¥1,210
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
超芸術トマソン (ちくま文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


超芸術トマソン (ちくま文庫) (日本語) 文庫 – 1987/12/1

5つ星のうち4.4 41個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本 ¥28,179
文庫
¥1,210
¥1,195 ¥500
この商品の特別キャンペーン 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。 1 件
  • 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

購入を強化する

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 超芸術トマソン (ちくま文庫)
  • +
  • 路上観察学入門 (ちくま文庫)
  • +
  • 考現学入門 (ちくま文庫)
総額: ¥3,168
ポイントの合計: 32pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

都市に“トマソン”という幽霊が出る!?街歩きに新しい楽しみを、表現の世界に新しい衝撃を与えた“超芸術トマソン”の全貌が、いまここに明らかにされる。多くの反響を呼んだ話題の本に、その後の「路上観察学」への発展のプロセスと、新発見の珍物件を大幅に増補した決定版。

登録情報

  • 出版社 : 筑摩書房 (1987/12/1)
  • 発売日 : 1987/12/1
  • 言語 : 日本語
  • 文庫 : 495ページ
  • ISBN-10 : 4480021892
  • ISBN-13 : 978-4480021892
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 41個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
41 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年1月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年5月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年6月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2015年2月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年1月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年9月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年7月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2008年5月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 無用の長物?
ユーザー名: senninyou、日付: 2008年5月28日
 芸術家・作家・画家など多彩な肩書を持つ著者による、街にあふれる芸術を超えた「超芸術」を楽しく紹介する内容。とはいうものの、ものは言いようで、見方を変えれば単なる「無用の長物」紹介。ただ、その「無用さ」がなかなか見事で、赤瀬川氏率いる「超芸術トマソン観測センター」の面々に見出されると、たちまち「超芸術」と化してしまう。

 つまり、ここでいう超芸術とは実体として存在するのではなく、見る人に発見されることによって生じるという、縁起的なもの。そのような「超芸術」たちが、かなり興奮気味に紹介されているため、読む側もある程度テンションを上げておかないと、白けてしまうので要注意!!個人的には、こういう発想は好きなのだが・・・

 さて、ここで「超芸術」に関する著者の言葉を引用。

 芸術とは芸術家が芸術だと思って作るものですが、この超芸術というものは、超芸術家が超芸術だとも何とも知らずに無意識に作るものであります。だから超芸術にはアシスタントはいても作者はいない。ただそこに超芸術を発見する者だけがいるのです。(抜粋)

 この言葉に「超芸術」の本質が隠されているように思う。さらに、冷静に以下の言葉で定義する。

 超芸術=不動産に付着していて美しく保存されている無用の長物(抜粋)

 ポイントは、単なる無用の長物ではなく、無用でありながらしっかりと管理されているように見えること。用がないはずなのに、なぜそんなにきっちりと?というギャップが良いのだろう。

 ところで、なぜ「トマソン」なのか?実はこれ、1982年にジャイアンツの四番バッターの座にいたトマソン選手が由来とのこと。何とも不名誉なことだが、最後にその由来を引用する。

 扇風機というような失礼なアダ名を付けられながら、しかしよく考えたらその通りです。打席に立ってビュンビュンと空振りをつづけながら、いつまでもいつまでも三振を積み重ねている。そこにはちゃんとしたボディがありながら、世の中の役に立つ機能というものがない。それをジャイアンツではちゃんと金をかけてテイネイに保存している。素晴らしいことです。いや皮肉ではない。真面目な話、これはもう生きた超芸術というほかに解釈のしようがないではありませんか。(抜粋)

 誠に失礼ながら、この名前の由来を読んで、「超芸術」の本質が直観できてしまった・・・
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告