通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
超訳・速習・図解 企業参謀ノート[入門編] がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【発行】:2012年 【帯】:付 【カバー】:良 【小口】:良 【他印】:なし 【破れ】:なし 【書き込み】:なし 【焼け,シミ】:経年により少々あります。 【備考】: ●丁寧に梱包して発送いたします。● ●当店では、迅速発送(平日24時間以内)を心掛けています● ●禁煙場所保管● a-19
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

超訳・速習・図解 企業参謀ノート[入門編] 単行本 – 2012/7/28

5つ星のうち 3.7 36件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 8

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 超訳・速習・図解 企業参謀ノート[入門編]
  • +
  • 企業参謀 (講談社文庫)
  • +
  • 考える技術 (講談社文庫)
総額: ¥2,657
ポイントの合計: 64pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

著者について

■監修者紹介■
大前研一
1943年福岡県生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、
マサチューセッツ工科大学(MIT)大学院原子力工学科で博士号を取得。
日立製作所原子力開発部技師を経て、72年マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社。
日本支社長、本社ディレクター、アジア太平洋地区会長などを歴任。
94年マッキンゼーを退職。
96年起業家養成学校「アタッカーズ・ビジネス・スクール」を開設。塾長に就任。
96〜97年スタンフォード大学客員教授、97年カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院公共政策学部教授。
2001年より豪ポンド大学教授。
05年に日本初の遠隔教育法による経営大学院「ビジネス・ブレークスルー(BBT)大学院大学」設立、学長に就任。
10年グローバル経営学科などを加えてBBT大学に改組。
本書の原典にあたる『企業参謀』は大前理論の入門書としていまも読まれ続けていて、
累計50万部を超える発行部数となっている。


登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: プレジデント社 (2012/7/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 483342018X
  • ISBN-13: 978-4833420181
  • 発売日: 2012/7/28
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,594位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
『企業参謀』はだいぶ昔にチャレンジして、
どんな本だっけなぁ…とうろ覚えなところがあるので、読んでみました。

非常によくまとまっていて、
これはこれでありが気がします。

ただ、こういう本は、苦労して読むから頭に残るという部分もあると思うので、
『プロフェッショナルマネジャーノート』と同じで、
このあとに原著をもう1回読んでみるのがいいのかもしれません。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
非常にわかりやすく明快な本です。
経営参謀として、経営者としても
読める1冊。
主に考え方が書かれているのですが、
色褪せる事なく経営の要諦が詰まっている。
今こそ原点に立ち返るべきということなのかと
思ってしまうくらい完成度が高い。
すぐ読めるのもメリットの1つだと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
大前氏の書籍を初めて読むにあたり、週刊ベストセラーに並んでいたので手に取り読みました。
大前氏がコンサルタントとして活躍してきた経験から、どのような哲学を持って、どのようなツールを用いて問題の解決に当たるかがまとめられています。
書籍自体の厚さもそれほどでもなく、字も大きいのですがその内容のためか、読破したころには達成感を感じるほど時間がかかりました(同じ程度の厚さの一般的な本に比べると2倍ほどの時間です)。
内容としては、著者のMITで教授に叱られたというシーンは、印象に残りやすく何度も強調するに値することばだと思いました。ほかにも、物事を分析した結果、どうすべきか具体策を出すまでが参謀の仕事であるという点には、目をさまされるような思いを受けるほどでした。

特別に前提知識なども必要なく読めたので、入門書として読むのには良いです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
文量は短いながら、ビジネスマンに必要な要素がコンパクトに纏められている。

例えばwhat if思考を持つ事の必要性を説いたり、
KFSを捉えて行動する事などが挙げられる。

何れもビジネススクールで習う要素であるが、
筆者からのメッセージにより今一度目を見開くきっかけとなる。
初めてそのような思考法に触れる人にとっても、
知見を広げる点で有益と考える。

学習した内容は忘れてしまうもので、振り返り見直す意味でも
手元に置いておきたい一冊。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
難解な原著を一般読者に読みやすく編集し直す視点はgoodですね!
危機や障害の突破口を見いだすエッセンスが詰まった現代ビジネスに必要な良書ではないだろうかと思います。
原著はある程度の読解力がないと読み通すのが難しいし、私も5〜6時間かけて赤線を引きながら読んだ過去がありますから、復習し直す意味で購入しました。
まだ原著を読んだことがない方は、入門編を読んでから手をつけるのがオススメ。
本気で勝ちにいきたいビジネスマンは読むべきでしょう。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
多数のビジネス本を執筆されている
大前 研一さんの著書の中でも
ひと際注目されている「企業参謀」の入門編にあたるものです。

内容はとても読みやすいです。
本編を丁寧に解説してあるので、複雑な用語の羅列を見て分かった気になるより、素直にコチラを熟読した後に
「企業参謀」にトライしていくのもいいかも知れません。

社会で戦っている方にオススメです!!
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
大前氏の本はどれも難解で読みみくい。
(氏はネットなどに原稿を寄せる際にはそれなりに平易な文を用いるが、
書籍にまとめると大概とても難解になる)

その氏の著作がこれだけ分かりやすく読めるというだけで非常に意味がある。
そしてその論旨が「勝ちぬくために自分で考え抜かなければならない」というもの。
ありきたりな主張ではありますが、この内容を30年前から訴え続けているということが素直にすごい。
実践編も楽しみです。

ただ、ちょっとはしょりすぎかな。
この文字数でこの値段は厳しい。

ということで☆4つ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック