中古品
¥ 210
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2005年1刷。帯あり。カバーに軽微な縁傷み、小口に軽微なシミがあります。内部は書き込み等は見あたらず概ね良好な状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

踏切趣味 単行本 – 2005/2/8

5つ星のうち 3.8 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

急いでわたる子ども、荷物を運ぶ主婦、たたずむ老人。周辺の居酒屋に集うひとびと。大好きな踏切をめざして都内を西から東へ、時には鎌倉、山形まで。線路上で交差する一瞬の光をとらえ、つづり、句を詠む。なつかしくも鮮烈なエッセイ集。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

石田/千
1968年福島県生まれ、東京育ち。国学院大学文学部卒業。作家嵐山光三郎氏の助手となる。2001年「大踏切書店のこと」で第1回古本小説大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 151ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2005/2/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480816402
  • ISBN-13: 978-4480816405
  • 発売日: 2005/2/8
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 852,839位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
石田千さんの作品は「月と菓子パン」に続き2作目です。この「踏切趣味」にも前作とおなじゆっくりとした時間の流れを感じさせます。石田さんの踏切の周辺は商店街も売られてる品々も売ってるおばちゃんやおじちゃんも昭和の匂いを感じさせる物ばかり、石田さんのエッセイは多忙なあなたにお勧めです。心が優しくなれなれますよ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日記のような、感想のような、エッセイというにはいささかひねりのない文章が続く。題材と視点はおもしろいと思うが、表題に惹かれて買ってちょっと失敗。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とりとめのない体験ととりとめのない感想が羅列されたエッセー風の何か。
よくも悪くも行き当たりばったり。
作者が対象に遠すぎて、ぼんやりとした「何か」しか伝わってこない。
署名原稿であることにあぐらをかいた
曖昧でどこか無責任な視点に読者は取り残されてしまう。
前評判から期待して購入したのだが、少し残念な出来だった。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
まず、文章が美しくとても印象的。丸々一冊踏切について書かれているのに、まったく飽きさせない。むしろ、読めば読むほど味わい深く感じられる。一章に一句、表題のような俳句がついていて、それがまた、情緒的な好い句ばかりである。日本語の響きの美しさを再確認した。印象に残ったところに線を引きながら読んでいたら、赤線ばっかりになってしまったくらい。日常のひとコマを、シンプルかつ鮮やかに切り取る目線がすばらしい。踏切散歩や踏切の宴をしたくなりました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告