踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 book-shocho
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ポストカード3枚付き。盤面状態良好。ケースに若干のスレあり。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,905
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: T&Mshop
カートに入れる
¥ 1,944
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 1,998
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: MONOTOWN
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! [DVD]

5つ星のうち 3.3 204件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,860
価格: ¥ 1,750 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,110 (64%)
残り7点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、激安CD DVDアウトレット専門店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! [DVD]
  • +
  • 踊る大捜査線 THE MOVIE [DVD]
  • +
  • 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 スタンダード・エディション [DVD]
総額: ¥5,224
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 織田裕二, 柳葉敏郎, 深津絵里, 水野美紀, ユースケ・サンタマリア
  • 監督: 本広克行
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2004/06/02
  • 時間: 138 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 204件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00008WJ2I
  • JAN: 4988632501149
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 4,812位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

商品の説明

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! [DVD] [DVD] [2004]

Amazonレビュー

   いまや一大観光地と化した東京・お台場で連続殺人事件が発生。青島(織田裕二)ら湾岸署の面々は、警視庁から赴いた沖田仁美(真矢みき)の指揮下に入り、捜査を進めることになるが、所轄を手駒としか扱わない彼女のやり方に署員は反発するが…。
   TVから映画へと移行して、大ヒットを記録した刑事シリーズ、ファン待望の第2弾。各シーンごとの設定やキャラの心情などがその場のインパクト重視のものとなっており、映画として全体的な繋がりに欠けている感はあるが、キャストが久々に我が家に帰ってきたようなくつろぎ感の中、2時間20分ほどの長尺をまったく退屈させることなくスピーディな演出で攻める本広克行監督の力量は認めていい。スリー・アミーゴスが繰り広げるポイント・ギャグは、今回も快調。(的田也寸志)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 おじいさん VINE メンバー 投稿日 2004/6/12
Amazonで購入
これはよくできた映画。馬鹿馬鹿しいほど滑稽。
5年前の「踊る大捜査線」では織田裕二は若々しく新鮮だった。
それから5年。織田裕二が演じる青島も巡査部長になり貫禄がついている。青柳もしっかりしてきた。
この馬鹿騒ぎドラマは現在形で進んでいるのだ。
相棒のすみれさん。
大先輩のいかりや長助。
いかりや長介の存在感は大きい。
彼のでる作品がもはや今後無くなったということをしみじみと受けとめた。
いい役者が一人また消えた。合掌。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
殺人事件で捜査本部が設置されるというのに、湾岸署では宴会の手配や弁当の準備に余念が無い。賄賂や談合が当たり前の状態になっている。青島とすみれが男の身柄確保を命じられるが、それは寿司屋だったりする。バカなことを真面目にやっている様子を見せるのは、緊張と緩和のコントラストを考えればそれで良い。ただ本作では、緩和の部分が緊張になるべき部分まで侵食しているように思えてならない。連続殺人事件が現場で起きているにも関わらず、ふざけている時間が長過ぎるように感じてしまうのだ。

連続殺人事件だけでなくスリと噛み付き魔の事件も盛り込まれている。しかし「無関係だった3つの事件が終盤になって1つに結び付く」という仕掛けは無い。3つの事件が絡むことも少ない。所轄と本店の対立構造を描くために犯罪に格差を付けていることは分かるのだが、スリと噛み付き魔の事件は無理な付け足しに思えてしまう。

前作で青島と室井の間に信頼関係が産まれているため、そこの対立は使えない。そこで本作では沖田という新たな憎まれ役を用意している。ただ、余りにもわかりやすいキャラにしようとしたためか、信念や哲学を持って青島と対立関係になるのではなく、ただバカでヒステリックなだけの女になっている。そのため沖田だけに問題があるということになってしまう。つまり官僚主義ではなく頭のイカれた女がガンだったという
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
私はこれらを購入する理由を持っていなかったが、彼らは素晴らしい仕事と、彼らは非常に明るいです。 製品は完全に記述されたものです 完璧なギフトのアイデア! 非常によく、確かにお金の価値が建てられた。私は間違いなく他の人にそれをお勧めします。私はそれが自己のためにアドバタイズすると思いますが、 シンプルな製品ですが、非常に効果的です。 速やかに納品。 良い品質とサービス.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 AKi VINE メンバー 投稿日 2005/12/4
 テレビシリーズや映画の1作目が良かったので、今回、DVDを

購入しました。1回目はあまりにもつまらなく(ありえない設定と

展開)、途中で断念しました。今回、全部見終わりました。

 やっぱり、駄作です。私が好きだったのが、各登場人物が所轄の

仕事を黙々とこなしていくところと、現場と本店の対立、組織論・

リーダーシップ論と関係したセリフでした。

 今回、それを非常に意識しているのは分かるのですが、設定に無

理がありすぎて、ストーリーが破綻をきたしています。

 今までの刑事モノと全く違った切り口の作品であり、観る価値が

あります。ただ、観るならTV版か1作目の映画版をお勧めします。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
はっきり言います。
酷いです。
これを劇場で見た人は悲劇としか思えません。
フジテレビ45年記念作品というならもっとしっかりしたもの作ってください。
なんなんですか?あの脚本は。
ありえないご都合主義で書かれているにも関わらず
それでもストーリーが破綻してます。
小西真奈美→ 何のために出てきたんですか?
岡村   → 何がしたかったんですか?
犯人   → 殺人を犯してしまった背景が語られることなく大騒ぎして終了
他にもいろいろありますが、思いっきり思わせぶりな登場の仕方をしておきながら結局何の意味もなかった時、
観客がどう思うかを少しでも考えたんでしょうか?
踊るシリーズは好きだっただけにとても、とても、とても残念です。
役者は悪くないと言う意見が多数ですが、演技についてはそう思います。
しかし台本を読んだときに違和感はなかったのでしょうか?
私には解せません。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。dvd 邦画