¥4,115
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
超高齢社会サバイバルマニュアル(カラー版) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

超高齢社会サバイバルマニュアル(カラー版) オンデマンド (ペーパーバック) – 2016/8/31


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
オンデマンド (ペーパーバック), 2016/8/31
¥ 4,115
¥ 4,115

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

老後不安がますます広がっている。団塊の世代800万人が後期高齢者となる2025年問題。忘れてならないのは、その25年後の2050年には団塊ジュニア600万人がその仲間入りをするということ。一方では人口減少により日本の人口は9000万人程度に減少。現役世代一人でひとりの後期高齢者を支えていかなければならな状況がすぐそこに迫っている。2015年の今年に40代の世代は、親の介護で疲弊しつつ、自分たちの老後はままならないといった悪夢をみるのだろうか?現在すでに【下流老人】【老後破産】なる言葉が飛び交っているが、もうひとつ【捨て老人】という現象がすでに始まっている。介護業界の新聞によれば、介護施設から弁護士事務所に寄せられる施設費未払いの相談が着実に増えているという。親の年金をあてにして施設に入れたものの、失業などで子世代の収入が細り、それを生活費に回す必要から施設費の支払いを滞納するという悪循環。施設側とすれば、いったん受け入れた老人を、いくら施設費未納だからといって追い出すわけにもいかず、ただでさえギリギリで運営している中で、まさに致命的な状況といえよう。これではいくら安倍首相が介護離職をなくすと叫んで施設を増設しても、その受け皿である施設が破綻してしまってはもともこもない話。利用者からすれば、特養なのに月20万以上かかるようなら入れない。入れないなら無いのも同じ。さあ、そんな状況のなか、あなたはどうこの超高齢社会を生き抜いたらよいのだろうか?その答えをこの1冊に詰め込みました。★★★目次★★★【第1章】介護地獄というXデーは、誰にも必ずやってくる!【第2章】在宅介護でいくか?それとも施設に入所するか?【第3章】失敗しないための『在宅介護実践マニュアル』【第4章】失敗しないための『施設入所実践マニュアル』【第5章】知らないと損する各種制度。手続きは、これだ!【第6章】みんなの知りたい答えがここに!質問&回答集【特典1】ケアマネ&業者・施設選びで失敗しないための『三上式オリジナルチェックリスト』【特典2】特別養護老人ホーム早期入所を勝ち取るための『テクニック&お手紙文例』【特典3】不可解な言動への疑問がスッキリ解消!『認知症高齢者楽々対応マニュアル』


登録情報

  • オンデマンド (ペーパーバック): 302ページ
  • 出版社: カクワークス社 (2016/8/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4907319835
  • ISBN-13: 978-4907319830
  • 発売日: 2016/8/31
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 1.8 x 25.5 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,441,893位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう