中古品
¥ 540
中古品: 良い | 詳細
発売元 若葉堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版 カバーややスレ 本体薄ヤケ概ね良好 ◆Amazon.co.joが発送します。管理用シールは剥離しやすいタイプを使用しています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

越境者たち (下) (集英社文庫) 文庫 – 2005/3/17

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 283
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 345ページ
  • 出版社: 集英社 (2005/3/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087478009
  • ISBN-13: 978-4087478006
  • 発売日: 2005/3/17
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 441,572位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ニゴチュウ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2005/7/2
形式: 文庫 Amazonで購入
森巣博という作家の作品を、私は「書斎の競馬」という雑誌の連載モノではじめて読んだ。
そのとき、この個性的な企画性の高い雑誌にあって、なおことさら異様に輝く魅力的なその作風に翻弄され、
「これほどまでに面白い作家がいたのか!」との衝撃を受けた。
この前後2冊に文庫化された「越境者たち」はそんな森巣の世界を堪能するのにもってこいだ。
と、ここまでは「上巻」の解説にも書かせていただいた。
ここで森巣の思想についても触れておきたい。
彼の膨大な知識は、知を欲する読み手にはたまらない性質のものだ。とにかく面白い。
そして、それらのバックボーンから導かれる森巣の思想は「圧倒的に正しい」と感じる。
「圧倒的に正しい」というのは、ただ「正しい」というのとも若干違う。なにかまっすぐに見られないくらいのまぶしい正しさなのだ。
それがまっすぐに見れない自分を見つけ、しかもそれが快感なのだから仕方ない。
この小説を通して読み終えた人には、きっと新しい「考え方」を身につけるに違いない。
それは生きていく上での、極上のアイテムへ進化する可能性を秘めた「考え方」だと感じる。
こんな小説にはめったにお目にかかれるものではないだろう。感服!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
事実(ファクト)をちょうどよく織り交ぜたフィクション(ファクションと著者は呼んでいる)

で、非常にインパクトのある作品。

扱っている題材は、カシノで繰り広げられる牌九という耳慣れないゲーム。

でもそこで語られているのは、人生観、価値観、死生観など。

読み応えは十分である。

本巻では牌九の簡単なルール解説もあって、駆け引きをより楽しめる内容になっている。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
エッセイといいますか、脱線の多い語り口で最初はつかみ所がない感じだったのですが、徐々に慣れてくるうちに、とても読みやすくなりました。オーストラリアを舞台にしたカシノをめぐる男たちの冒険と、それに絡む森巣さんの思索をミックスしたエッセイ風ノンフィクション風作品です。

自らが長い賭博人生における生活の中で出会ってきた感覚、その生活の中で得られた賭博の『流れ』という存在、そして抽象的概念に対する思いの数々を、流れるような、それでいて確固たる自身の根拠を持ったうえでの語り口が妙に心地よかったです。日本にも存在するギャンブルとは違った世界を舞台にして日本をみるかのような感覚は、ある意味塩野七生さんのようでもあります、結構スタンスや主張は違いますけれど。

大きな流れとして移民マイキーの物語、それに付随するやはり移民のウルフの話し、それに絡めたとても大きく抽象的な国家権力の内部、あるいは「民族」というものに対する森巣さんの強く、そして激しい思いを綴った話しです。カシノという非日常には強い興味は無いものの、そこである意味クリアにされる「人」というものの存在についてはなかなか興味深かったですし、アウトローという立場の方が考える概念の話しという意味においては(おそらくグローバリズムという流れを認めつつ、「個」に根ざす感覚)「民族」の話しも説得力があると、私は
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック