踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,980
通常配送無料 詳細
発売元: Candy workStore
カートに入れる
¥ 3,580
通常配送無料 詳細
発売元: ウッドガレージ
カートに入れる
¥ 3,722
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ! スタンダード・エディション [Blu-ray]

5つ星のうち 2.2 18件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 2,980 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,096 (41%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ヤマイチ 本店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:17¥ 2,980より 中古品の出品:16¥ 298より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ! スタンダード・エディション [Blu-ray]
  • +
  • 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 スタンダード・エディション [Blu-ray]
  • +
  • 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! [Blu-ray]
総額: ¥8,404
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 織田裕二, 深津絵里, ユースケ・サンタマリア, 柳葉敏郎
  • 監督: 本広克行
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2011/02/02
  • 時間: 141 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.2 18件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004BXAEAI
  • JAN: 4988632502757
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 46,363位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

7年ぶりにヤツらが帰ってくる。
日本映画史上最大の話題作『踊る大捜査線』劇場版最新作が遂にBlu-ray&DVDでリリース決定!

★7年ぶりにヤツらがBlu-ray&DVDで帰ってくる
日本映画の歴史を塗り替えてから7年。シリーズ待望の最新作が、新旧豪華キャストを迎えBlu-ray&DVDで戻ってくる!
係長に昇進した青島(織田裕二)。そして、変わらずのすみれ(深津絵里)や真下(ユースケ・サンタマリア)。
警察庁で順調に出世する室井(柳葉敏郎)のほかに、新たなキャラクターとして、本店(警視庁)と支店(所轄)をつなぐ管理補佐官鳥飼(小栗旬)と、
故いかりや長介が演じた人気キャラクター和久さんの甥っ子・和久くん(伊藤淳史)が登場。
そして、女青島として番外編で登場した篠原夏美(内田有紀)も青島の心強い部下として帰ってきた。
製作の亀山千広、脚本の君塚良一、監督の本広克行をはじめとしたスタッフも再集結。

【特典】
●予告編集
特報1、特報2、特報3、予告編、TV- SPOT×15タイプ
●オーディオ・コメンタリー
プロデューサー・亀山千広、脚本・君塚良一、監督・本広克行が語る『踊る3』

【キャスト】
織田裕二
深津絵里
ユースケ・サンタマリア

柳葉敏郎

伊藤淳史
内田有紀
小泉孝太郎

北村総一朗
小野武彦
斉藤暁
佐戸井けん太

伊集院光
稲垣吾郎

岡村隆史

小栗旬
小泉今日子

【スタッフ】
製作:亀山千広
脚本:君塚良一
監督:本広克行
音楽:菅野祐悟
主題歌:「Love Somebody CINEMA Version Ⅲ」織田裕二(フジテレビ♪フジメロ)
プロデューサー:臼井裕詞 安藤親広 村上公一

【本編ディスク・スペック】カラー/MPEG-4 AVC/片面・二層
【画面アスペクト】1080p Hi-Definition スコープ・サイズ

【音声トラック仕様】
1)オリジナル リニアPCM 5.1chサラウンド(日本語)
2)オリジナル dts-HD Mater Audio 5.1chサラウンド(日本語)
オーディオ・コメンタリー DOLBY DIGITAL 2chステレオ(日本語)

【字幕仕様】
日本語音声字幕

本編141 分+映像特典6分

発売元:フジテレビジョン アイ・エヌ・ピー

(C)2010フジテレビジョン アイ・エヌ・ピー

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

織田裕二主演の刑事ドラマの劇場版第3弾。湾岸署が高度なセキュリティシステムが導入された新湾岸署へ移転することになり、強行犯係係長に昇進した青島は、その引越しを一任される。そんな中、管内で次々と事件が発生し…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
待ってました、踊る3。
でもですね、、、
青島と室井の絡みは何処へ? この二人の関係性がキモだったはずなのに(俳優さん間の問題か?)
盛り上がらないストーリー、余計な小ネタ、誰こいつ? 的登場人物、無理からのセリフ、、、
途中で止めようと思ったのですが、もう少ししたら・・・、ここからの展開が・・・、と期待しつつラストまで。
観ていてずっとイライラしてて、そして最後は残念な結果がやってきました。
さよなら! 踊る大捜査線。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
以下一部ネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意ください。

まず掲題の通り、ストーリー云々の前に細部、特に本作の重要ファクターであるセキュリティーシステムの部分が適当すぎます。

1.管理者、運用者の不在
サーバ室にはかなりのラックマウントタイプのサーバがあるようでしたが、専任の管理者や運用者の存在は一切出てきません。
あれだけの規模では絶対にありえないのに加えて、刑事にマニュアルを読ませて運用を想定しているとは。
しかもIDとパスを記載してしまっているものを回覧してるし。

2.サーバ室でのソース修正を想定している
サーバ室に閉じ込められた刑事にシステムの復旧をさせるために、ソースの修正をさせようとしているのは明らかにおかしい。
この本番環境にはソースも配置されてるのか、またされているとしてもコンパイラがインストールされているのか。
またはこのシステムがスクリプト言語やインタプリタで実装されているか、のどちらかになるでしょう。

以上のように、この作品はIT考証など全く行われていないに等しいでしょう。
サイバーテロ的な感じでスタイリッシュにしたかったんでしょうが。
これ以外にも細かい点で不自然が目白押しです。
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
大人気のテレビドラマシリーズの劇場版第3弾だが、
ストーリーとしては「容疑者 室井慎次」の続きとなる。
今回は新湾岸署への引越し作業で大わらわな署内で事件が発生する流れ。
シリーズのすべてを観ていなくても意味はわかるが、
テレビシリーズ全11話と劇場版の1作目は観ておく方が良い。

名物刑事だった和久さんの甥が初登場するが、
和久さんの残したメモのセリフを唐突に読み上げたり
「つかぬことをお伺いしますが…」といちいち絡んでくるばかりで
いいところが何もなく、単に鬱陶しいだけのイメージ。
和久さんのメモに署員みんなが目を輝かせるなど
妙に和久さんを崇める流れもむしろ不自然でやめて欲しい。

青島は頬がこけて年齢を感じさせるが、
やっていることがあまりにも幼稚で見ていて恥ずかしい。
真剣な場面でコートを探したり、自暴自棄になって爆弾を手にしたり、
バーナーでも開かない鋼鉄のシャッターに木をぶつけたりと
意味のある行動がほとんどない。
これはシリーズファンが見たかった青島の姿ではないだろう。

それに対して内田有紀が演じる篠原夏美は
「初夏の交通安全スペシャル」という番外編で登場し
...続きを読む ›
コメント 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ドラマ「踊る大捜査線」の劇場版シリーズ3作目。劇場版2から実に7年ぶりとなるファン待望の新作である…が、劇場公開前に明かされた本作の内容を知って、嫌な予感がした人、残念ながらその予感は見事的中である。

新湾岸署へ引越すことになった湾岸署では、強行犯係係長に昇進した青島(織田裕二)が引越しを一任され、大張り切りで引越し作業に取り組んでいた。ところが開署式まで後3日になって次々と事件が発生、青島達の拳銃が盗まれてしまう。

映画が好きな人ならもうわかるだろう。つまり、「製作:亀山千広 監督:本広克行」という時点で察してくださいということだ。この最新作では、誰が見てもわかるようなわかりやすい客引きがなされている。今までのシリーズに出演した俳優達が出るよというものだ。7年ぶりだというのに、ストーリーではなくそのようなネタで食い付きを狙うなど、人気シリーズも落ちてしまったものだ。

肝心の脚本もひどいもので、新キャラクターは皆とにかく出しただけという印象しか受けない。伊藤淳史や小栗旬がシリーズに新しい風を吹き込んではいるが、いる必要があったのかと言われれば、正直必要なかったと言わざるをえない。ファンが見たかったのは熱い青島とクールな室井、そしていつもの仲間達との絡みだったはずだ。それが本作ではほとんど描かれていない。いつもと同じで
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー