てることで、記憶を切り離すことは重要です。
フリーになっている部分は、少しでもあったほうがいいからです。
歳をとると、余計にそういう努力をしたほうがいいと思います。
この本に目が留まった人は、もうそういう年齢だと思います。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 peach 投稿日 2013/8/16
Amazonで購入
40代へ突入した私にはとてもタイムリーな内容でした。
個人的には吉本由美さんが好きなので、帰郷されるに至るまでの
心の変化など興味深い記事ばかりです。
インテリアの写真も多くて楽しめます。
自分にとっての身軽って何だろうと問えて、ヒントがもらえる一冊でした。
歳を重ねてからも、また読み返したいです。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
物の整理術というハウツー本ではないのがよかったです。身軽の意味をよく表した本です。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ssan 投稿日 2015/2/16
「生前整理」という言葉を耳にするようになって、
言葉自体は余り好きではないけれど、そういう事も考えないといけないのかなーと思い、
その入り口の参考、みたいな気持ちでこの本を購入しました。
登場されているのが雑誌等で拝見したことのある方々だったこともあり、
ちょっと親しみを持てましたし、内容も興味深くて何度も熟読しました。
親のことよりまず自分じゃないか!と、自分の生活も見直すようにしたいと思いました。

本の内容もデザインも、いい意味で生々しくなかったので、
母に会う機会があった時に、さりげなく「最近こんな本買ったんだ」と見せてみました。
母は「あらー。最近私結構片付けしてるのよ〜」と言いつつ手に取り、
あちこち頁をめくった後「この本貸して!」と持って帰りました。
貸したこちらとしては「生前整理」的なことを強要してるように思われたら困るな〜と
ドキドキしていましたが、杞憂だったようで
いつもよりだいぶ長い期間ののち、手元に戻ってきました。
本人曰く、すごく参考になったそうです。
その後帰省したら、母の部屋がすごくさっぱりとおしゃれな感じになっていました。
「あれいい本だったよねー」と今でも言われます(但し母の部屋以外は「これ
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「台所なんてすごく狭いんだけど、そこにイスを置いてね。編み物しながら学生たちがいる部屋のテーブルをひょいとのぞいて、食事が何もなくなってきたら料理をして出して…。どこだって何だってできるよ」「同居もそうだけど、それをどういう風に受け入れるかは、自分自身の責任。できるだけメリットにしなくちゃね」おかげさま、の気持ちを、いつも忘れないでいる内藤三重子さんの言葉。そんなふうにありたい!と思いました。

山崎陽子さんの、スッキリと、自分を律し生活する姿、見習いたい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック