踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ディスクのみ
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,697
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ! スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 2.2 110件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,697 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 407 (10%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、高木堂が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ! スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! [DVD]
総額: ¥6,577
ポイントの合計: 291pt (4%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 織田裕二, 深津絵里, ユースケ・サンタマリア, 柳葉敏郎, 伊藤淳史
  • 監督: 本広克行
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2011/02/02
  • 時間: 141 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.2 110件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00361FLEA
  • EAN: 4988632502733
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 26,449位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

7年ぶりにヤツらが帰ってくる。
日本映画史上最大の話題作『踊る大捜査線』劇場版最新作が遂にBlu-ray&DVDでリリース決定!

★7年ぶりにヤツらがBlu-ray&DVDで帰ってくる
日本映画の歴史を塗り替えてから7年。シリーズ待望の最新作が、新旧豪華キャストを迎えBlu-ray&DVDで戻ってくる!
係長に昇進した青島(織田裕二)。そして、変わらずのすみれ(深津絵里)や真下(ユースケ・サンタマリア)。
警察庁で順調に出世する室井(柳葉敏郎)のほかに、新たなキャラクターとして、本店(警視庁)と支店(所轄)をつなぐ管理補佐官鳥飼(小栗旬)と、
故いかりや長介が演じた人気キャラクター和久さんの甥っ子・和久くん(伊藤淳史)が登場。
そして、女青島として番外編で登場した篠原夏美(内田有紀)も青島の心強い部下として帰ってきた。
製作の亀山千広、脚本の君塚良一、監督の本広克行をはじめとしたスタッフも再集結。

【特典】
●予告編集
特報1、特報2、特報3、予告編、TV- SPOT×15タイプ
●オーディオ・コメンタリー
プロデューサー・亀山千広、脚本・君塚良一、監督・本広克行が語る『踊る3』

【キャスト】
織田裕二
深津絵里
ユースケ・サンタマリア

柳葉敏郎

伊藤淳史
内田有紀
小泉孝太郎

北村総一朗
小野武彦
斉藤暁
佐戸井けん太

伊集院光
稲垣吾郎

岡村隆史

小栗旬
小泉今日子

【スタッフ】
製作:亀山千広
脚本:君塚良一
監督:本広克行
音楽:菅野祐悟
主題歌:「Love Somebody CINEMA Version Ⅲ」織田裕二(フジテレビ♪フジメロ)
プロデューサー:臼井裕詞 安藤親広 村上公一

【本編ディスク・スペック】カラー/MPEG-2/片面・二層/リージョン②/NTSC
【画面アスペクト】16:9LBスコープ・サイズ
【音声トラック仕様】
オリジナル DOLBY DIGITAL 5.1chサラウンド(日本語)
オーディオ・コメンタリー DOLBY DIGITAL 2chステレオ(日本語)
【字幕仕様】日本語音声字幕
本編141 分+映像特典6分

(C)2010フジテレビジョン アイ・エヌ・ピー

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

織田裕二主演の刑事ドラマの劇場版第3弾。湾岸署が高度なセキュリティシステムが導入された新湾岸署へ移転することになり、強行犯係係長に昇進した青島は、その引越しを一任される。そんな中、管内で次々と事件が発生し…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

こちらであまりに低い評価だったため期待せずに観ましたが、それを大きく下回る最悪の出来でした。 思い返せば、ドラマ時代は本当に楽しかった。
○何でいきなり和久さんの甥が登場するの?しかも、名台詞をメモで次々と読み上げる安売り。
○なぜ真下は課を変えたの?
○なぜ、室井と青島が絡まない?
○なぜ、死という台詞を安易に使うの?青島の誤診の件といい、安易に死という台詞を使いすぎ。
○なぜ、誰も望んではいないまなみが復活したのか。しかも、今作品のメインキャラ・・・。

観るにつれて、私の頭には次々と上記の疑問が湧き出てきて、見事につまらなかったです。
なぜ、このシリーズが支持されていたのか、プロデューサーは完全には理解していなかったんでしょう。

踊るシリーズはもう、終わってしまいましたね・・・。
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
学生時代にドラマで観ていた踊る〜も映画化、シリーズ化され、数十年。いかりやさんがお亡くなりになり、今後の踊る〜はどうなるんだろうと思いながら出てきたのがこの作品。出演者を詰め込みすぎたのかな。豪華だけどぱっとしない。全員がぱっとしなくなってしまった。それぞれの個性をつぶしすぎ。命がテーマにしては軽すぎる。盛り上がる部分がなく、面白みに欠ける。ほんとにどうして日本って。。。シリーズ化が下手。ドラマにしても、映画にしても。。。シリーズ化すればするほどつまらなくなる。残念。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
全体的に説明不足で中途半端な印象。 というのは、ファンなら分かってくれるだろうという撮り方。 一般のお客が観て楽しめるのか疑問。 踊る3は間違いないなく一部のファン向けの映画。 しかも一部のファンですら離れた事は他のレビューを観る限り間違いない。 青島と室井がいてそれを支える情けない所轄の面々。 ドラマは本当に面白かった。 踊る3は いらないシーン、 いらないキャラクターが多い。 その上多くのファンが観たがっていたキャラクターはあまり活躍しない。 青島と室井の絡みは全くない。 真下は最後、真下ではなくユースケのノリになっていた。 内田ゆきの活躍なし。 新しい強行犯係のメンバーに魅力なし。 なのにとってつけたような名台詞。 共感出来ない。 公開日に映画館に行ったのだが館内の冷ややかな空気が今でも忘れられない。 新たな踊るをスタートさせたかったのは分かるが新たなファンを取り入れる事はできたのか、疑問。
コメント 118人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
過去作品にリンクを張ることに力を入れ過ぎで、バランスが悪いです。シリーズ初見の方はもちろん、コアなファンにも微妙なノリだと思います。
屋内シーンが多く、これまでのシリーズで一番安っぽく感じました。この作品自体がスピンオフみたいです。
これまでの踊るシリーズDVDはスタンダードエディションでも外装がありましたが、今回はノーマルケース仕様です。ディスク以外には何も入ってません。売れない想定なのかなぁと感じています。
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 toki 投稿日 2011/2/2
「踊る」 はTVシリーズの初回から録画し、青島コートを購入した程のファンですが、これは無い。

・序盤でワクワクしない
・中盤がだれる
・終盤が盛り上がらない

オープニングでリズム&ポリスを使用ない所から嫌な予感はしました。
真下を交渉人から外したのも心底がっかりします。
1の小泉今日子が大きくフィーチャーされますが、誰も望んでません。ファンは新しい展開を見たいと願っているのです。

和久さんの甥が登場しますが、台詞は和久さんのメモを読み上げるだけ。
酷い。ただただうるさい。
和久さん、そしていかりやさんという存在への冒涜としか思えない。

テーマは生と死のようですが、観ているこちら側とは何ら共振しません。
作り手側の自己満足の域を出ません。

物語の背骨ともいえる、青島と室井さんとの絡みは最終盤の約2・3分のみ。

ありとあらゆる面でがっかりしました。良い点を挙げようにも上げられない。

終演後、劇場を無言で後にするお客さん達の重い空気が忘れられません。

この一作でこれまでの業績をブチ壊しですが、制作サイドは続編を作る気満々のようです。
何としてもそんな愚行はやめてもらいたい。

さようなら、そして沢山の思い出をありがとう「踊る」。
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック