通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
超訳君主論―マキャベリに学ぶ帝王学 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品になりますので、多少の使用感、経年による傷み(ヤケや折れ等)がございますが、 本文に書き込みや重度の傷みはございません。アルコールクリーニング済み。週3~4回、日本郵政のゆうメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

超訳君主論―マキャベリに学ぶ帝王学 単行本 – 2011/9/21

5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 102

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 超訳君主論―マキャベリに学ぶ帝王学
  • +
  • 超訳孫子の兵法
  • +
  • 超訳 論語
総額: ¥3,996
ポイントの合計: 118pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『会社四季報 2017年 2集春号』特集
業界担当記者が独自取材・独自分析で上場企業の業績を先読み。「会社四季報」で、好調会社や有望銘柄を探す。 『会社四季報 2017年 2集春号』特集はこちら。

商品の説明

内容紹介

『君主論』―それは〝西洋の『孫子の兵法』〟とも呼ばれる、リーダーのための教科書だ。中世イタリアの官僚ニッコロ・マキャベリが、自らの経験を基に「成功する組織の作り方」「統治の技術」「人間の本質」などについて著した。本書はその『君主論』を現代のビジネスマンが読んでも分り易いように〝超訳〟し再構成、理解の助けとなる事例を加えた。リーダーシップは先天的な素質ではなく、訓練して身に付けるもの。ぜひ本書を読んで「人を思いのままに動かす方法」を会得して欲しい。

著者について

2000 年KAIST(国立韓国科学技術院)大学院卒(工学修士)。 ゲーム製作、VRシステム製作、インスタレーションアートなど、 様々なプロジェクトの経験から、組織作り・リーダーシップを 研究するようになり、ビジネス・リーダーシップ関連の著作を多数執筆。 主な著書に『超訳 孫子の兵法』『ヒトラーの大衆扇動術』(共に小社刊) 『一時間で読めるマキャベリの君主論』などがある。


登録情報

  • 単行本: 207ページ
  • 出版社: 彩図社 (2011/9/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883928187
  • ISBN-13: 978-4883928187
  • 発売日: 2011/9/21
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 1.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 185,801位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
噂の「超訳シリーズ」が西洋の孫子とも呼ばれるマキャベリの「君主論」に登場。

リーダーたる心得が中心となる。
リーダーは組織のために時には非情な決断に迫られるときもあるだろう。
善良であることは美徳かもしれないが、それでは厳しい競争社会を勝ち抜いてはいけない。
ましてや、この世は「良かれと思ってやったことが悪い結果を生む」こともあり、
はたまたその真逆も有り得る。

他社の援助によって得た成功は非常に不安定であり、常に転落の危険に晒される。
自らの実力を常に磨いておかねばならないのだ。

けれど実力はあっても幸運に恵まれず、不遇のままに生涯を終えた人物も史上少なくはない。
この世は実力だけでも成功出来ず、幸運だけでもまた成功はおぼつかない。

では結局のところ成功するためにはどうすればいいのか?
サイコロで狙った目を出すには、サイコロを振る回数を増やすことが一番の近道だろう。
不確実性は確かに存在していることを認め、その上で少しでも確率を上げるべく挑戦する回数を増やす。
多くの人間は失敗の過程で嫌気が差して、中途で物事を諦めてしまう。
失敗などいくらでもあるのだという割り切りが必要である。
ひと
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヒュー VINE メンバー 投稿日 2012/2/14
形式: 単行本
 著者は韓国の方です。しかし、日本で仕事されている方なのでしょうか?非常にわかりやすく説明してくれています。

 とっつきづらいマキャベリの「君主論」をこんなにわかりやすく、しかもいろいろな例えとして、ビジネスシーンを引っ張り出してくるあたりはすごいです。

 そういえば、上司でこれを地(じ?)でやっている方がいました。本当にそっくりです。昔からそうなので、やはり一種の帝王学なのでしょうか?

 「孫子の兵法」やヒトラーについても著作があるようなので、これから読んでみます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
マキャベリがとなえる「成功する組織の作り方」「統治の技術」「人間の本質」
の基本や重要ポイント、基本思想のいいとこどりが出来る1冊。

マキャベリと聞いて、ピンとくる人もいれば、そうでない人もいると
思いますが、同書では、入門という位置付けで、沢山紹介されていますが、
かなり、大事なポイントが多く書かれています。

例えば、
「君主は理想だけを追い求めるな」

「独自の力を研かなければならない」

例えばこのような考え方はまさにマキャベリズムですが、

「見た目はよい人でなければいけない。だが実際に良い人である必要はない」

「リーダーに必要なのは知能より判断力」

このようなものまで紹介されており大変参考に出来る本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
読みやすい。ズバリ中高生向けの内容だと感じた。
わかりやすく噛み下した解説で、すぐ読み終わる。ただ、読みやすいから内容が薄く感じた。
若干、著者の偏見思考が入っており気分を害する部分もあった。
君主論を表面だけさらっと知りたい方にはおすすめだと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
偽善とは何なのか?
こんな難題を、まさかコンビニで買える本で勉強されられるとは思わなかった。
コンビニエンスという言葉の解釈はここまで広かったのか(オオゲサ)

難しい話だから手軽に解釈できるのは間違いなのか。
確かに難しい話を解釈するには時間がかかって当たり前のように思う。
しかしもう何年も昔の本なのだから、いまだに「カンタンに説明することが出来ない」というのはおかしいのではないか?

問いの答えはこの中に「カンタンに」書かれている。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す