通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
踊る星降るレネシクル 5 (GA文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

踊る星降るレネシクル 5 (GA文庫) 文庫 – 2014/5/14

5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 踊る星降るレネシクル 5 (GA文庫)
  • +
  • 踊る星降るレネシクル 4 (GA文庫)
  • +
  • 踊る星降るレネシクル 3 (GA文庫)
総額: ¥1,987
ポイントの合計: 48pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ばーか
別にあんたのためじゃないんだからね?

「俺の大っ好きなミカホシを守れえッ! バカ弟子ぃぃぃっっっ!!」

絶叫を残してレンヤは石となった。ミカホシ市、そして日本をも巻き込む戦争の行方は、
今やレンヤの愛弟子・すまるの手に託された。
覚醒する最強の力、しかし支払った代償はあまりに大きすぎて――。

一方、レンヤの幼馴染み・瑞貴はこの覚醒の裏にある陰謀を感じ取り、学園を離れることに。

そしてレンヤのケンカ友達・なななは、何故か留置所の中にいた……。
「もんちっち♪って踊ってる場合!?」

レンヤと絆を結んだ三人の少女が今こそ彼のために動き出す!!
少女を最強へと導く“王道"ノベル再始動!

内容(「BOOK」データベースより)

「俺の大っ好きなミカホシを守れえッ!バカ弟子ぃぃぃっっっ!!」絶叫を残してレンヤは石となった。ミカホシ市、そして日本をも巻き込む戦争の行方は、今やレンヤの愛弟子・すまるの手に託された。覚醒する最強の力、しかし支払った代償はあまりに大きすぎて―。一方、レンヤの幼馴染み・瑞貴はこの覚醒の裏にある陰謀を感じ取り、学園を離れることに。そしてレンヤのケンカ友達・なななは、何故か留置所の中にいた…。「もんちっちって踊ってる場合!?」レンヤと絆を結んだ三人の少女が今こそ彼のために動き出す!!少女を最強へと導く“王道”ノベル再始動!


登録情報

  • 文庫: 344ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2014/5/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797369213
  • ISBN-13: 978-4797369212
  • 発売日: 2014/5/14
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 528,946位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
3年ぶりの刊行、、実に実に待たされました。
そして待ってましたの続刊です。

ラノベで3年のブランクはもはや死んだも同然であり
大抵は書く側も読む側の間にノリにズレが生じてしまうものなのです。
その違和感に失望を感じてしまうもの。

しかし本作はそのブランクをものともせずやってくれました。
むしろクラマックスかっ!って位の熱いノリでした。
本巻では表紙絵になってるななながメインヒロインと
言って良いでしょう。
他のヒロイン達も見せ場はてんこ盛りなんですが
今までラブコメ的にはかませ犬な立場だった
なななが一矢報いた感じですね!
今際の際にツンデレここに極まれり!

で、漁夫の利、棚からボタ餅状態のもうふはレンヤと
一体何がどうしてこうなった?
結末だけ見るとそんなアホな、、、なんですが
どうやら続刊ありそうなので
おそらくそちらでメインヒロインズは回収されるんでしょう。
そうだよね、、きっと。
つーかアニメ向きの素材なんだからアニメ化すればいいのに。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
実はラノベから離れていたのでたまたま再開を知り1人浮かれてしまいました(笑)ですが、ここまで時間が経ってしまうと怖いのが内容の陳腐化と過去の話が思い出せずついていけないかもという不安でした。読んでみるとそんな不安を抱いた事が馬鹿馬鹿しくなるくらいの超展開で、またこの作品のファンに戻ってしまいました。内容についてはやはり展開的に賛否両論あるとは思いますが、この作品の良さは元々は馬鹿馬鹿しさだと思っているので、結末が後味悪くなるはずがないかと。難しい話とかが好きな人には不向きですし物凄く新しい発想があるわけでもないと思うのですが、何か惹かれるものがありました。キャラですかね?
(笑)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ライトノベルは「生もの」だと思う。ちょっと刊行の間隔が開いてしまうと
流れの早過ぎる昨今のラノベ界ではあっという間に埋もれ、前巻の刊行から
半年も経てば「今さら感」が漂ってしまう。そんなラノベ界で前巻から三年間…
普通に考えれば、まあ無理だ。読めたもんじゃない

秋山瑞人の「DRAGON BUSTER」?うん、確かに三年経っても
面白かったけどあれは規格外の化物。そんじょそこらの作家じゃ無理

で、本作「踊る星降るレネシクル」ですよ。四巻ラストでレンレンが石にされたと
思ったら作品が読者も巻き添えにして石化してしまった。そんでもって三年間
色々迷ったけど、このまま読まずに諦めるのも踏ん切りが悪い。読んだ上で
冷めてしまった「熱」を感じて諦めようと思ったら…

 何 だ こ り ゃ あ ッ ッ ? べ ら ぼ う に 面 白 い ぞ ッ ッ ! !

「熱が冷める」だ?バカ言うな!これは間違いなく大傑作。それも2014年を代表する
レベルの大傑作だぞ!待たされた三年にお釣りがくるぞ!すまるが、瑞貴が、なななが
大暴れ!サブキャラの魅力も大全開!肝心の主役が最後の30ページしか出ないが、
そんなもんどうでも良
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
3年待ってこんなもの?

「俺の彼女・・・」は途中で読む気が失せたが、この作品には期待していたのに、がっかりです。
ちなみに、途中で読む気が無くなり、3/4程読んだところでエンディングを読みました。

主軸が3人ともいなくなる結末。
私が一番嫌いなパターンですね。

この作者の作品は二度と読むことは無いでしょう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
3年ぶりの続巻。
ずっと待っていたファンにはうれしい限り。
本作はもともとラブコメ寄りのバトルラブコメでしたが、刊行がとまっていた間は、ずっと俺修羅を書かかれていたので、もっとラブコメよりになってるかと思いきや、かなりバトルよりになっていて驚きました。面白くはありますが、結果として、ヒロインの描写がおざなりになっているような気がしました。特に各ヒロインが戦いの覚悟を決める件は、物足りなく思います。さらに、後述の点も重なり、結果としては不満が残るできかなと個人的には思います。

以下ネタバレ注意

本作でヒロインの一人の七曜なななが死にます。
これまで巻数をかけて主人公との交流を書いてきて、さらに3年待たせたあげくの続刊であっさり死亡。それもありがちな主人公助けるために命をかけたという終わり。作者は後書きで書いていますが、正直最終巻が近いためにヒロインを退場させる方法が思いつかなかっただけだと思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告