踊る大捜査線(1) [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,980
通常配送無料 詳細
発売元: ◆TP shop ◆【年中無休・毎日迅速発送・保証付】
カートに入れる
¥ 3,100
通常配送無料 詳細
発売元: ドットコム家電&ホビー
カートに入れる
¥ 3,150
通常配送無料 詳細
発売元: ■TapoTapo store
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

踊る大捜査線(1) [DVD]

5つ星のうち 4.7 19件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,298
価格: ¥ 2,980 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,318 (31%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、本・CD・DVD・ゲーム専門店 遊楽が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 踊る大捜査線(1) [DVD]
  • +
  • 踊る大捜査線(2) [DVD]
  • +
  • 踊る大捜査線(3) [DVD]
総額: ¥9,950
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 織田裕二, 柳葉敏郎, 深津絵里, 水野美紀, いかりや長介
  • 監督: 本広克行
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: フジテレビジョン
  • 発売日 2000/12/20
  • 時間: 75 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 19件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HQVH
  • JAN: 4988632111683
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 64,879位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

商品の説明

保存状態は、良好でスムーズに再生します。 全6巻のセット。 ケースに割れもありません。

Amazonレビュー

   青島俊作、29歳(織田裕二)。脱サラして警察官の試験を受け、3年後、晴れて念願の刑事になった。赴任先は臨海副都心、台場にある湾岸署の強行犯係。期待と希望に胸を膨らませて新地に赴くが、初日から完璧な階級社会で生きる刑事たちの現実を目の当たりにする…。
   警察署を舞台に、刑事や警察官たちの日常をリアルかつユーモアたっぷりに描き、熱狂的ファンを生み出した「踊る大捜査線」。ストーリーはもちろん、映像、音楽、そして個性豊かな俳優陣、すべてが「踊る」独特の世界を作りあげた。スタッフの小物や人物へのこだわりも、宝物探し感覚で楽しめる。主演、織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、いかりや長介。脚本は君塚良一。演出は本広克行、澤田鎌作。音楽は松本晃彦。プロデュースは亀山千広・東海林秀文。(生野 舞)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
青島君は自分で考え行動に移す。組織を恐れない。今何が優先されるのか?お若い世代に見て頂いたい組織がもってしまった「リスク」「しがらみ」に挑戦。特に営業職のお若い世代にに見て頂きたい。男なら「信念」をまずもつ。処分受ける覚悟。ドラマに酔っているわけではありません。「リスク」を恐れて何々が生まれる????私も青島君の生き方と同じでした。上司に認めてもらうために仕事をしている人は多分見てもわからないでしょう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
それまでの刑事ドラマとは一線を画すユニークなドラマ。柔らかく、フレンドリーな雰囲気の湾岸署、お台場という場所、接待に熱を上げる署長や課長たち。主人公の青島俊作からして脱サラ(青山学院大学出身)という刑事らしからぬ設定。
しかしながら、警察の縦割り機構、官僚的な構造等、デフォルメされているが、結構辛辣に描かれている。他の刑事ドラマと違った雰囲気で作られているのは、そうした面へのアンチテーゼの意味があったのかも知れない。
ドラマとしてはリアルさを追求したものではないが、ところどころリアルな雰囲気も織り込まれていて、微妙にバランスを取っていたと思う。

このドラマの魅力は、登場人物がユニークで楽しく、コミカルさの中にシリアスさも持ち、感情移入しやすい。
主人公の青島を巡り、すみれ、室井、雪乃、和久等、様々な人物が、反発や葛藤を経ながら、次第に共感し、お互いを認め合う…この人間関係の描写が非常に濃く、時間を割いて描かれている。そこに巧みに事件が関連づけられている。このドラマの最大の魅力だと思う。
一見ユニークに見えるが、この人間描写の点では、ドラマ作りとしては王道的・古典的とも言える構造を持ち、しかも非常にしっかりしている。それ故にコミカルさやデフォルメされた描写も浮かずに魅力になるのだと思う。そしてコミカルさやデフォルメされた部
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
去年秋に再放送されていたのを見まして、こんな面白いドラマだったのか!と驚かされました。
そして大きな影響を受けました。警察という組織にとても興味を持ちましたし、毎日警察官の方々が命がけで犯罪を取り締まってくれているおかげで私たちは安全な暮らしができているんだなぁ。と犯人逮捕や治安維持は当たり前だと思っていたことをやめて、感謝の気持ちや尊敬する気持ちで見るようになりました(不祥事もあり、最近はイメージが低下していますが、そういう人たちだけを見て警察は悪と個人的に言いたくはありません。)

長くなりましたが、それだけ私にとっては衝撃的な作品でした。
今まで刑事ドラマといえば、事件が発生したら所轄の刑事さんが捜査して犯人逮捕がほとんどでした。
私もそういうもんなんだと思って見ていました。
しかし、現実は違うみたいです。恐らく1話の青島と視聴者はイメージとかけ離れた現実に全く同じ気持ちで驚いたことでしょう。その作りも素晴らしい。
例えば、殺人事件が発生したら真っ先に所轄の刑事が現場に駆けつけて現場検証するのかと思いきや、実際は所轄の刑事は遠くで見ているだけで最初の現場検証を行なうのは警視庁捜査一課の人たちであること。和久さんが「所轄の俺達は見てるだけなの。」と言って青島は驚いてましたが私も驚きましたw
あとこの
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/7/29
「解説付き再生」モードにしておくと、物語の要所要所で自動的に一時停止されて裏話がテロップされます。コレがまた「な~るほど!」や「え~、そーだったの~!?」っていう内容で、初めて観る人は勿論、何度も見ている人にも新たな発見があって、楽しさ倍増間違いなしです。15秒程で自動再生されますし、こういうのはDVDならではだと思います。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
記念すべき踊るの第1話。今は映画版第二弾まで製作されているが、面白い所と言えばスリーアミーゴスのコントや青島らと警察組織の衝突。何度観ても飽きさせない程の仕上がりになっているので永久保存版としては最適。最近の警察の信頼は失われているのは確かなのであり、それを見直すのに最も適していると思われる作品。事件が解決したら被害者の事をすぐに忘れるというのは確かに納得出来ない。警察の仕事は逮捕だけではなく、被害者の心を支えるのも警察の義務なのだ。“正義”という言葉は簡単に口にはしないが、その言葉を持ってこれからの警察組織もこの作品を見習って欲しいと思う。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。革紐 ネックレス

関連商品を探す