通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
路傍の石 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

路傍の石 (新潮文庫) 文庫 – 1980/5/27

5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 400
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,015
¥ 967 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 路傍の石 (新潮文庫)
  • +
  • 心に太陽を持て (新潮文庫)
  • +
  • 真実一路 (新潮文庫)
総額: ¥2,297
ポイントの合計: 71pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

極貧の家に生れた愛川吾一は、貧しさゆえに幼くして奉公に出される。やがて母親の死を期に、ただ一人上京した彼は、苦労の末、見習いを経て文選工となってゆく。厳しい境遇におかれながらも純真さを失わず、経済的にも精神的にも自立した人間になろうと努力する吾一少年のひたむきな姿。本書には、主人公吾一の青年期を躍動的に描いた六章を“路傍の石・付録"として併せ収める。

内容(「BOOK」データベースより)

極貧の家に生れた愛川吾一は、貧しさゆえに幼くして奉公に出される。やがて母親の死を期に、ただ一人上京した彼は、苦労の末、見習いを経て文選工となってゆく。厳しい境遇におかれながらも純真さを失わず、経済的にも精神的にも自立した人間になろうと努力する吾一少年のひたむきな姿。本書には、主人公吾一の青年期を躍動的に描いた六章を“路傍の石・付録”として併せ収める。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 601ページ
  • 出版社: 新潮社; 新版 (1980/5/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101060096
  • ISBN-13: 978-4101060095
  • 発売日: 1980/5/27
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 81,628位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
小学校を卒業後、呉服屋に奉公に出された少年が、苦節の末、ひとり立ちしていくまでを描いた物語です。つらい境遇にあっても決してめげず、どこまでも真っ直ぐに、自分らしく生きようとする少年の姿は、現代人の忘れてしまった「勤勉さ」や「正直」といった美徳を思いださせてくれます。物語の節々に先生や書生が登場し、少年の生き方に大きな影響を与えますが、こうした大人の存在も魅力的です。ストーリーは波乱に満ちており、息もつかせないものがあります。つらい場面は涙なくして読めませんでしたが、読みながら心にあたたかいものが満ちてくるのを感じました。純粋な感動を与えてくれる、ひとりの人間の成長の物語です。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tzz 投稿日 2005/4/9
形式: 文庫
私は小学校の時、初めてこの本を読みました。今、数十年ぶりに改めて読み終えました。
時代が変わっても、人間の生き方の基本姿勢は変わらないのではないでしょうか?
明治時代の日本の貧しいがひたむきな社会状況も伺えます。
小学校卒業後奉公にでた少年が、つらいことがあっても、真摯に生きて行く姿を描いています。
年代を超えて、純粋に感動出来る書物です。
1 コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
能力は有りながら家庭の貧困により、中学への進学を許されなかった伍一少年が、必死にもがき頑張り成長していく姿がとても涙ぐましい。数十年前に書かれた小説だが、伍一少年の姿は、今の時代でも感銘を与え、全く色褪せていない。読みながら一生懸命伍一少年を応援していました。

過去の戦争の時期を経て社会、政治の変動により伍一少年も多くの影響を受け、人生をまっすぐ歩けない理不尽さを与えられてしまう。作者山本有三氏も、その影響を受け何度も改稿したり筆を置かざるを得なかった事も読み取れ、当時の暗い時代背景が伺え考えされられる。

今の作家の小説も随分読むが、果たしてこれだけ年代を重ねても読み続ける事の出来る作品を書ける人はいるだろうか?伍一少年の生き様は現代社会でも通じるところが十分あります。

迷ってる方がいたら(迷う必要は無いと思う)。迷わず読んでみてはどうでしょう。不朽の名作です!すごく勇気をもらいました。自分も頑張ろう!
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
48歳の知人から「えっ、知らないの?」と驚かれ、いかにこの本が素晴らしいかを切々と説かれ、その場でポチりました。小学生の頃、課題図書で読んだそうです。
主人公である吾一が、貧しい家に生まれながらも、まっすぐに成長していくストーリー。私が屈折しているせいかと思いますが、時代背景や、勤勉や忍耐を美徳とするような内容には、正直あまり共感をもてませんでした‥。学校で推薦される理由はわかりますが。
自分の力ではどうにもできないことが溢れていた明治時代にやるせなさを感じつつ、今の時代を生きていられることに、幸せを感じます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
話としては「しろばんば」「次郎物語」と同じく一人の少年にライトを当てた小説ですが、この二作と違い、主人公吾一は時代(明治時代)をつらく生き、苦悩した少年だと思います。貧しさ故に奉公に出され、自分より下の友人に頭を下げなければならない吾一のくやしさ、苦悩が淡々と、しかし強く書かれています。成長していく中でもつらいこと、悲しいことが色々ありますが、その中で知り合う人たちとの関わり合い、くじけずに強く生きていくこの少年に、教えられることはたくさんあります。所々にその頃の時代の状況が詳しく書いてあるので、勉強になりました。年齢を問わず、是非読んで欲しい本です。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 markun 投稿日 2001/5/24
形式: 文庫
僕が小学生の時に読んで、そして幼いながら僕の生き方について大きな影響を受けた作品です。主人公 吾一と今の時代の背景はちがっても、子供の心の中はいつでも同じように純粋で、普遍的なものだと思います。 お子様にも、そして、大人の方にも、是非お勧めしたい一冊です。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 1941年に一応完結しているが未完である。山本有三54歳の作品。
 時は明治。落ちぶれ士族の一人息子・愛川吾一が主人公。小学生の吾一は負けず嫌いで勉強もできるが、家が貧乏なので中学には行けそうもない。次野先生(作家志望)はそんな吾一の境遇に同情しつつ、「吾一というのはわれはひとりなり、われはこの世にひとりしかいないという意味の大変な名前なのだ」「たった一度しかない人生をほんとうに生かさなかったら、人間、生まれてきたかいがないじゃないか」と励ます。吾一を気の毒に思った近所の安吉(慶應出のインテリじいさん)が匿名援助しようとするが、吾一の父はこれを拒否。父は、新井白石はお金持ちの河村瑞賢が婿養子にしようとしたにも関わらずこれを断って立派な学者になったと諭す。とはいうものの父はあっちこっちと訴訟ばかりで生活力はない。吾一は、同級生の秋太郎の家(商家)に丁稚奉公に出されることになる。実質は、父の借金のカタみたいなもの。
 商家では呼びにくいからということで五助という勝手な名前をつけられ、秋太郎もその妹のおきぬにもやがて見下される屈辱を味わう。おきぬはかつて吾一が勉強ができることもあって尊敬していたのだが。
 吾一には父から東京に来いという手紙が届く。優しい母も死んでしまい、吾一は東京へ飛び出す。ところが行ってみると、父はいない。印刷所の文選工見習いになり、こ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー