この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 324 (20%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,296
Kindle版
¥ 1,620
単行本(ソフトカバー)の価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 324 (20%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
跳べない蛙 北朝鮮「洗脳文学」の実体 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付きです。一般的な中古本として書き込みも無く良好な状態です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

跳べない蛙 北朝鮮「洗脳文学」の実体 単行本(ソフトカバー) – 2018/4/21

5つ星のうち 4.7 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 353

ブックマイレージカード
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 跳べない蛙 北朝鮮「洗脳文学」の実体
  • +
  • 告発~北朝鮮在住の作家が命がけで書いた金王朝の欺瞞と庶民の悲哀~ (かざひの文庫)
  • +
  • 越えてくる者、迎えいれる者 ー 脱北作家・韓国作家共同小説集
総額: ¥4,730
ポイントの合計: 111pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

メディア掲載レビューほか

知られざる“地上の楽園"の文壇事情

“脱北者"と呼ばれる人々の著書を読むたび、私の心には「よくぞご無事で! 」という言葉が湧き上がる。それは、ハリウッド映画などで描かれるハードボイルドな脱獄劇さえ子供騙しに思えるほど、彼等の体験が凄まじく強烈だからだ。中でも著者のように日本で生まれ育った元在日コリアンが、六〇年代にピークであった“帰国事業"で北朝鮮に移住し、数十年後に命がけで「北」を脱出する話に触れるたび、資本主義社会での生活習慣がある人間がどのように彼の国での生活に耐えたのかを想像し息が詰まる。

本書は、北朝鮮の文学界で作家として小説を書いていた著者だからこそ知り得る「矛盾だらけの社会を美しく描き群衆を教育するためのテキスト」が作られる過程が克明に記されている。指導者が偶像化・神格化されていることを漠然とだけ知っている私たちに、その洗脳の舞台裏を解剖しながら見せてくれる。

また、日本からの“帰国者"である著者の生い立ちから脱北までの波乱万丈が淡々と語られる。今は韓国と日本を行き来しながら暮らす著者だが、一度は“脱北"に失敗し中国から強制送還され、拷問を受けながら地獄のような監獄生活を送ったという。にもかかわらず、著者の言葉には“恨み節"のような響きが微塵もないことに驚く。自身のことを“今はそれなりに幸せだ"と語りながら、凄絶な過去をすべて突き放し達観する作家としての視点が随所で光を放つ。その強(したた)かな精神力に感服する。

そしてもう一つ、著者の個人史にとどまることなく、三代にわたって世襲を遂げた金王朝が七〇年代から二〇〇〇年以降までの間、どのように継承されてきたのかも生活者の視点からとてもわかりやすく語られている。特権階級から物乞いをする子どもたちに至るまでの、生活感ある描写が飽きさせない。半島の南北関係が激動する今、「北」で暮らすとはどういうことかを肌感覚で知るための教科書としても素晴らしい。

“脱北者"という言葉が定着して久しい。生きる権利を求め北朝鮮を脱出した人々の数は十万人に上る。韓国だけではなく、アジア、アメリカ、ヨーロッパと世界中で第二の人生を歩む彼らの逞しさは今後多くの物語に登場するだろう。日本にも二百人以上が暮らしている彼等をカテゴリーで束ね語るのではなく、共に社会をつくる仲間として知り合いたいと思う。

私の実兄たちも七〇年代に日本から「北」に渡った“帰国者"だ。家族訪問を繰り返すたび「北」の実情に驚き怒り涙したことを思い出している。

評者:ヤン ヨンヒ

(週刊文春 2018年06月21日号掲載)

内容紹介

金正恩総書記政権のミサイル外交で再び世界中から注視されている北朝鮮。
本書は、かの国に存在する北朝鮮人作家の知られざる実態を明らかにする。
「北朝鮮文学」は表現の自由とは対極にあり、党所属の立場で国民の思想教育、
政治宣伝の役割を果たす「文学」を発表している。
日本に生まれながら帰国事業で北に戻り、
作家として活動した著者が赤裸々に綴る北朝鮮文学の裏側とは――。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 288ページ
  • 出版社: 双葉社 (2018/4/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575313513
  • ISBN-13: 978-4575313512
  • 発売日: 2018/4/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 70,191位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


4件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.7

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

4件中1 - 4件目のレビューを表示

2018年5月5日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年4月22日
形式: 単行本(ソフトカバー)
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年4月23日
形式: 単行本(ソフトカバー)
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年4月25日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告