通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
超高齢社会の基礎知識 (講談社現代新書) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

超高齢社会の基礎知識 (講談社現代新書) 新書 – 2012/1/18

5つ星のうち 4.2 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 168

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 超高齢社会の基礎知識 (講談社現代新書)
  • +
  • 2030年超高齢未来破綻を防ぐ10のプラン―ジェロントロジーが描く理想の長寿社会
総額: ¥2,419
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

世界に冠たる長寿大国ニッポン。少子高齢化が叫ばれて久しいが、その傾向には拍車がかかる一方で、2030年には4人に1人が65歳以上の高齢者という社会になると予測され、医療・福祉関係者のみならず、高齢者にかかわる諸問題は社会にとって喫緊の問題となっている。
しかしながら、われわれ社会は、その高齢者の身体的特徴や健康度をどれだけ把握しているといえるだろうか。
著者は、日本における長寿研究の代表的機関に長らく勤務し、世界的調査研究にも従事してきた経験から、近未来における高齢者という集団の特徴を科学的に明らかにしていく。科学的な裏づけがなければ、ときの政権によってコロコロ変わる医療・福祉制度にも、適切な批判などできないからだ。
いくら医療技術が進歩しても、ヒトという生物種としての限界寿命は必ず存在する。当たり前だが、ヒトは必ず死ぬのである。死を前提にしたうえで、著者は、これまでの病気を完全に治癒する医療のありかたから、地域社会で支え癒す福祉への転換を促す提言をおこなう。

内容(「BOOK」データベースより)

長寿社会のゆくえを科学する。老化予防から福祉・介護制度、医療体制まで、この1冊でわかる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062881381
  • ISBN-13: 978-4062881388
  • 発売日: 2012/1/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 10.9 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 43,225位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
超高齢社会の問題を論じた本は数多くあるが、客観的分析と政策論がうまく結びついた著作は極めて稀である。しかしこの本は、著者の長年の老年学研究に基づく知見が科学的データとともに示されており説得力がある。また、医療・介護・保健政策の評価や今後のあり方に関する提言が数多く盛り込まれている。文章は良く練られているうえ、図表が要領よく挿入されているので、大変読みやすい。超高齢社会のインパクトは甚大であるが、そのリスクの瀬踏みは十分できていない。本書は未曾有の超高齢社会において生起する問題を的確に指摘しており、研究者・政策担当者・医療関係者だけでなく一般読者にとっても大変有意義な著作に仕上がっている。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
もう「高齢社会の問題」という話には耳にタコができた。データをもとに「これでもか」とお先真っ暗な話を聞かされるのはたまらない。だったらどうしたらいいって言うんだ?役に立たなくなったら死ねってか?!_と、拒絶反応を示す向きも多いかもしれません。
ですが、本書は、受益と負担といった観点からではなく、「老い」というものの医学的特性から、本人の生きがいという視点からも、長寿社会を不幸なものにしないためには、どういう社会にしていかなければいけないかを論じた本です。もうデータはいいから、どうしていくべきかという所だけ読みたいという方は、p.140「ピンピンコロリの幻想」から後ろだけお読みください。

>もっとも重要な問題は、宝クジに当たるようなPPKを望むのではなく、人生の晩年において、自立した生活に向けて努力し、自分が納得した介護を受け容れ、障害をもったとしてもいかに幸福な人生と感じ、満足して死ぬことができるかということである。
                     (p.143より)
そして、<地域包括ケアシステム>の理念について述べられています。

今まで「福祉」というと、余裕のある人が可哀そうな人を助ける慈善活動というイメージで、受益者は社会のフリーライダーとみなされがちでした。けれど、これからの超高齢社会において
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
自分の目で一度高齢化問題の事実を調べてみようと思い本書を参考にしました。非常に学びになりました。

本書は、事実(データ)ベースで書かれているのでほぼ誰も反論できない内容だと思います。
75歳以上(後期高齢者)になると死亡リスクが跳ね上がると同時に要介護比率も上昇する(1:6)。
そして約9割の人が病院を最期の場所とする。人は当然死を迎える。
高齢者が増えること自体が問題ではなく、その割合が急激に増えることにより国の保障や法、死の倫理が追い付かないのが
本当の問題であると考えさせられます。

病気の予防と介護予防は違う。病院関係者と一般人の寿命の考えが違う。
60歳以上の人も比較的健康で就業意欲が高い、というのも興味深かったです。

どんな人も将来予想するのは難しいですが、ここまで蓄えられたデータをもとに人口の変化と人の終焉から
何が起こりえるのか想像するのは比較的容易かもしれません。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
学習のために教科書として何度も読み返す価値ある一冊。研究結果の充実した書籍。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 「男性は脳卒中等で要介護になるため比較的早く死ぬのに対し、女性は筋力減退等で要介護になるため不健康期間が長い」という点は存じませんでした。

 歩く速さや運動、そして栄養が、認知症含め、衰退防止に効果がある等の実験は価値がある内容だったかと思います。

 疾病予防と介護予防についての著者の一家言は、裏付けや論理の流れがわかりにくく、説得力不足を感じました。最後の方の主張も、紙数が足りなかったのか、同様です。

 心身共に衰退していく中で、高齢の時間をどう生きていくか? 結局、人生とは何なのか?といった本質的な問いと向き合っていくことが大事なのでしょう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
筆者の経歴から予想されたことだが、私には一種のポジショントーク、または厚生労働省の広報にしか読めない。
最終的な結論は、足を鍛えておけ、だと。
もう、ご指摘にうれしくって涙が出てくる。
自助努力、自己責任論はまさに権力の代弁を思わせる。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー