Facebook Twitter LINE
中古品
¥ 1
+ ¥ 255 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●amazon専用在庫●【帯付】 目立った傷み・日焼け・破損はありませんが経年劣化(若干のスレ・キズ・ヤケ)は考慮願います。ゆうメールにて発送します。※こちらの商品に関しましては土日祝日の発送が出来ない場合がございます。予めご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


踊る世界、イヴの調律―黄昏色の詠使い〈4〉 (富士見ファンタジア文庫) 文庫 – 2007/11

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
文庫
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「あなたを待っていた」クルーエルの面影を宿した緋色の少女は、寂しげな瞳でカインツに告げた。「あなたは、予定運命から外れた存在。―その始まりは、いつだったと思う?」静かに、世界は変わりつつあった。灰色名詠の真精の襲撃後、体調を崩しがちになるクルーエル。彼女のそばに、何かの気配を感じるネイト。そして、名詠式に用いるセラフェノ音語に隠された秘密に気づくミラーたち…。緋色の少女は語り続ける。「わたしは、彼女が殻から抜け出すことを望み、見守るだけ。―そう、わたしの愛しいクルーエルを」世界が変わる時、ネイトとクルーエルも“変化”を求められる―。存在の意味を問う、召喚ファンタジー第4弾。


登録情報

  • 文庫: 332ページ
  • 出版社: 富士見書房 (2007/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829119764
  • ISBN-13: 978-4829119761
  • 発売日: 2007/11
  • 梱包サイズ: 14.6 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,100,724位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

2007年11月25日
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2008年2月24日
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告