Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,200
ポイント : 12pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad

趣味の文具箱 Vol.40[雑誌] Kindle版

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,200
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1,295

紙の本の長さ: 152ページ 趣味の文具箱 Vol.40[雑誌]と類似の本
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

手で書くこと、書く道具としての文房具の魅力を発信する「趣味の文具箱」。
40号の特集は、毎年冬号の恒例になりました「万年筆インク」です。
大好評の巻頭綴じ込み付録は1年前の470色から539色に増え、誌面拡大!
注目度の高い「色相で見る万年筆インクの色分布」も2年ぶりに更新し、
綴じ込み付録2として一覧できます。
インクの表面張力測定や全国ショップオリジナルインクの現在など、
万年筆インクの最新動向と活用記事を満載しました。
さらに書道家・武田双雲さんのインタビュー、
デ・ラ・ルー オノトのヴィンテージ連載など企画ページも充実しています。
ぜひぜひご覧ください!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 320180 KB
  • 出版社: エイ出版社; 不定期刊誌版 (2016/12/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N2O6Z9Q
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ムック Amazonで購入
ある程度万年筆に馴染んだ人なら、インクの妙にも興味が沸くのでは
ないだろうか。本号は「ぬるぬる」「さらさら」とか「渋めのインクフロー」
などといった愛好家の言葉が、気が付くと何となく判って来たような・・・、
と思い始めた人に、是非お勧めしたい一冊。
インクについては、以前の号でも何度か特集されているが、今回はインクの
「ぬるぬる」「さらさら」といった性質を、メーカー毎に数値化して示し、
座標軸上(粘度と表面張力)の分布で比較している。また、多くの人にとって
使用頻度の高い青系インクを明度と彩度の座標軸上で分布比較してくれている
のも楽しい企画だ。
インク好きには、保存版として購入に値する一冊だと思う。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
カメラマンのすばらしさを感じます。就寝前に見ると、癒やされ、安眠できます。物欲も刺激されてしまいますが😂
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ROSE トップ500レビュアー 投稿日 2016/12/15
形式: ムック
万年筆インクの楽しい世界を今年もこの季節に企画されています。
趣味の文具箱も数えて40号、本当に編集の方たちに頭が下がります。
インクの色目の一覧表は、力作でこれを見ているだけで時間がたつのを忘れます。
万年筆は、欧米のものですが、日本人ほど精緻に作り上げている民族も無いでしょう。
この雑誌が40号も出版されていることに拍手です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
前回のインク特集が「良いな」と思ったので、今回も手に取ってみました。
万年筆は、初心者も上級者も、インクはどうでもいい、というわけにはいかないはず。
どんな色で書きたいのか、どんな色を入れたいのか、あるいはどのインクなら入れられるのか。きになります。

本号では、なんと座標軸に各種インクを分布させ、その微妙な違いを示しています。
自分が持っているインクが、これから買おうとしているものや興味あるインクと比べて、どちら寄りの色味なのかを知ることができます。
一番いいのは試し書きなんですけど、意外とできないものも多いし、地方住みだと通販に頼るしかないので、いい資料になりそうです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover

関連商品を探す