通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
趣味で物理学 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のわりに比較的使用感の少ないキレイな状態です。(あくまで中古品としてのコンディション評価であり、ほぼ新品ともコンディションは異なりますのでご注意ください。)◆注文確定後、2営業日以内にゆうメールにて発送します。地域により予定配達日を数日経過する場合がございます。170518
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

趣味で物理学 単行本 – 2007/3/28

5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 837

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 趣味で物理学
  • +
  • 趣味で相対論
  • +
  • 趣味で量子力学
総額: ¥6,264
ポイントの合計: 189pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

インターネット上で公開された「EMANの物理学」というサイトからの書籍化。高校生でも理解できる大学レベルの内容の教科書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

広江/克彦
1972年生まれ。静岡大学理学部物理学科卒。同大学院修士課程修了。現在、情報家電メーカーの開発部に勤務。趣味でウェブサイト「EMANの物理学」を運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 257ページ
  • 出版社: 理工図書 (2007/3/28)
  • ISBN-10: 4844607162
  • ISBN-13: 978-4844607168
  • 発売日: 2007/3/28
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 241,046位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
そもそも、なぜ私が広江克彦先生の「趣味で物理学」で「電磁気学」を学ぶのか? その目的は、アインシュタインの特殊相対性理論を理解するためです。

「後年、アインシュタインは特殊相対性理論の起源はマクスウェルの電磁場方程式である旨を明言している」(ウィキペディアより)

「電磁場の方程式は特殊相対論の生みの親とも言えよう」(佐藤勝彦先生の「岩波基礎物理学シリーズ 9 相対性理論」36ページより)

「アインシュタインの特殊相対性理論発見の導火線となったマクスウェルの方程式は、任意の慣性系で同じ形で表される」
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本をどう評価すべきか迷いました。普通の教科書ではなかなか読み取れない
物理の真髄を衝いた本とするべきか、それとも、著者のこだわりに力点が置かれすぎて
いると見るべきか....

結局、両方だという結論に達しました。

前半では、運動量とエネルギーの違いに力点を置き、力学の初歩を説明しています。
こちらはかなり読みやすいですが、あまりややこしい話には首を突っ込みません。
たとえば独楽の回転にちょっと首を突っ込みますが、直感的に解釈できる
範囲に終始して、首振り運動の本格的な方程式にまでには踏み込みません。

著者の示す力学の関する哲学はなかなか面白いのですが、
力学は初歩の初歩といったところで唐突に終わってしまいます。

電磁気学では、直感に訴える形で、ベクトル解析とマックスウェルの方程式を
説明してゆきますが、論理展開のスピードが速く、端折りも結構有って、
あまりわかりやすい説明とはいえません。電磁気学の後半では、電子が放射する電波や
光の計算や、電磁場が運ぶ運動量とエネルギーの話に収斂してゆきますが、多くの式が
天下りでがっかりしてしまいました。

結局著者が言いたかったのは、動
...続きを読む ›
コメント 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
webサイトの「EMANの物理学」の方が、のびのびと書かれている感じがします。書籍にするということで、ちょっと力が入ってしまったのかな、、、という感じです。私は、「EMANの物理学」のファンなので、こう思ってしまうのかもしれません。webサイトのように、読者にとってもう少しわかりやすく本質を単刀直入に解説しようとしてもらいたかったです。webサイトのほうが切れ味がするどい感じです。とはいえ、どこぞの大学の先生が書く物理の啓蒙書よりは、一般人に受けるのではないかと思います。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
世の中にはたくさんの同様の本が出ているが,

近年出版された電磁気学の読本としては抜群だと思う.

他の本では端折っている内容も掲載されており深い.

文章も読みやすい.

電磁気学を一通り勉強した後,

さらに一段上を目指すなら,ぜひ,読んでほしい本.
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私は高卒で、学生時代物理の授業はあまり得意ではありませんでしたが、
本屋さんでたまたま目につき、タイトルがとっつきやすく面白そうだったので
単なる知的好奇心から購入しました。
いざ読んでみると、もうほとんど忘れかけていた公式や定義などを、
一度高校で学習しただけの私のような素人にもわかりやすく、
それでいて自分なりの考えで深く追究されていて、
物理人でなくても(知的好奇心のある方には)楽しめる内容になっています。
物理というジャンル(?)に興味はあるけれど、学校の授業は退屈だった、
そんなあなたにオススメしたい1冊です。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー